2018年12月に完全新作劇場版『ドラゴンボール超』が公開ですが、『ドラゴンボール』シリーズとしては、既に19作が放映されていますが、『ドラゴンボール』シリーズの映画はどれも面白いモノばかりです。

19作の中からこれは筆者的に外せない!と言うものを5つピックアップしてご紹介させて頂きますので、是非チェックしてみて下さいね!!

 

 
スポンサーリンク
 

 

ドラゴンボール映画おすすめ5選

『ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強』


鳥山明/集英社・東映アニメーション
劇場アニメ「ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強」より引用

 

「フリーザ」の兄である「クウラ」が登場する回で、劇場版では、「悟空」が初めてスーパーサイヤ人になるのが、この作品です。

「クウラ」の強さは、界王拳を使用した「悟空」では全く歯が立たず、苦戦する様子が描かれています。

 

「悟空」の界王拳のスピードを遥かに上回る「クウラ」のシーンが個人的に印象的でした!「悟空」に敵わないのであれば、地球ごと吹き飛ばせば・・・という考えは弟の「フリーザ」譲りでしたが、スーパーサイヤ人化した悟空には敵わず、倒されていきました。

 

 

『ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』


鳥山明/集英社・東映アニメーション
劇場アニメ「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」より引用

 

『ドラゴンボール』映画を語る上で、絶対に外すことの出来ない名作と言えばこの作品と言っても過言ではないでしょう。

みんな大好き、ブロリーの初登場映画です。

 

伝説のスーパーサイヤ人化したブロリーの前では、Z戦士がどれほど束になってかかっても赤子のように扱われ、全く歯が立たない状況に戦慄が走った方も多いのではないでしょうか。

「ブロリー」の圧倒的強さが際立った回で、やはり『ドラゴンボール』シリーズは敵が強大な強さを持っていれば持っているほど、面白くなる作品だな、と再認識させられました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』


鳥山明/集英社・東映アニメーション
劇場アニメ「ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴」より引用

 

スーパーサイヤ人2化した「悟飯」が初めて劇場で披露される映画で、「悟空」は「セル」の戦いで死んでいる状態・・・つまり時系列的には、セルゲームの後、ということになる作品です。

「ボージャック」を始めとする強敵達にZ戦士は苦戦していくのですが、死んでいる「悟空」の助けもあり、「悟飯」はスーパーサイヤ人2に覚醒。

そこからの敵を圧倒する姿はめちゃくちゃかっこいいの一言に尽きます。

 

スーパーサイヤ人2化した「悟飯」は、セルゲームの際もそうでしたが、デザイン的にも非常にかっこよく、甘さが消えた姿が本当に良いんですよね。

普段温厚な「悟飯」が敵を躊躇いなく倒していく姿は、普段とのギャップも合間って、本当にカッコイイです。

 

また、悟空が死んで、戦う気を失ってしまった「ベジータ」が、トランクスを初めとするZ戦士達の危機に、再び立ち上がる姿もかっこいいです(すぐにやられますが・・・)。

「悟飯」の活躍が見たいという方には、一番オススメの作品です。また、青年トランクスが登場する最後の映画でもあります。

 

 

『ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』


鳥山明/集英社・東映アニメーション
劇場アニメ「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」より引用

 

スーパーサイヤ人3化した「悟空」が初めて劇場版で登場する作品です。

もちろん悟空のスーパーサイヤ人3も見どころの一つなのですが、強敵ジャネンバに対して、「悟空」が「ベジータ」に対してフュージョンを持ちかけ、超戦士ゴジータが誕生する最高の作品なのです。

ポタラでの「ベジット」は、Zの魔人ブウ編と超の未来トランクス編で登場しますが、「ゴジータ」が登場する作品は、現状これのみなので、「ゴジータ」の活躍が見たいという方には、何度見返しても良いくらいの作品だと思います。

 

 

『ドラゴンボールZ 神と神』


鳥山明/集英社・東映アニメーション
劇場アニメ「ドラゴンボールZ 神と神」より引用

 

この作品より前に遡ると、17年ぶりの新作となる『ドラゴンボール』映画で、作画のクオリティが大幅に進化し、3DCGなどを駆使した戦闘シーンを楽しむことが出来る作品です。

時系列的には、魔人ブウ編後のストーリーで、スーパーサイヤ人3を上回る、スーパーサイヤ人ゴッドが登場するなど、さらに戦闘力もパワーアップしています。

 

「破壊神ビルス」や天使の「ウィス」はこの作品からの登場です。

『ドラゴンボール超』でもこのストーリーは放送されていますが、作画のクオリティ的には、「神と神」には遠く及ばないため、戦闘をより楽しみたいという方は、こちらを視聴することをオススメします。

 


 

以上、既存の『ドラゴンボール』劇場版の名作5選!をご紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

『ドラゴンボール』シリーズの映画は少し前に見て、時間が経って忘れた頃にもう一度観ると再びハマってしまうという中毒性を秘めた作品ばかりです。

 

今回紹介した作品以外にも、魅力的な作品が多数ありますので、12月の新作公開前までに、『ドラゴンボール』シリーズの劇場版作品を全てチェックし直すのも、非常に良いと思います。

映画自体もそれほど時間が長いものではないため、仕事終わりなんかに、家で夕食を食べながら視聴するというのも、楽しみの一つかもしれませんね。

 
スポンサーリンク