アニメ作品には、様々な魅力を持つキャラクターが登場します。

中には、現実ではありえない!と思うほどの、圧倒的イケメンキャラクターも……。

筋骨たくましい系から繊細細身系まで、「イケメン」の定義は人それぞれ。

身も蓋もないことを言えば、十人いれば、十通りの好むイケメンがあります。

それを承知の上で、今回は独断に基づいたイケメン達を、ご紹介させて頂きます。

あなたが好むタイプは、この中に登場するでしょうか?

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメのイケメンキャラランキング16位~4位

現実にはいないけど、二次元のイケメンだからこそ許される発言やキザなかっこよさってありますよね。

今回は私がつい惚れてしまった男性キャラランキングを発表します。

 

 

第16位:「スペースコブラ」コブラ


寺沢武一/集英社・東京ムービー新社
「スペースコブラ」より引用

 

まずご紹介するのは、SFアニメの金字塔「スペースコブラ」の主人公。

そう、コブラの兄貴!

 

かなり昔に放送していた作品ですが、真っ赤なピッチリした服、金髪に咥え葉巻、そして左腕が銃になっている男性の姿を、誰もが見たことがあるでしょう。

「それは紛れもなく ヤツさ~♪」という主題歌が聴こえてくるよう。

 

洒落っ気とお茶目さに、ダンディズム。

そして確かな実力を併せ持ったさすらいの宇宙海賊・・・それがコブラ。

 

リアルタイムではなく大人になってから初めて視聴したのですが、懐かしい色合いの映像と、「伊達男」と言いたくなるコブラのキャラクターに暫し魅了されました。

相棒のアーマロイド(機械人間)「レディ」と共に、二人きりで強敵と渡り合いお宝を手に入れるコブラ。

しかし物語の開始は、意外なものでした。

 

皆が自家用宇宙船を持っている、遥か未来。

平凡な会社員の男性・ジョンソンが、メイドロボットと過ごす場面から始まります。

 

「あれ、彼は誰?コブラはどこに?」と、当初は戸惑いました。

 

ジョンソンは退屈凌ぎに、夢の中で好きな人物になれるサービスを受けます。

夢の中の彼は、伝説の宇宙海賊・コブラになって暴れ回っていました。

刺激的な夢に満足したジョンソンは、そのまま家路につきますが……夢の中で見たのと、ソックリな海賊と遭遇します。

 

訳が分からないまま、身の危険を感じるジョンソン。

その時、彼の左腕が銃=サイコガンに変形し敵を攻撃。

メイドロボは相棒・レディに大変身。

驚くジョンソンですが、徐々に封印していた記憶が蘇ってきます。

 

長く続く戦いに疲れたコブラは、自分の記憶を封印し、ハンサムな顔を、わざと三枚目に整形までして別人として平和な生活を送っていたのです。

しかし記憶が蘇った今、もう平和な毎日を送る訳にはいきません。

マフィアに終われ、命を狙われる日々が戻って来ます。

かくして、また危険と隣合わせな生活に戻ったコブラ。

 

左腕に仕込んだサイコガンと、愛用の銃パイソンマグナムを構えて戦い、宇宙船タートル号で空を駆けます。

幼年時代、彼に憧れ左手に空き缶を嵌めた人の話を聞き、微笑ましく感じたことがあります。

整形し美男子ではなくなった今も、自信たっぷりなコブラ。

彼の姿には、外見だけでは計れない男性の魅力についても、考えさせられます。

 

コブラが行く先には様々な惑星があり、そこにはお宝や危険な敵、そして必ずセクシーな美女が居ます。

海賊とは言え基本的に殺しをせず、自分の力で警備を掻い潜り、貴重なお宝を手にすることに美学を見出だす義賊・コブラ。

そのスタンスには、「ルパン三世」に通じるものを感じます。

 

ひょうきんで、女好きなところも同じ。

何かあると「ヒュウーッ♪」と口笛を吹き、ウインクするお茶目なコブラ。

女性にも目がありませんが、未成年には手を出さない等彼なりのルールを厳守しています。

 

死に瀕した「ソード星人」を救う為に一肌脱いだり、目的の為「ラグ・ボール」というスポーツの試合に選手として出場したり・・・彼の活躍は、時と場所を選びません。

機械美人の相棒・レディとの性別を越えた固い信頼や、絆も清々しいです。

 

