現実には存在しないキャラクターが続々デザインされる「アニメ」という世界。

そこには類を見ないほどの変態ぶりを見せるキャラクターが存在します。

今回はそんな愛すべき変態たちに焦点を当ててご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

変態キャラクターまとめ

清々しいまでに自分の道を貫く……

それをしたら、いわゆる「変態さん」になってしまう人がいます。

 

それでも、どうしても自分を曲げられない……。

今回はそんな猛者、変態キャラ(ただし愛すべきタイプ)が登場する作品をご紹介します。

ぜひ一度見て、独特の魅力を感じてみて下さい。

 

 

「物語シリーズ」神原駿河


©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「物語シリーズ」より引用

 

「化物語」を始めとする、物語シリーズ。

本作品には主人公の阿良々木暦くんを始めとして、色々とギリギリなキャラクター達が登場します。

 

暦くんも小学校女児のスカートをめくって折檻されたり、同級生女子の胸を触ったり(合意だけど)。

あまつさえ、実妹二人のファーストキスを奪って泣かせたり……(完全にアウト)。

 

しかし、そんな暦くんをも上回る強者がいます。

 

彼女の名前は、神原駿河(かんばるするが)。


©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

暦くんの高校の後輩で、弱者バスケットボール部を全国大会まで導いた、超スター選手です。

抜群の運動神経に、いちいち男前な発言。

凛々しい表情。

 

女子生徒の憧れを一身に集める彼女ですが……実は、とんでもない危険な部分を持っています。

それを知っているのは、ごく親しい暦くんや、先輩の戦場ヶ原さんのみ。

 

彼らの前では、

  • 「ドエロ」
  • 「マニアック趣味」
  • 「BL大好きな腐女子」
  • 「百合」
  • 「マゾ」
  • 「ロリコン」

などの、濃ゆい一面を見せてくれます。

 

元々、同性の戦場ヶ原先輩に恋心を抱き、彼女を追って同じ高校に入学した神原。

訳あって絶縁されたものの、戦場ヶ原先輩への恋は消えず……呪いのアイテムをキッカケに、恋仇の暦くんを襲撃したことがありました。

 

戦場ヶ原さんと復縁してからは性格が安定し、恩人の暦くんと戦場ヶ原さんをこよなく慕うようになります。

命を賭けて自分を救おうとした暦くんを「恩人」と呼び、彼の為ならどんな犠牲も厭いません。

しかし行動が突き抜け過ぎて、突飛なことをするのもしばしば。

暦くんをたじろがせ、時にドン引きさせています。

 

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

「私の名前は神原駿河、阿良々木先輩のエロ奴隷だ!」

 

登場時にこんな名乗りをカッコ良くあげて、変なことを言うな!と、暦くんを困惑させました。

神原は暦くんが望むなら、いつでもエロ奴隷になるつもりなのですが……。

暦くんはそんなことは望んでいないし、周囲にあらぬ誤解を受けるしで、ひたすら困惑しますよね。

 

また暦くんが入浴中に、意気揚々と浴室に入ろうとしたことも……。

背中を流すと言われても恥ずかしいし、嫌ですよね。

女性の神原が風呂場に入ろうとし、男性の暦くんが全力で防ごうとする……なんだか、逆のような図式です。

 

また、部屋が寝るスペースも無いほど汚い。

BL好きで、濃い本が部屋に散乱している。

命を賭けた戦いの前だというのにBL小説を買い、不眠不休で読破する。

全裸で眠る習慣があり、その姿を偶然暦くんに見られてしまう……。

 

何かと伝説を生み出す神原は、しかしまた、裏表の無い爽やかな人物でもあります。

裏表が無いからこそ堂々と変態発言をして、ドン引きされてしまうのですが。

神原自身は、それをおかしいと思ってないので、全く気にしていません。

 

後輩女子・千石撫子ちゃんに「ブルマ着用、手ブラ」「スクール水着着用」を強制したり、そもそも絶滅危惧種のブルマを大量に購入・所持していたりも。

 

