女同士の友情が登場する作品を、ご紹介します。

恋愛ではない友情で、だからこそ良いなあと感じる。

そんな関係。

女性二人だからこその、不思議な絆。

彼女たちの深い友情に、しばし圧倒されてみて下さい。

 

 
スポンサーリンク
 

 

女性キャラで友情が熱いアニメのキャラクターまとめ

「BLEACH」井上織姫と有沢たつき

スタイリッシュ死神斬撃アニメ「BLEACH」からは、この二人を推します。

ヒロインの一人・井上織姫(いのうえおりひめ)ちゃんと、その親友の有沢たつきちゃん。

特に初期は二人のエピソードが多く、印象的な親友同士なのです。

 

前述した通り、織姫ちゃんは作品のメインヒロイン。(ルキアちゃんはヒロインではなく、副主人公だと解釈しています)

 


久保帯人/集英社・テレビ東京、電通、studioぴえろ
アニメ「BLEACH」より引用

 

彼女は可愛くてスタイルが良くて(巨乳)性格が良い、三拍子揃った女の子です。

天然気味、料理オンチ、大食いなどはご愛敬。

 

明るく社交的で、誰にでも臆せず話しかけ、例え敵でも助けようとする優しい心の持ち主。

凛々しく戦士として在ろうとするルキアちゃんとは、良い意味で好対照な女性です。

 

しかし、そんな織姫ちゃんですが……実はその半生はかなり過酷なものでした。

そもそも実の両親は育児放棄、暴力、貞操観念が薄いなど、人間として問題がある人達だったようです。(なぜその両親から、天使のような織姫ちゃんが生まれたのか……素朴な疑問です)

 

ロクに世話もしない両親に代わって彼女を大切に育ててきたのが、15歳年上の兄・昊(そら)でした。

織姫が3歳の時、兄は彼女を連れて両親の許を逃げ出します。

 

そして織姫が中学生になるまで、兄妹二人でつつましくも幸せに暮らしていました。

経済的、心情的に不安なこともあったでしょうが、優しい兄と仲睦まじく過ごし、愛されて育った織姫。

 

しかし悲しいことに、彼女が中学生の時……兄は交通事故で命を落とし、帰らぬ人となりました。

それからは親戚の援助を受け、一人暮らしをしている織姫。

中学校では怖い先輩に目を着けられ、チャームポイントの茶色い髪を切られ……まさにもう、不幸の上塗りです。

 

しかし、そんな時彼女を救ったのが、同級生のたつきでした。

 


久保帯人/集英社・テレビ東京、電通、studioぴえろ
アニメ「BLEACH」より引用

 

詳しくは描写されていませんが、織姫を虐めた相手をコテンパンにし、織姫自身も叱ったようです。

恐らく、愛のある叱責を……。

 

その時から、織姫とたつきは大の親友同士になりました。

女の子らしい織姫と、ボーイッシュで空手の有段者であるたつきは、バランスの良い二人。

何かと頼りない織姫を放っておけないたつきと、そんなたつきを心から信頼し、尊敬もしている織姫。

 

二人は「姫と守護竜」に例えられるようなコンビでした。

たつきの「織姫を虐めるやつはね、昔からあたしにぶっ飛ばされるって決まってんのよ!」という台詞にも、それが現れています。

 

しかし初期のエピソードで、その関係が反転するような出来事が起こります。

虚(ホロウ。悪い霊)に操られたたつきが、自分の意思に反して織姫を攻撃してしまったのです。

 

空手の有段者であるたつきに殴られ蹴られ、ボロボロになっていく織姫。

そんな彼女を見て、意識が無い筈なのに涙を流すたつき。

傷つきながらも、織姫は立ち上がり「今度はあたしが、たつきちゃんを護るから」と告げます。

 

その時、織姫の中に眠っていた能力が目覚めました。

それは兄の形見のヘアピンから生み出された、「盾舜六花」(しゅんしゅんりっか)という、織姫固有の能力。

 