テレビシリーズでコブラを演じたのは亡き野沢那智さんです。

カッコいい中にも茶目っ気を感じるコブラの声は、はまり役でした。

今は別の方が担当されていますが、野沢さん演じるコブラをもう一度見たいものです。

 

 

第15位:「ヴァンパイア騎士」玖蘭枢


樋野まつり/白泉社・「ヴァンパイア騎士」製作委員会
アニメ「ヴァンパイア騎士」より引用

 

ヴァンパイア騎士の超絶イケメンヴァンパイア様。

正直ルックスは枢様が一番タイプかもしれません。笑

これぞイケメンっていうルックスと、声優・岸さんのイケメンボイスが合わさると、無敵ですよね。

 

しかも枢はヴァンパイアの中でも最高位の純血種で、能力も他のヴァンパイアとは比べ物になりません。

枢様に会って好きにならない人なんていないでしょう。

 

彼の最大の特徴が‘自己犠牲’です。自己犠牲というと聞こえは悪いですが、自分の気持ちより世界を守ることを優先する強い心の持ち主なのです。

 

さらに彼は、羊の皮をかぶった狼という言葉がぴったりのロールキャベツ系男子。

さわやかな笑顔で近づいてきて、言う事を聞かないと微笑みながらお仕置きされるなんて至福の極みとしか言いようがありません。

こんな彼にヤキモチ焼かれたら、嬉しくなっちゃいます。

 

 

第14位「進撃の巨人」リヴァイ・アッカーマン

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
アニメ「進撃の巨人」より引用

 

続いては進撃の巨人のリヴァイ様。

リヴァイが好きすぎて漫画も制覇していますが、アニメでは声優の神谷さんが輝いていますよね。

 

正直リヴァイはもっと上位のはずだったのですが、1個だけ難点があってこの順位になりました。

それはずばり「潔癖症」です。

 

彼はかなり掃除にシビアで、エレンも何回もやり直しさせられていましたよね。

実は私、あまり掃除をしません。

なので、彼と付き合ったらデートするより掃除のダメ出しされる回数の方が多くなるのかもと心配で14位になりました。

 

掃除の件は置いておいて、リヴァイのドS発言にはキュンキュンしませんか?

もし、仕事のことについて相談しても、「そんなこと自分で解決しろ」って言ってすぐに掃除に取り掛かりそうですよね。

 

決していじめられるのは好きじゃないし、三次元の男性にそんなこと言われたらなんて奴だと思いますが・・・

正直リヴァイにならニヤニヤしちゃいます。

これぞリヴァイマジックなのでしょうか。

 

 

第13位:「テニスの王子様」白石蔵ノ介

許斐剛/集英社、トランス・アーツ、テレビ東京、NAS
アニメ「テニスの王子様」より引用

 

テニスの王子様の四天宝寺中学3年生。彼の最大の魅力は言葉遣いです。

実は私、訛り言葉が大好き。

彼の大阪弁にいつもときめいています。

 

ただ、いつも信じられないのですが彼はまだ学生なのですよね。

知らなければ25歳といわれても信じてしまいそうなセクシーさとテニスの腕前がたまりません。

このアニメは全体的に中学生と思えないキャラがいっぱいいますが、白石のようにセクシーさを感じるキャラは少ないですよね。

 

「んん~エクスタシー」という口癖が玉に傷の様な気がしますが、彼なら許せちゃいます。

ちょっとナルシスト気味の彼ですがあのイケメン具合なら仕方がないと思います。

私だってあんなにイケメンに生まれていたら鏡の前から動かないでしょう。

 

 

第12位「妖狐×僕SS 」御狐神双熾

 

妖狐×僕SS のザ・腹黒イケメン男子。

凜々蝶にシークレットサービスとして仕えているのですが、奉仕の仕方がどこの武士だというくらい過激ボーイです。

 

必要とされないのなら、切腹する勢いで毎回凜々蝶を困らせます。

でも、そうすれば凜々蝶が断れないと分かっていてやっている腹黒さんです。

可愛い犬の様な顔をしてなかなかやり手ですよね。

 

付き合うなら優しい人がいいっていう人はたくさんいますが、誰にでも優しいのって罪だと思ませんか?

