それは、物語の中に存在する物語。

その世界の中でフィクションとして存在し、登場人物達に視聴されるものなどを指します。

今回はポプテピピックの中の「星色ガールドロップ」をご紹介。

また、最近の作品だけではなく、実は意外と昔から存在していましたので他の作品達もご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

ポプテピピック劇中劇「星色ガールドロップ」


大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

2018年1月クールよりスタートした「ポプテピピック」。

色んな意味で舐めている作品なのですが、放送されるやいなやそのクソ加減が良い意味で話題となり、Amazonビデオのレビューには数百件を超えるカオスな書き込みが残されるほどお祭り騒ぎとなりました。

 

そのアニメの始まりはこう・・・

薄い絵柄で描かれた高校一年生の平 大地が階段から降りてきてその日に旅行に発つ両親をお見送り。

 


大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

一人で自由に家で生活できるワクワク感に満ちあふれていました。

母親からは「そそぐちゃんに迷惑をかけないように」という忠告を受けるも、大地には「そそぐ」という名前に全く見当がない・・・

と言うシーンの後にいきなりクオリティの高いオープニング。

 

その曲を歌っている3人組のグループこそ「星色ガールドロップ」

オープニングが終わると急にポプ子が登場して「ポプテピピック」本編へと視聴者をいざないます。

 

アニメになれている人であっても一瞬戸惑ったかと思います。

アニメ初心者ならばもっと戸惑ったと思います。

これがクソアニメ「ポプテピピック」。

一話の冒頭から「星色ガールドロップ」という全く違う萌えアニメを始めたんです。

 

凝ったキャラクターデザインに、作り込まれたオープニング映像。

「違う作品を録画した!?」と、慌てた人も多かったでしょう。

実際、そのまま見るのを止めた人も居たそうですし……。笑

まあ、そこまで騙せるほどの質をことだわったのは評価できるところ。笑

 

だって、「星色ガールドロップ」のアドルユニットメンバーの声を努めるのは

水瀬いのりさん、上坂すみれさん、小倉唯さんという3大若い女性声優とでも言えるくらいの実力者。

そしてお金がかかっていそうな本編とは全く無関係のオープニング映像・・・。

 


大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

ここではその動画は著作権の関係で掲載できませんが、YouTubeに上がっていますので見てみて下さい。

割と本気で見てみたいと思わせるほど作りが凝っています。笑

 

変わりにエイプリルフールに公開された「星色ガールドロップ」のPVを掲載しておきます。

 

大川ぶくぶ/竹書房・市民レコード
「星色ガールドロップ」公式サイトより引用

 

エイプリルフールにはこのPV動画と同時に、星色ガールドロップの制作が発表されました。←もちろんウソ(笑)

 

公式サイトに記載されている「星色ガールドロップ」の内容をまとめると・・・

大地が母から忠告を受けた「星降そそぐ」というのは、大地にには記憶はありませんが幼なじみで大地の許嫁。

そして「星色ガールドロップ」というアイドルグループに所属する高校2年生。

 


大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

 

「星色ガールドロップ」のメンバーは高校3年生の夕陽 ころな(cv.上坂すみれ)、

 


大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

高校1年生の月野 しずく(cv.水瀬いのり)。

 


大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

ウソの公式サイトではキャラクターの設定も記載されているので意外と楽しめます。笑

「星色ガールドロップ」公式サイトはこちら

 

設定もあるし、質は本編よりいも高いし・・・このまま続けられそうな「星色ガールドロップ」。

なんと現実で、アンソロジーコミックまで発売しました。

 

 

本編はものの数分&オープニング映像&嘘予告しか存在しないのに、一体どうやって漫画を描けというのか……。

なんだか、違う意味で気になってきました。

執筆陣も、無駄に豪華ですし。

 

明日、買いに行こうかな……。

作品を越え現実で派生作品が生まれた、凄い劇中劇です。

予告の「恋にドロップ、ドロップ☆」というフレーズも、慣れると癖になりますね……。

ヒロインのそそぐちゃんが可愛いので、こちらも単品で見てみたい気がします。

 

アニメ作品には、このポプテピピックの中の「星色ガールドロップ」のように劇中劇が別に存在する作品が多々あります。

今回はその劇中劇について取り上げたと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

機動戦艦ナデシコ

僕がまず思い出すのは、かなり前の作品ですが……「機動戦艦ナデシコ」です。

若い女性、ミスマル・ユリカが艦長を務める、宇宙戦艦ナデシコ。

敵国・木蓮と戦いを続けています。

 

