アニメを見ていると色々な旦那さんのキャラクターを目にすることができます。

現実には存在しそうにもないパーフェクトなお父さんから、ちょっと頼りないダメ親父まで様々ですが、実際の主婦目線から見ると彼らはどう評価されているのでしょうか?

今回は1人の主婦としての私の意見を織り交ぜつつ、インターネット上で人気の旦那さんキャラクターを系統別にまとめていきます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメの出来すぎイクメンパパキャラクター

草壁タツオ(となりのトトロ)


スタジオジブリ・徳間書店
劇場アニメ「となりのトトロ」より引用

サツキとメイのお父さん。

大学の非常勤講師をしながら、翻訳の仕事をしており、入院中の妻を気遣うやさしい旦那さんです。

アニメに登場する良いパパ、イクメンと言えばすぐに名前があがる、ほとんど完璧と言って良いほどのできすぎキャラです。

 

木之本藤隆(カードキャプターさくら)


© CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP
アニメ「カードキャプターさくら」

桜と桃矢のお父さん。

大学の講師をしながら、若くして亡くなった妻のことを愛し続け、子どもたちを男手ひとつで育てています。

子どもたちにも常にさん付けの敬称、敬語を使っており、穏やかなインテリ感が人気のキャラ。

 

彼らのイクメンぶりは本当に素晴らしいと思います。

子どもの話をきちんと聞いてあげる。

それだけでも、なかなかできることではないですよね。

 

結婚したいキャラとしても人気ですが、似たもの夫婦というように、やはり夫婦はできる旦那にはそれ相応の妻がいるものです。

年収が高い男性を狙い続ける女子たちも多いですが、美しさや経済力などそれ相応の妻であり続ける努力も必要なんですよね。

その点でいくと、ごく普通の主婦の私としては彼らは完璧すぎて恐れ多い感じが否めません。

 

 

アニメの昭和の親父キャラクター

磯野波平(サザエさん)、さくらひろし(ちびまるこちゃん)


長谷川町子/朝日新聞社・TCJ動画センター→エイケン
アニメ「サザエさん」より引用

もうこの2人は説明する必要もない有名人ですね。

どちらも今の時代には珍しくなった昭和の香りのするお父さんたちです。

人間くさいダメなところもあるけど、いざと言うときは頼りになる昭和の親父たちも意外と人気があります。

 

実際のところは私の主婦仲間を見ている限りは難しそうです。

おフネさんのようなお母さんにはなかなかなれませんよね。

「良妻賢母で愛嬌が良くて、家計の切り盛りが上手で料理が上手で、こんないいお母さんを男にしたらもったいないよ」と本人も言っています。

 

夫婦共働きで家事の分担は当たり前の今の世の中には、やはり昭和の親父たちの居場所は少ないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アニメの愛妻家のパパキャラクター

野原ひろし(クレヨンしんちゃん)


© 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
アニメ「クレヨンしんちゃん」より引用

愛妻家と言ったらすぐに名前があがる野原家の大黒柱。

かなり現実的な良いパパとして主婦からの人気が高いキャラクター。

一見冴えない中年男ですが、よく見るとハイスペック。東京の双葉商事の係長、庭付き一戸建てとマイカーを所有の35歳です。

ちょっと前までは平凡な人間扱いでしたが、最近の35歳には厳しい条件かもしれませんね。

 

ちょっとだらしなくてスケベだけど絶対に浮気はしなくて、子煩悩でいざと言うときは頼りになる。

この完璧ではなく人間臭いところは昭和の親父たちに近いですが、ひろしはみさえの尻にしっかり敷かれてるところがポイントですね。

やっぱり世の奥様方は主導権を握りたい人が多いのかもしれません。

 

私の中の愛妻家はおじゃる丸の田村マコトが一番です。

「愛ちゃん」「マコトさん」と呼び合うラブラブぶりは素晴らしいと思います。

新婚ならいざ知らず、小学生のカズマのパパとママがあそこまでラブラブなのは奇跡。

やっぱり父トミーさんの温和な人柄を受け継いでいるからでしょうか。

 

マコトだけでなく人格者のトミーさん、しっかり者のカズマこの田村家の男たちはあまり話題にのぼることも少ないですが、是非結婚したいキャラクターに入れるべきキャラクターたちです。

 

 

アニメの哲学すぎるパパキャラクター

ムーミンパパ 、バカボンのパパ


赤塚不二夫/よみうりテレビ、東京ムービー
アニメ「天才バカボン」より引用

この人間離れしたパパたちも一部の主婦には人気のようです。実際に一緒に暮らすのは難しい人たちではありますが、魅力的なのはわかります。

私の意見としてはこの変わり者のパパと家族をまとめるママたちが凄いと思わずにはいられません。

 

特にムーミンママは私の理想像でもあります。

何事にも動じず、いつもやさしく、ご飯がおいしい。

サザエさんのおフネさんもかなり頑張っていますが、安定感が違います。

厳しいフィンランドの自然と一緒に暮らすムーミン族だからこその落ち着きなのかもしれませんね。

 

そのほか、おいしいご飯を作ってくれるクッキングパパ「荒岩一味」、ドラゴンボールからはツンデレ愛妻家の「べジータ」、子煩悩な「ピッコロ」、「孫悟空」など。

正直、私には悟空の旦那さんとしての魅力はわかりかねますが、チチさんとはとてもお似合いですよね。

 


 

以上、世間の主婦たちに人気の旦那さんキャラクターを系統別にまとめてみました。

アニメのキャラクターとはいえ、主婦の目線はシビアです。

主婦の「旦那にしたいキャラ」と未婚女性の「結婚したいキャラ」には現実を知っている者と夢見る者との感覚、思いのずれがあるので、見比べてみるのも面白いかもしれません。

 
スポンサーリンク