女の子は自分だけに優しい人がいいのです!

それをかなえてくれるのが双熾さん(最早さん付けです)なんです。

 

好きな人には靴を履かせたり、シャンプーの匂いもかぎ分けたりと若干行き過ぎなくらい尽くしてくれます。

ですが、他の人には笑顔で冷たくし、最早記憶にないなどかなりひどい扱いというギャップがたまりません。

 

いつも溺愛してくれる双熾ですが、たまに子供の様な一面も見せます。

複雑な家庭環境から、愛された経験がありません。そのせいで異常なまでの愛情を凜々蝶に注いでいるのですね。

 

正直、凜々蝶!うらやましいです!

私だってどんな双熾でも受け止めて見せる自信があります。

是非彼と幸せな家庭を築きたいですね。

 

 

第11位:「ワンパンマン」サイタマ

 

ワンパンマンの主人公のサイタマさんです。

顔のイケメンさはソニックやA級1位のアマイマスクには遠く及ばないのは分かっています。

 

だが!しかし!

彼のかっこよさは顔ではなく、規格外の「強さ」と「強さを鼻にかけない男気」。

美人は3日で飽きると言いますし、大事なのは性格やスペックですよね。

 

サイタマは強すぎて周りに強いと気付いてもらえないという何とも理不尽な環境にいます。(どんな状況だよと突っ込みたくなりますが)

でも本人はそんなこと全く気にしていないようで、自分と張り合える怪人を純粋に追い求めています。

その権力を欲しない姿に惚れます。

 

なんだかんだ弟子を心配している様子も見せますし、面倒くさがりに見えて結構面倒見良いのではないでしょうか?

現実世界では無敵のサイタマですがゲームではS級ヒーローのキングに勝てないようで、子供のようにはしゃいでいる姿はとても最強のヒーローには見えませんが、親近感が沸いて好きになってしまう一因です。

 

 

 

第10位:「物語シリーズ」阿良々木暦


©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「物語シリーズ」より引用

 

「化物語」を始めとする、物語シリーズの阿良々木暦くん。

彼は根暗な高校生で、財産も無ければどっしりした自信もない。

吸血鬼体質なので人より優れた身体能力は持っていますが、決して敵を凪ぎ払う力はありません。

 

スケベだし、自分に自信が無いし、コミュニケーション力は低いし(女子中学生が相手の時は除く)、いつもアレコレ悩んでいます。

先ほど紹介したコブラとはまるで正反対のような感じがしますが・・・そこが良いのです。

 

必要以上に真面目で、いつも悩んでいて、お人好しで他人の為にすぐ、身体を張ってしまう阿良々木くん。

スケベなくせにいざという時にビビってしまい、据え膳を食えないし……せっかく相手の女の子は、その気なのに。

知り合いの少女に会う度、全力でセクハラしては怒られたり、お仕置きされたり。

そんな突っ込みどころ満載の彼ですが、不器用で危なっかしくて、でも優しくて勇気がある。

 

知り合いの幽霊少女・真宵ちゃんが成仏させられそうになった時、阿良々木くんは彼女を救う為に叫びます。

 

「僕が、ずっとお前と一緒に放浪してやる!」

 

詳細は省きますが、一ヶ所に滞在していると彼女は成仏させられてしまうのです。

 

そうさせない為には、常に移動していれば良い。

たった十歳の彼女を一人で放浪させたり出来ない、なら僕が一緒に!

そんなことを、口だけではなく心からの本気で言えてしまう・・・それが阿良々木くんという男。

 

もちろん、彼も数々の問題があると理解しています。

学校は、家族はどうするのか。

彼を心配する恋人は、友人は、そして彼自身の将来は……?