しかし、ここぞという時に彼女は、持ち前の勇気と度胸、頼もしさを発揮します。

かつてのパートナーと対峙することを渋る吸血鬼・忍野忍を一喝し、会うべきだと断言した神原。

そのせいで忍の怒りを買い、殺されそうになっても主張を曲げません。

 

結果的に、神原の行為が忍の、そして暦くんに影響を与え事態を大きく動かしました。

 

また神原は、大好きな戦場ヶ原先輩が暦くんを好きで、自分が決して彼女の一番になれないことを理解しています。

それを受け入れ、呑み込んだ上で、彼らの傍にいるとを選んだ神原。

 

切ないけれど、神原の行動には彼女なりの信念や覚悟があり、それがとても清々しく感じられます。

変態だけどカッコいいし、時に可愛い。

そんな男前女子・神原駿河は、とても魅力的な人物だと思います。

 

「花物語」では主役を務めてもいるので、ぜひ視聴してみてください。

神原役の沢城みゆきさんが歌う主題歌も、とても素敵です。

 

 

「銀魂」猿飛あやめ


©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
アニメ「銀魂」より引用

 

「銀魂」からは、ドMな女忍者の猿飛あやめ、通称「さっちゃん」を。

彼女は元くの一で、今は悪党専門の始末屋(殺し屋)をフリーで営んでいます。

薄紫のロングヘアに抜群のスタイル、泣き黒子と眼鏡が魅力的な美女ですが、殺しの腕は超一流。

 

そんなさっちゃんは、任務の最中に偶然出会った主人公の銀さんに、恋心を抱きます。

最初は利用しようと近付いたけれど、それを承知で助けてくれた銀さん。

彼の本心が分かった時から、銀さんが違って見えてきたのかもしれません。

 

以後、何かと銀さんの前に現れてはアプローチをするさっちゃん。

しかし残念なことに、彼女は好きな相手に虐められたいという「ドM」だったのです……。

 

忍者仲間の全蔵など、他の人には厳しいけど、銀さんにはデレデレな彼女。

自分で自分を縛って、天井からぶら下がってご登場したり。

はたまた熱々のおでんを用意して、動けない銀さんに無理矢理食べさせようとしたり。

しかも「南ちゃん口調(~だゾ?)」で、銀さんをイライラさせてしまいます。

 

しかし怒られても無視されても、さっちゃんにとってそれは、むしろご褒美。

 

「メス豚」と罵られ、「もっと言って!」と喜ぶのは、毎度お約束のやり取りです。

 

銀さんと一緒にいることが多い女性、お妙さんに一方的にライバル意識を燃やし

  • 「どちらがより銀さんを好きか」
  • 「どちらがよりヒロインに相応しいか」

など、何かと勝負をしかけたりも。

 

お妙さんにとって銀さんは

「軍手の次に好きな人」

らしいので(微妙な順位……)、さっちゃんが対抗意識を燃やす必要は、全然無いのですが……。

 

好物の納豆を利用して敵を倒したり、眼鏡を外すとド近眼で、標的を間違えてしまったり……。

「眼鏡が無いと明日が見えない!」

は、さっちゃんの名台詞の一つ。

 

そんな彼女ですが、いざという時は忍術の腕を颯爽と披露して、華麗に敵を仕留めます。

声優・小林ゆうさんのハジケた演技もあり、アニメでは原作以上にインパクトのあるキャラクターになっています。

未視聴の方は、ぜひ一度さっちゃんのドMぶりを確認してみて下さい。

個人的には吉原の用心棒・月詠姉さんと並ぶ、好きな女性キャラクターです。

 


 

アニメにはまだまだ愛すべき変態たちがいますが、今回はここまで。

随時コンテンツを追加していきますのでお楽しみに。

いやあ、濃い変態がたくさんいるのでまとめるのが大変そうです。笑

 
スポンサーリンク