ただ今、大人気放送中の「バジリスク~桜花忍法帖~」。

かつて人気を博し、パチスロでも注目されたアニメ「バジリスク~甲賀忍法帖~」の、正統な続編とのこと。

前作ファンのみならず、ご新規さんも興味津々で視聴している本作。

「忍法版ロミオとジュリエット」として悲恋の代名詞となった前作同様、今作もまた、悲劇の予感を感じさせます。

まだ放送開始したばかりなので情報不足ではありますが、現在出揃っている情報から、主人公二人の今後の運命を、予測してみたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

なお今後、新たな事実・展開が出てきたことで、この考察が的外れなモノになったら「バカだなあ、こんなこと言ってる」と、笑ってやって下さい……。

なお、前作のネタバレを含む内容なので、苦手な方はご注意下さい。

 

 

「バジリスク~桜花忍法帖~」あらすじ

まず、本作「バジリスク~桜花忍法帖~」のあらすじを。

 

アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~ 」第二弾PV

© 山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会
アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」より引用

 

時は三代目将軍・家光公の時代。

戦が終わり太平の世が訪れたことで、伊賀・甲賀の二大忍者流派は、無用の存在となりつつあります。

そんな現状を何とかしようと、双方の流派は仲違いを止め、少しずつ交流を始めています(わだかまりは強固ですが……)。

また将軍争いに破れた弟・忠長公に接触し、自分達の存在を有意義なモノとして売り込んでいます。

 

そして何より、決して外部に明かせない秘密の計画がありました。

それは表向き存在していない、前頭領二人の間に生まれた遺児達を、次世代のリーダーとして教育すること。

 

そう、憎み合い殺し合ったと思われている先代の頭領達は、実は愛し合う仲だったのです。

先代頭領の名前は、弦之介と朧。

 

前作の最後で共に命を落としたハズの二人は、実は忍組頭の息子・服部響八郎の手で救われ、双子の兄妹を遺していました。

その後の二人の消息は不明ですが、出て来ないところを見ると、亡くなったと考えるのが自然なようです。

まあ二人共、かなりの重症を負っていましたし……。

 

かくして忍の里には、両親の恐るべし瞳術を受け継いだ子供達が残されました。

兄、八郎は父親の「矛眼術」を。

妹、響は母親の「盾眼術」を。

共に相手の攻撃を跳ね返す、または無効にする、恐ろしい術です。

 

 

八郎と響は恋仲は仕組まれている?

しかし、年長の忍達の計画は、ある意味もっと恐ろしいモノでした。

この血と能力を残す為に、兄妹で夫婦になり、子を作らせること……。

 

人の道に外れる恐ろしい行為ですが、老忍者・鯨飲は本気のよう。

まあ前作の元になった「甲賀忍法帖」を読む限り、甲賀と伊賀は近親婚を重ねて血を濃くしたみたいですけど。

 

この計画には当然、里の中にも賛否があるようです。

本人達が知っているかは、定かではありませんが。

ただし、世話係の滑婆曰く、八郎と響は好き合っているとのことですが……。

果たして運命の双子は、これからどうなってしまうのか。

 

そんな中、新たな勢力「成尋衆」が、甲賀と伊賀の精鋭達を亡きモノにしようと、襲いかかって来ます。

 


© 山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会
アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」より引用

 

常識を覆す忍術(超能力?)に、あっという間に殺されていく「甲賀五宝蓮」。

成尋衆の目的は?

 

そして、協力して彼らを追う各里の次世代メンバーは、仇をとることが出来るのか。

皆、まだまだ年端もいかない子供達なので、厳しめですが……。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

八郎と響に絡む問題とは?

さて、双子達には両親と同じく、数々の障害が待ち構えています。

互いを大切に想い、共に在りたいと願う、八郎と響。

彼らの幸せを阻む問題とは、一体……?

 

【問題1 血の繋がり】

前作の二人には「敵同士」という、結ばれない障害がありました。

その子供達には敵同士では無いものの、「実の兄妹」という、これ以上無い障害があります。

しかも二人に子を作れという、無言の圧力まで……。

 

しかし考えようによっては、性的に結ばれずプラトニックな関係のまま、兄妹で寄り添って暮らすことは出来ます。

「子作り推奨派」の鯨飲が亡くなった今は、なおさら。

しかし、それにはある問題が……。

 

 

【問題2 二人の瞳術】

そう、二人には亡き両親から受け継いだ、瞳術があります。

その能力を手に入れようと、敵が狙ってくるのは必至。

まだ謎が多い「成尋衆」ですが、幼い二人を利用しようとする……あるいは脅威に感じて、抹殺しようとする可能性は高いでしょう。

 

そして八郎と響が、一度だけ術が発動した際に目を合わせた時に起きた、激しいつむじ風……。

二人の瞳術がぶつかった時に、未知の力が発動する可能性があります。

八郎はそれを恐れて、自分から里を離れようとしたほど。

 

最強の矛と最強の盾がぶつかったら、果たして何が起きるのか……。

 


© 山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会
アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」より引用

 

二人の能力が、共に生きる枷になる可能性が示唆された今、今後が案じられます。

 

 

【問題3 目の前の敵】

そして今、二人は次期頭領として、それぞれ甲賀と伊賀の精鋭を率いる立場にあります。

年長組がほぼ全滅した今、未知の敵・成尋衆をルーキーだけで突破しなくては、その先の未来など開けません。

それは果てしなく困難な道ですが……。

悲劇の連鎖を絶ち切り、八郎と響は共に幸せを掴むことが出来るのか。

 

オープニングの冒頭で、自分の胸を刺し貫く響。

 


© 山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会
アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」より引用

 

また終盤で目を光らせながら互いに剣を構えて、相手の懐に飛び込む双子の姿が不吉な未来を暗示します。

 


© 山田風太郎・せがわまさき・山田正紀・講談社/桜花忍法帖製作委員会
アニメ「バジリスク ~桜花忍法帖~」より引用

 

前作ではバッドエンドもバッドエンド。

なかなか最悪な終わり方をしたので、本作はハッピーエンドになることを祈りながら、見守っていきます

 
スポンサーリンク