「犬夜叉」の、三大男女ペア。

そう聞いたらあなたはどんなペアを思い浮かべますか?

犬夜叉という作品にはたくさんの素敵な関係が描かれているため、どのペアを上げるかとても悩むと思いますが・・・

それでも僕が紹介したい「恋愛」の関係にあるだろう3つの男女ペアをご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメ犬夜叉の三大恋仲ペア

 

「犬夜叉」という作品には、魅力的なペアがたくさん登場します。

それは友情だったり、恋仲だったり、家族のようなモノだったり……。

 

今回はその中でも、個人的に挙げる「三大男女ペア」と、その違いについて、お話させて頂きます。

なお、今回選んだペアは、あくまで個人的な考えに基づいて選別したものなので、

「なぜこのペアがいないの!」

というご意見もあるかもしれません。

その場合は、申し訳ありません……。

 

私が個人的に選別した「犬夜叉の、男女三大ペア」。

それは「犬夜叉とかごめ」「弥勒と珊瑚」「殺生丸とりん」です。

「犬夜叉と桔梗」という悲恋ペアや、「奈落と桔梗」という、奈落の一方的な執着による組み合わせも、重要かつ好きなのですが。

今回はそれらは、ナシの方向で……。

 

 

犬夜叉とかごめ

まず、主人公とヒロインである「犬夜叉&かごめ」のペア。

この二人がいなければ、物語は始まらず、終わりませんでした。

妖怪と人間の間に生まれた半妖(はんよう)と、強い霊力を持っているけれど、普通の人間のかごめ。

犬夜叉は人間でも妖怪でもない、というコンプレックスを持ち、更には月に一度、普通の人間になってしまうキャラクターです。

またメンタルも時に弱かったり、ごく普通の少年のように迷ったり、悩んだり……。

 

そんな犬夜叉の傍にいて、彼を心身共に支えているのが、かごめちゃんです。

四魂のかけらを見つける目と、破魔の矢で敵を消滅させる能力。

そして邪気を浄化したりとその力は目を見張るものがあり、一行に欠かせない、頼もしい存在です。

 


©高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2000
アニメ「犬夜叉」より引用

 

また、まだ十五歳の少女ながら、肝が据わっており、勇敢なかごめちゃん。

そして母性が強く、仲間たち、特に犬夜叉を精神的に支え包み込む、チームの中心的な存在です。

辛い来歴から突っ張っていた犬夜叉の心をほぐし、少しずつ癒していきます。

心身ともに不完全であり、それが魅力でもある主人公・犬夜叉。彼にとって欠かせないパートナーが、支えとなるかごめちゃんなのです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

弥勒と珊瑚

そして、二組目の「弥勒と珊瑚」

二人とも普通の人間ながら、強い法力と戦闘能力を有する、人間離れした猛者同士です。

 

まだ十六歳の女の子ながら、妖怪退治屋の家系に生まれ、戦いに秀でた珊瑚ちゃん。

そして人間ながら、呪いによる「なんでも吸い込む風穴」を右手に持ち、更に強い法力を持つ弥勒。

戦闘能力も高く、肉弾戦でもかなりの強さを発揮します。

 

妖怪ならともかく、人間では、なかなか互角な力を持つ者はいないであろう二人。

しかし弥勒と珊瑚なら、互いに手加減せずに本気を出すことが出来ます。

女たらしで、美人を見ればすぐ口説く弥勒。今まで彼が口説いてきた女性は、恐らく皆普通のか弱い女性だったでしょう。

そんな彼にとって珊瑚は、恐らく稀有な、相棒たり得る女性だったのだと思います。

 

そして珊瑚にとっても、弥勒は数少ない、本気の自分についてこられる男性だったのではないでしょうか。

なにせ、度胸の良さでも腕っぷしでも、並みの男性では、とても珊瑚に及ばないからです。

 

死の呪いである、風穴を抱えた弥勒。

悪役の奈落に仲間を殺され、たった一人の弟も人質にされている珊瑚。

常人では耐えられないような、辛い境遇の二人ですが、仲間と支え合うことで試練を乗り越えていきます。

 

そしていつしか恋心を育み、

「すべてが終わったら、共に生きよう」

と夫婦約束をした二人。

 

お互いにとって、生きる為の希望となっていました。

数々の試練を超えて、最終回では晴れて結ばれた二人。

三人の子宝に恵まれた弥勒と珊瑚の姿は、本当に幸せそうです。

彼らは、「支え合う」二人なのだと思います。

 

 

殺生丸とりん

そして、三組目のペアは「殺生丸とりん」

犬夜叉の異母兄でありながら、弟と違い完全な妖怪の殺生丸。

その強さは作中最強レベルであり、他の追随を許しません。

不完全さが魅力の弟に対して、兄の殺生丸は、決して動じない心身の強さが魅力。

腕っぷしはもちろん、めったに動揺しない鋼のメンタルの持ち主です。

 

そんな殺生丸が連れているのが、普通の人間の幼女・りん。

彼女は本当に普通の子供で、健やかで逞しい心は持っているけれど、特別な力は何もありません。

それどころか、まだ幼いので一人で食料を探すことも出来ず、敵が来れば容易に攫われ、何度も殺生丸に対する人質にされています。

なにせ、隙の無い殺生丸の、唯一の弱点とも言える存在なのですから。

 

それでも殺生丸は、彼女を厭うどころか、傍に置き続けます。

足手まといと分かっていても、それを責めるでもなく……。りんに出会うまでは、他人に無関心で、冷酷だった殺生丸。

しかし、りんを傍に置くようになってから、少しずつその心に変化が現れ始めます。

 

分かりづらいけれど、りんを始めとする他人を気にかけ、優しさを見せるようになったのです。

そして、まだ幼いりんを気遣い、彼女の心身を護り続けます。

彼女を人間の世界に戻そうとする法師と出会った時も、どちらを選ぶか、りん自身に選択させようとします。

自分の考えよりも、りん自身の気持ちを優先させる……そして、りんの望みはいつも、殺生丸と邪見と共にあることでした。

初登場時の、人間を小馬鹿にしていた彼を思うと、驚くほどの変化です。

 

誰より強大な力で、か弱い人間のりんを守護する殺生丸。

誰よりちっぽけで弱いけど、その無邪気さで殺生丸を変えた、りん。

異なる存在だからこそ、互いに無いモノを補い合える……そんな二人なのだと思います。

 

支え合う対等な前述のペアと違い、殺生丸とりんは、一方的に庇護する関係。

 

でも、最初から誰より強かった殺生丸に必要なのは、

「共に戦える相手」

ではなく、

「庇護し、慈しみたいと思える相手」

だったのでしょう。

 

そんなところにも、前述のペアとの違いが見えて、面白いですね。

 

それぞれに魅力的な、三組のペア。

みんな違って、みんないい……。

そんな言葉を、思い出します。笑

 
スポンサーリンク