 

それらを理解した上で、それでも、目の前の少女を優先してしまう。

それが阿良々木くんの短所であり、長所でもある。

青さと真っ直ぐさ、自己犠牲的なまでの在り方。

 

そんな彼だからこそ、周りの皆は惹かれ、魅了され、時に呆れながらも放っておけず・・・たくさんの人物に愛され、一目置かれるのは彼の危なっかしさと紙一重の強さがあるから。

思えば本作は、彼が死にかけた吸血鬼を救う為に、自分の命を投げ出したことから始まりました。

初めて会う、縁も縁もない吸血鬼の為に命を投げ出したんです。

 

阿良々木くんの危なっかしさは思春期特有の、成長と共にいずれ消えゆくモノなのかもしれません。

でも、そこを含めて不完全な魅力を感じる目が離せない男。

 

 

スポンサーリンク



 

 

第9位:「キューティーハニーF(フラッシュ)」黄昏のプリンス


永井豪/秋田書店・NET系列、毎日放送
アニメ「キューティーハニー」より引用

 

誰からご紹介するか、迷いますが……トップバッターは、「キューティーハニーF(フラッシュ)」に登場する謎の青年・「黄昏(たそがれ)のプリンス」様です。

長い銀髪に切れ長の目、優雅な物腰。憂いを帯びた表情。

主人公の如月(きさらぎ)ハニーがピンチに陥った時、どこからともなく現れて、助けてくれます。

 

謎めいた言動と、いつも救いに来てくれる、王子様のような頼もしさ……ミステリアスな存在感を含め、惹き付けられる男性。

その正体は、実に意外なものでしたが……。

セーラームーンの後に始まった番組なので、当時、彼に胸ときめかせた女の子も多くいたかもしれません。

 

 

第8位:「テニスの王子様」越前リョーマ


許斐剛/集英社、トランス・アーツ、テレビ東京、NAS
アニメ「テニスの王子様」より引用

 

この名前を知らない人はいないでしょう。

テニスの王子様の主人公越前リョーマ。

 

このアニメを見始めてから彼のイケメンさに胸キュンしすぎてテニスを始めました。笑

ラケットからシューズまで全てを買いそろえ(もちろんラケットはprinceのを購入)テニスコートに繰り出していました。

 

彼のかっこよさといえばやはりテニスに賭ける情熱。

少し自信家の所がありますが、負けてもただでは起き上がらない精神には感服しました。

逆境に強い彼にはおそらく彼女なんて必要ないのでしょう。

 

その反面、人とつるまず、強気なところはまるで野良猫のようでかわいいんです。

もし彼と付き合ったら(残念なことに絶対にありえませんが)きっと試合に応援しに行ったり一緒にテニスしたりとテニス三昧なんだろうなと妄想が止まりません。

 

 

第7位:「千と千尋の神隠し」ハク


宮崎駿/徳間書店・スタジオジブリ
劇場アニメ「千と千尋の神隠し」より引用

 

千と千尋の神かくしのハク。

ハクはもうツンデレ界の王者といえるでしょう。

 

最初優しかったのに次に会ったらとても冷たいなんて、私をじらしてるんですか?って思いました。

 

あの冷たい視線、実際に見たら傷つきますが、ちょっと癖になりませんか?

めちゃくちゃ冷たく突き放しておいて「お食べ」って優しく微笑んでおにぎりを渡してくるなんて最早詐欺師。

 

これに釣られない女性がいるわけがないでしょう。

 

ちょっとおいたをして呪われてしまったハクですが・・・弱ってる姿がかわいいんです。

あんなに駆け引きをしてじらしてきたのにふっと弱い一面を見せてくるなんて、さすがですハク様。

男性はハクを模範にすればモテモテになれるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

第6位「ONE PIECE」ルフィー


尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ONE PIECE」より引用

 

続いてご紹介するのがワンピースのルフィー。

普段は何もできないダメダメな感じ。

船は壊すし、なんでも食べちゃうし、冒険大好きで危険=ワクワクすることと思っている節があります。

 

ですが彼ほど、ここぞという時に頼りになる男性はいないでしょう。

どんな相手でも自分の信念と仲間を守るためだったら立ち向かう心意気は正直、私だけではなく男性も惚れるんじゃないでしょうか。

 

イケメンポイントは何百とありますが、特にかっこよかったのがシャボンディ諸島で海軍に襲撃されてしまったときのルフィー。

今の自分たちでは絶対に勝てないと悟った彼が初めて船員に逃げろと指示を出した潔さに惚れました。

 

それと同時にとても悲しい事件だったんですけどね。

それを機に2年も会えなくなるなんて誰も想像していませんでした。

 