防御・回復に秀でており、「事象を拒絶する」ことで、死ぬほどの大怪我でもキレイに治してしまう、チート能力です。

「姫が竜を護る」という、今までと反対の行動を起こした織姫。

それも全て、親友であるたつきを取り戻したい一心から。

 

中盤から舞台がソウルソサエティ(死神の世界)に移ってしまった為、たつきの出番はガクンと減ってしまいました。

でも、ある場面で言っていた通り、織姫の帰る場所は、やっぱりたつきの傍なのです。

強い信頼と絆で結ばれた、良い親友コンビです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「進撃の巨人」ヒストリアとユミル


©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
アニメ「進撃の巨人」より引用

 

人気作品「進撃の巨人」のヒストリアとユミルも、私にとって欠かせない二人です。

もう彼女達は単なる友情でもない、かといって同性愛でもない、お互いに一番特別同士なんだなあ……と(語彙力不足)。

 

ヒストリアは、最初は「クリスタ・レンズ」と偽名を名乗っていました。

彼女達は、巨人と戦う兵士を育てる訓練学校の同期でした。

主人公のエレンと同じ、104期生の生徒です。

 

可愛いくて誰にでも優しいクリスタと、シニカルでキツイ言動のユミル。

外見も小柄な金髪美少女と、痩せて鋭い目付きに長身、黒い髪。

性格も外見も、正反対です。

 

でも不思議なことに、妙にバランスが良い……。

同期の介抱をしたり、食べ物を分け与えたりと優しく献身的で、「天使」「女神」と呼ばれるクリスタ。

ユミルはそんな彼女の行動を、良い人に見られたがっている故と痛烈に批判します。

 

しかし、実は影からクリスタを守り、気にかけてきたのもユミルでした。

実力が足りないクリスタが良い成績で入団出来たのは、ユミルが密かに周りを蹴落としていたから。

 

そんなユミルに、クリスタは「私と、友達になりたかったの……?」と問います。

 

貴族の落胤で、継承争いに敗れ、兵団に追いやられたクリスタ(事実は少し異なりますが)。

それを知ったユミルは「自分に近い境遇」と興味を持ち、クリスタに会う為兵団に入ったのでした。

ユミルにも、実は大きな秘密があります。

 

そして、皆が居る建物が無数の巨人に囲まれた時。

ユミルがクリスタに「本当の名前を名乗れ」「胸を張って生きろよ」と告げ、飛び出します。

 

皆の目の間で、巨人化するユミル。

彼女はエレンと同じ、巨人化能力を持つ人間だったのです。

 

仲間達を……いえ、クリスタを逃がす為にたった一人で、巨人達と戦う巨人ユミル。

しかし状況が悪く、みるみるうちに囲まれてしまいます。

 

そんな彼女を見て、我を忘れて叫ぶクリスタ。

「死ぬな!こんな所で死ぬな!」「何いい人ぶってんだよ!」

いつか言われたことを、ユミルに返すクリスタ。

 

窮地を脱したクリスタは、重症を負ったユミルに、自分の本当の名前「ヒストリア」を告げました。

 

「ユミルと共に、自分の為に生きる」ことを決意したクリスタですが、その直後、瀕死のユミルは連れ去られてしまいます。

彼女を取り返そうと追う、クリスタと仲間達。

 

ここから物語は更に「本当の王家」、そして「壁の外」へ続く、壮大で複雑なものになっていきます。

王家のこと、巨人のこと、壁の外の人類。

 

それらに引き裂かれ、遠く離れてしまったユミルとヒストリア。

しかし、どんな時も互いを想い、再会を願い合っています。

 

ぜひまた再会し、共に生きて、幸せになって欲しい二人です。

 

 

以上が友情が素敵な女性キャラクター達。

百合と友情の境目はなかなか難しいものがあります・・・だってユミルってクリスタのこと、いけそうだから。笑

男女の友情のように、女性同士の友情は二次元では存在しない説もありますが・・・ココで上げたのは筆者が友情だと信じるもの。

「愛情」ではない気持ちで互いを本気で思い合えるというのは、ホントに素敵なことですね。

 
スポンサーリンク