主人公であり、メカのパイロットでもあるテンカワ・アキトは、レトロなメカアニメ「ゲキ・ガンガー」の大ファン。

百年ほど前に放映されたマニアックな作品なので、知る人も少なく、アキトは寂しい思いをしていました。

ところが、クルーのガイが同じゲキ・ガンガーマニアと知り、二人は意気投合。

ゲキ・ガンガーの話で盛り上がり、一緒に作品を観賞して、涙を流します。

七十年代風のレトロなメカデザインや、勧善懲悪的なストーリーが、堪らなく魅力的な様子。

 

一方、他のクルー達からすれば、ゲキ・ガンガーは古臭い昔のアニメ。

どこが良いのか分からない……と、やや距離を置いて、熱狂するアキト達を眺めていました。

いつの時代にも、こういう「ファンと、それ以外の温度差」は存在するのですね……。

現代を生きる私にも、なんだか刺さります……。

 

ところが、敵対する木蓮では、なんとゲキ・ガンガーは国民的アニメでした。

作品を通じて、親善大使の白鳥九十九と心を通わせるアキト。

次第に他のクルーにもファンが増え、最終的には館内で、大上映会を開くまでになりました。

木蓮内にはデータが残っていない回もあり、アキトのコレクションで初めて観賞した白鳥は、感激をあらわにします。

 

「同じ作品を好き」ということが、互いの親近感を深めたのは、間違いありません。

いつの世でも、何か共通点があれば、そこから近づくことが出来る。

そんなことを思わせるゲキ・ガンガーは、劇中アニメとは言え、凄い存在なのかもしれません。

 

実際、ナデシコファンからの要望が高まり、ゲキ・ガンガーだけのOVAまで発売したほど。

ちゃんとオープニングテーマもあります。

作品世界を飛び出した、稀有な劇中アニメなのです。

 

 

BLEACH

そういえば、BLEACHにもありました。

劇中コミック。

シリーズ初期に、副主人公のルキアが公園で読んでいたホラー漫画「翡翠のエルミタージュ」。

 

著者は、初江まり江嬢とのこと。

少々言葉づかいが古風なこの漫画。

ルキアは本作を読んで、現代語をマスターしたのだとか。

 

だから、「~ではなくて?」など、人前ではお嬢様口調になってしまうのですね。

 

まだアニメ化はされていませんが、成田良吾先生が執筆した、ドン・観音寺が主人公のスピンオフ小説。

タイトルは「Spirits Are Forever With You」にも、本作が登場します。

 


久保帯人/集英社・studioぴえろ
アニメ「BLEACH」より引用

 

これによると、「翡翠のエルミタージュ」は大人気作品で、アイスクリーム屋では、コラボ商品まで発売されているのだとか。

観音寺がゲストヒロインの女性・ロカを元気づけようと、美しい容器に入ったアイスをご馳走していました。

 

ロカ嬢は、この観音寺の気遣いに、生まれて初めての嬉しさや、楽しさを感じます。

そして終盤、このアイスがちょっとしたキーアイテムに……。

とても素敵なストーリーなので、ぜひアニメ化して欲しいです。

 

 

千年女優


今敏/マッドハウス
劇場アニメ「千年女優」より引用

 

そういえば、映画「千年女優」も劇中映画と思い出が入り混じる、複雑な作品でしたね。

伝説の大女優である老女・千代子が、インタビュアーの前で、自分の半生を振り返る物語です。

 

しかし語っているうちに、実際の思い出と、映画の中の出来事が混ざり始めます。

語る千代子本人はもちろん、聞き手の中年男性までもが気づけば物語世界の一員に。

時代劇のお姫様から、戦意高揚映画のヒロイン、SF作品のパイロットから、家族ドラマまで……。

大正浪漫の女学生や、戦争ドラマのヒロインになった場面もありました。

 

視聴者もだんだん、どこまでが妄想で、どこまでが真実なのか分からなくなる……。

その感覚が心地よい、不思議な映画作品でした。

個人的に主題歌も素晴らしいので、未見の方は、ぜひ一度視聴してみてください。

今見ても絵がキレイだし、動きも滑らかだし、一見の価値があると思います。

 

 

「物語の中に存在する物語」という、不思議な存在・劇中劇。

なんだか入れ子構造のようで、面白いですね。

時に本筋よりも目立ってしまったり、固定のファンがついたり。

はたまた、スピンオフ作品が登場したり……。

そんな劇中劇が出てくる作品は、まだあるかもしれません。

一粒で二度美味しい、お得な存在ですね。

 
スポンサーリンク