最近ではエースの死を乗り越えて一回り大きくなったルフィー。

しかし彼のぶれない信念は漫画連載開始当初から何も変わっておらず、男らしさを感じます。

 

 

第5位:「テニスの王子様」跡部景吾


許斐剛/集英社、トランス・アーツ、テレビ東京、NAS
アニメ「テニスの王子様」より引用

 

そして、俺様系イケメンの代表格と言えば、「テニスの王子様」に登場する、跡部景吾(あとべけいご)様です。

ファンからは「跡部様」でお馴染み。

っていうか「テニスの王子様」から3人目のエントリー・・・なぜ「テニスの王子様」がここまで愛されているのかが分かりますね。笑

 

もはや説明不要の存在ですが……バレンタインには毎年、原作者の許に彼宛てのチョコレートが大量に届くのは、有名な話です。

センター分けの髪に、泣きボクロ。

尊大な口調と、強気な表情が特徴。

 

なにせ彼は、生まれながらの王者なのですから。

 

その言動の裏には、実力に裏打ちされた、確たる自信があります。

 

氷帝(ひょうてい)学園テニス部の部長であり、財閥の御曹司でもある、跡部様。

二百名の部員を率いる彼は、頼もしいリーダーであり、またプレーヤーとしても卓越しています。

敵の弱点を見抜く眼力に長けており、「俺様の美技に酔いな!」などの名言も多い跡部様。

唯一無二の存在感を発揮する、まさに俺様系イケメンのトップです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

第4位:「犬夜叉」殺生丸


©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000
アニメ「犬夜叉」より引用

 

次は、「冷酷系イケメン」の代表。

それは「犬夜叉」に登場する大妖怪のお兄さん、殺生丸(せっしょうまる)。

 

彼は主人公の異母兄であり、作品中最強クラスの強さを誇る妖怪。

純血の妖怪の血筋と、類稀な美貌、そして圧倒的な強さ。

細身ながら怪力で、鋭い爪で敵を引き裂くことが出来ます。

 

主人公の兄というポジションは、弟の成長の踏み台になったり、途中から強さのトップから転落しがちですが……

殺生丸は最後まで弟を始め、周囲が敵わない強者の地位を保ち続けた、稀有なキャラクターです。

むしろ試練を乗り越え、心身ともにもっとも成長した一人かと。

 

弟の犬夜叉とも、以前よりは改善したものの、お互いに馴れ合わず。

好敵手としての関係を保ち続けました。

 

そして殺生丸と言えば、なんと言ってもその冷酷さが印象的。

登場した頃は人間を見下し、人を母に持つ実の弟さえ「一族の恥」と、平然と殺そうとしました。

 

他にも人間や妖怪など、自分の邪魔になる者は手に掛けるほど。

過去の回想では、自分の進む先に居たというだけで、多くの妖怪を瞬時に細切れにしました。

「邪魔だ……どけ」から、「邪魔だと言うのが……分からんかア!」と殺すまでの時間、わずか数秒。

 

「短気丸」「通り魔」と、ファンに言われてしまうのも、無理はありません。

 

そんな冷酷非情な殺生丸ですが、途中からは人間の少女と出会い、そこから徐々に優しい心が芽生え始めます。

とはいえ、最後までクールさと孤高さを失わなかったのが、彼の凄いところ。

今でも非常に高い人気を誇る、クール系イケメンの代表格です。

 

 

アニメのイケメンキャラランキング3位~1位

第3位:「銀魂」坂田銀時


(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
アニメ「銀魂」より引用

こちらも知らない人はいないでしょう。

小栗旬さんが銀さん役に起用され実写映画化されたので人気がさらに高まりました。

 

銀さんの惚れるポイントはやっぱり、やるときはやるところ。

普段ダラダラとするだけでどうやって生活してるんだろうと思うくらいのダメっぷりですが、一たび仲間の命がかかわると豹変。

ボロボロになっても仲間を守るために立ち上がります。

 

特に吉原編は惚れまくりました。

圧倒的な力の差を理解していても、後ろにいる神楽や新八を守るためにもはや精神力だけで戦ってた姿は涙物。

銀さんみたいな人にこんな風に守ってもらえたら胸キュン必須ですよね。

 

 

