ガンダムと言えば、ロボットアニメの金字塔。

ストーリーは大河ドラマ的にひと続きになっているものも多く、ファンになったら長い間楽しめるコンテンツです。

どの作品も、前作を知らなくても楽しめるものばかりですが、できればその世界観の最初の物語から見たいもの。

しかし作品数が多すぎるため、どれから見ればいいのかさっぱりわかりません。

そこで今回は、私が初心者にオススメするガンダム作品を10個まとめてきました!

 

 
スポンサーリンク
 

 

初心者にオススメするガンダム作品10選

機動戦士ガンダム


矢立肇・富野喜幸/日本サンライズ
アニメ「機動戦士ガンダム」より引用

 

記念すべき最初の作品です。

主人公アムロ=レイがジオン公国の独立戦争に巻き込まれていく話。

赤い彗星シャア=アズナブルなどの人気キャラクターも登場します!

古い作品ですが、「親父にもぶたれたことないのに!」「通常の3倍のスピード」など、どこかで聞いたことがあるフレーズもオンパレードなので、夢中で視聴できますよ!

 

 

機動戦士ガンダムSEED


矢立肇、富野由悠季/毎日放送、サンライズ
アニメ「ガンダムSEED」より引用

 

21世紀のファーストガンダムと称される作品。

ナチュラルとコーディネーターとの人種差別問題など、今までに無いテーマも取り扱った社会的作品でもあります。

イケメンキャラクターや、かっこよすぎるモビルスーツデザインも人気の秘密です!

続編のディスティニーは賛否両論ですが……(汗)

 

 

機動武闘伝Gガンダム

ガンダム×格闘技の異色作。

賛否両論ありますが、一番燃えるガンダム作品でもあります。

 

モビルスーツを素手で破壊するおっさん。

赤黒黄色の全身タイツといいう忍ぶ気がさらさらないゲルマン忍者。

ガンダムに乗る度に、全身タイツで悶える女子。

 

など、およそガンダム作品らしからぬ描写が爆笑を誘います。

しかし、最終回に近づくにつれ、いつしかあなたの拳は強く握られ、瞳には熱い涙があふれているはず!

爆笑と号泣の両方が楽しみたいのなら是非!

 

 

新機動戦記ガンダムW

5人のイケメンテロリストがガンダムで世界を変えていく物語です。

個性豊かなガンダムパイロットと、その個性すら凌駕するエレガントな敵のボス。

 

最終回を迎える頃には、その魅力の虜になってしまうことでしょう!

また、モビルスーツのかっこよさもガンダムWの魅力の一つ。

続編である、EndlessWalzは、さらにデザイン重視になったガンダムの戦いが楽しめますよ!

 

 

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)


© 創通・サンライズ
アニメ「機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)」より引用

戦争根絶を目論む秘密結社ソレスタルビーイングが、世界3大国家に対し武力行使を行うという物語。

武力による戦争の根絶という矛盾した目的や、圧倒的科学力VS圧倒的数量を描いたバトル、心を失った少年の成長など、見所は多数!

また、過去のガンダム作品とは比べ物にならないレベルのハイクオリティな作画にも注目してください!

 

 

スポンサーリンク



 

 

ガンダムビルドファイターズ

ガンダムのプラモデル、略してガンプラ。

この作品は、ガンダム本編とは関係なく、そのプラモデルで戦う少年たちの物語。

ガンプラ同士を戦わせるガンプラバトル。

プラモ制作の天才だけどバトルが苦手な主人公イオリ・セイが、謎の少年レイジと出会い、世界大会を目指して戦うという青春ストーリーです。

大人になるにつれて失ってしまった情熱を呼び起こすような熱い作品です!

 

 

機動戦士ガンダム~鉄血のオルフェンズ~


©創通・サンライズ・MBS
アニメ「鉄血のオルフェンズ」より引用

 

主人公、三日月・オーガスと鉄華団が、ガンダム・バルバトスを駆りクーデターを行っていくというストーリー。

鉄華団が泥臭く勝っていく様を描く1期に対し、2期では没落していく様を描き賛否を呼びました。

「止まるんじゃねぇぞ」というセリフがネット上で流行したことでも有名ですね。

 

 

∀ガンダム

∀は、ターンエーと読みます。

ガンダムは未来の物語なので、基本的には未来チックに描かれる作品が多い一方、この∀ガンダムは非常に中世的な作品になっています。

その特殊なデザインや世界観は、ガンダムファンからは賛否両論ですが、世界名作劇場のようなノリで展開される物語は、ある意味ガンダム初心者にこそ見て欲しい作品でもあります。

物語終盤、激しいバトル中に繰り広げられる会話のドッジボールは、言葉の意味はわからないですが、とにかく凄い迫力なので注目!

 

 

機動戦士ガンダム0080~ポケットの中の戦争~

ガンダムパイロットが主人公ではなく、コロニーの少年が主人公のこの作品。

ガンダムといえば巨大ロボット同士が戦うエンタテイメント作品ですが、ポケットの中の戦争はバトルがメインではありません。

少年の視点から見る戦争の悲惨さを描いた反戦作品です。

鑑賞するのならクリスマスの季節にオススメします。

 

 

SDガンダムフォース


© 創通・サンライズ
アニメ「SDガンダムフォース」より引用

 

デフォルメされたガンダムであるSDガンダムの物語です。

人とロボットが共存する未来都市ネオトピアを舞台にシュウト少年とガンダムたちとの交流を描く異色作。

姿かたちが可愛いSDガンダムが主人公なので、小さいお子さんでも楽しく視聴できます!

主題歌である「ココロオドル」はガンダムを知らない人にも有名ですよね!

 

 

まとめ

以上が、ガンダム初心者にオススメな作品です。

異色作も多いので、作風が合わないなと思ったら別の作品に切り替えていくのもいいでしょう。

とはいえ、個人的には最初の機動戦士ガンダムから見るのがガンダムを一番楽しめると思います。

できることなら最初から見てみてください!

 
スポンサーリンク