何故この主人公ばかりがモテるのか・・・。主人公が無条件にモテてしまうハーレムアニメ。

見ていると主人公が、羨ましくなってしまうような作品です。

そんな中でも筆者的にハーレムアニメが全盛期だったのは2005年〜20105年。

この年代で非常に羨ましさを隠す事が出来ないハーレムアニメを5本紹介させて頂きます。

この記事を読んで、その作品が気になってしまった方は、作品を視聴して、筆者と一緒に主人公に嫉妬してしまいましょう!

 

 
スポンサーリンク
 

 

ハーレムアニメまとめ

インフィニット・ストラトス


(C)2011 Izuru Yumizuru, PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION MEDIA FACTORY/Project IS
アニメ「IS<インフィニット・ストラトス>」より引用

 

ハイスピード学園バトルラブコメというキャッチコピーの通り、ラブコメもハイスピード!?という事で、非常に主人公の織斑 一夏(おりむら いちか)がモテるアニメです。

恐らく主要ヒロインは漏れなく、一夏に惚れてしまうという、恐ろしいモテっぷり。どのヒロインも非常に魅力的であるにも関わらず、無条件(?)で一夏に惚れていってしまうという、正直羨ましすぎるハーレムアニメです。

 

にも関わらず、一夏は恋愛面に関しては、超鈍感。相手が自分に恋愛感情を抱いている事すら気付かないという始末。

ハーレムアニメの主人公は何故か超鈍感な事が多いですが、そこにまた観ている私達もヤキモキしてしまって、それがハーレムアニメの魅力なのかもしれませんね。

 

特に魅力的な筆者イチオシヒロインは、「ラウラ・ボーデヴィッヒ」。

 


(C)2011 Izuru Yumizuru, PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION MEDIA FACTORY/Project IS
アニメ「IS<インフィニット・ストラトス>」より引用

 

戦うための道具として生まれた、悲しい過去を持っていますが、そのせいか周りとは大いにズレた感覚を持っている事が見ていて可愛い点です。

一夏への思いも、非常にストレートに表現する性格なため、見ていてもついつい応援してしまいたくなるキャラクターです。

 

 

僕は友達が少ない


(C)2011 平坂読・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/製作委員会は友達が少ない
アニメ「僕は友達が少ない」より引用

やや悲しい(?)タイトルに惹きつけられてしまう、通称「はがない」。

ハーレムアニメとしては、王道とも言える展開が魅力の作品。

それぞれのヒロインが非常に個性的な点も非常に魅力ですね。

 

主人公の羽瀬川小鷹は、その見た目から周りからヤンキーと勘違いされてしまい、クラスで浮いた存在になっていました。

 

そんな中ヒロインの一人、三日月夜空によって、「隣人部」に入部させられるところから、物語は動き出します。

男が一人の空間に、それほど多くの女性キャラクターが集まってしまうと・・・何も起こらないわけもなく、互いに少しずつ意識し合う絶妙な距離感にヤキモキしてしまうストーリーが、非常に魅力的な作品でした。

 

魅力的なヒロイン達の中でも、筆者のイチオシは、「柏崎星奈」。

 


(C)2011 平坂読・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/製作委員会は友達が少ない
アニメ「僕は友達が少ない」より引用

 

金髪碧眼でスタイル抜群という圧倒的なスペックの持ち主ではありますが、あらゆる行動や考えが「残念」な所が魅力的です。

しかし、非常に素直なキャラクターなので、自分の気持ちをストレートに表現する所が、非常に魅力的なキャラクターです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

To LOVEる


©矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶる製作委員会
アニメ「To LOVEる-とらぶる-」より引用

ハーレムアニメの代表格とも言える作品、『To LOVEる』。

ジャンプ原作のアニメにも関わらず、主人公・結城リトの伝説的なまでの、ラッキースケベぶりはあまりにも有名ですね。

 

あらゆる美女に囲まれ、もれなくラッキースケベを味わってしまう結城リトにやや嫉妬心を覚えてしまう作品。

お色気シーンに非常に力が入っており、原作の方はさらに過激なお色気シーンが展開されています。

 

魅力的なヒロイン達の中でも、筆者イチオシは、「古手川 唯」。

 


©矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶる製作委員会
アニメ「To LOVEる-とらぶる-」より引用

黒髪ロングにスタイル抜群、容姿端麗でありながら、極度のツンデレな所が非常に魅力的です。

生真面目なキャラクターな分、リトへの想いも、ついつい応援したくなってしまうのが、彼女の魅力ですよね。

 

 

俺の妹がこんなに可愛いわけがない


(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」より引用

容姿端麗、頭脳明晰な妹、「高坂桐乃」と気がついたら家でも全く話をしない仲になっていた、主人公の「高坂京介」。あるキッカケから、妹の桐乃に人生相談を受けるようになり、ストーリーが動き出します。

妹の桐乃のために、何とかしようと奔走する京介の姿が非常に魅力的であるとともに、そんな京介に周りのヒロイン達は次々と惹かれていく、ハーレムアニメな所も作品の面白みの一つです。

 

筆者のイチオシヒロインはやはり「高坂桐乃」。

 


(C)伏見つかさ/アスキー・メディアワークス/OIP
アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」より引用

非常にツンデレな所はありつつも、内心兄の京介のことは頼りにしている所が非常に可愛いらしく感じます。

終わり方は賛否両論ありますが、筆者としては、自分達の気持ちから一歩も逃げなかった、京介と桐乃は、非常に好感が持てました。

自分の気持ちを貫いたという意味でも、心に残る名作だと筆者は考えています。

 

 

生徒会の一存


(C)2009 葵せきな・狗神煌/富士見書房/碧陽学園生徒会
アニメ「生徒会の一存」より引用

主人公たちが所属する生徒会での駄弁を中心に綴るという一風変わった作品。

主人公・「杉崎鍵」は自ら生徒会をハーレムと呼び、ハーレムを作るため、猛勉強をして、生徒会に入るというある意味、ハーレムを作るために努力をしたという点では、好感(?)すら持てる点が他のハーレムアニメとは明確に異なっています。

非常に生徒会室で繰り広げられる駄弁も、パロディなどが多く取り入れられ、いろいろな作品を見ている人には楽しめる作りになっているのも魅力。

 

筆者イチオシのヒロインは、「紅葉 知弦」。

 


(C)2009 葵せきな・狗神煌/富士見書房/碧陽学園生徒会
アニメ「生徒会の一存」より引用

黒髪ロングヘアで容姿端麗、スタイル抜群という非の打ち所のないスペックを持っており、高校生とは思えないほどの落ち着いた行動や言動が非常に魅力的です。

高校生なのにお姉さんキャラというのも、また魅力的ですよね。

 

 

まとめ

以上、2005年〜2015年のハーレムアニメ5選を紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

少し古い作品も扱っているので、最近アニメにハマった方は知らない作品もあるかと思います。

どの作品を見ても、ハーレムアニメっぷりを味わうことが出来るので、是非チェックしてみて下さいね!

 
スポンサーリンク