第2位「コードギアス」ルルーシュ・ランペルージ


大河内一楼、谷口悟朗/毎日放送、サンライズ、コードギアス製作委員会
アニメ「コードギアス」より引用

 

コードギアスの主人公ルルーシュ。

最初は複雑な髪型だなとしか思っていなかったんですが、彼の頭のよさや、妹思いなところを見ていたらいつの間にか好きに・・・。

 

彼の持ち味といえば天才的な頭脳。

一見ルルーシュが負けている戦況でもどんでん返しで彼が華麗に勝利します。

 

最初はギアスを手に入れて、自信満々のルルーシュですが、アニメの途中からだんだんと、悩むことが多くなりました。

思ったものと違う結果になってしまったときに落ち込んでいる姿を見ると、なんだか母性本能が刺激され・・・慰めたい気持ちに・・・。笑

これがいわゆるギャップ萌えというやつか。(;´Д`)

 

そして彼の代名詞ともいえるナナリーへの愛が素晴らしい。

極端に言うと妹が大好きすぎて世界に戦争を仕掛けますからね。

 

最後のナナリーの台詞・・・「こんなことしなくてもお兄様さえいてくれればそれでよかったのに」。

これにはグッときました。

きっと彼は子供好きなんだろうなと受けない妄想が膨らみます。

 

 

第1位:「もののけ姫」アシタカ


宮崎駿/徳間書店・スタジオジブリ
劇場アニメ「もののけ姫」より引用

 

最後にご紹介するのは、言わずと知れた「もののけ姫」の主人公・アシタカ。

彼の本名は、アシタカヒコ。

北の部族の長となるべき若者で、人を率いるのに相応しい高潔な人柄と勇気、そして戦いの腕前を持っています。

 

とても十七歳とは思えない、その落ち着きぶり……。

村を救う為に呪いを受け、そのせいで故郷を捨てることになっても、それを淡々と受け止めます。

部族の者達に慕われるのも、その人柄と実力あってのことでしょう。

 

同じ村の娘・カヤからは、深く慕われていた様子……彼女の想いが籠った小刀を受け取った時も、爽やかでした。

「私も、いつもカヤを想っている」なんて……いくら今生の別れでも、凡人にはなかなか言えません。

 

アシタカは臆することなく未知の土地で旅をし、そこで出会った負傷者達に、迷わず手を差し伸べます。

見ず知らずの人間でも、当然のように助ける……ここが、アシタカの偉いところ。

自分自身も死の呪いを受け、大変な状況だというのに……。

 

そして訪れたタタラ場での、女性達との会話。

女性達に囲まれ、きゃあきゃあ言われても、爽やかな笑顔で対応する。

 

しかも、全然浮ついていないのです。

なんというか、もう、生まれついての王子様感が……。

おトキさんを始め、出会った女性達が「いい男」と言われるほど、外見もイケメンです。

 

ちなみに、人間に敵対する山犬の姫・サンの心も虜にしてしまったアシタカ。

しかも、恐らく無意識に……。

人間のアシタカを敵視し、とどめを刺そうとするサン。

朦朧とした意識の中で呟いた、有名な「そなたは美しい……」という一言。サンは思わず動揺し、彼を殺しそびれてしまいます。

 

それからも行動を共にするうちに、徐々に惹かれ合っていく二人。

最後は試練を乗り越え、立場や価値観の違いも超えて、共に生きることを選びます。

「サンは森で、私はタタラ場で暮らそう。会いに行くよ」という、終盤のナチュラルなプロポーズ。

もう、茶化すことも出来ないほど、いちいちカッコイイ!

 

アシタカは、すべてがイケメンな主人公です。

外見も行動も。

そして、生き様も……。

 

 

まとめ

以上が私が惚れたイケメン男性キャラ。

実際にこんな人がいればいいんですがなかなかそう上手くはいかないのが現実なんですよね。

こう見ると皆ギャップを持っている気がしました。

 

やはり普段男らしい人が弱っている姿は何だか支えてあげたくなるものなんです。

これからもイケメンがたくさん現れますように!

 

貴方の好きなキャラクターは、この中にいましたか?

他にもまだまだ、素敵な男性キャラクターは存在します。

魅力的な人物は、それだけで作品の魅力も引き上げるんだなあ……と、改めて感じました。

 
スポンサーリンク