最強魔法少女決定戦!バトルロイヤル!!

昨今の魔法少女アニメの多さと設定の細かさには脱帽する一方で、結局誰が最強なの?という話はいまいちわからない所。

ここは独断と偏見で選んだ3組の魔法少女をバトルロイヤル形式で戦わせてみたいと思います。

また、それぞれの攻略法や試合結果がどうなるかを考えてみたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

歴代魔法少女アニメの中で最強キャラは?

歴代アニメ作品の中でも最強キャラはこちらの記事でご紹介しています。

 

しかし、気付けば魔法少女が1人もランクインしていませんでした。笑

そこで魔法少女の中で最強は誰なんだ・・・という疑問をここで解決してみたいと思います。

 

木之本さくら(カードキャプターさくらシリーズ)


©CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP
アニメ「カードキャプターさくら クリアカード編」より引用
 

まず、最強の魔力の持ち主と言ったら彼女しかいません。

多数のカードで魔法を扱う事ができ、CLAMPワールドに於ける最強の魔力の持ち主とも噂される、カードキャプターさくらの木之本さくら!!

 

しかし一方で圧倒的に経験不足で若干天然な所が弱点と懸念されてしまいます。

また、優しすぎる性格故に非情な決断が下せない、優柔不断になってしまう、という点が強大過ぎる魔力に見合わない未熟さも目立つのが弱点。

 

それでもバリエーション豊かな魔法のカード(作品によって、クロウカード、さくらカード、クリアカードと変わって行きます)を使いこなすセンスは天才的でし、こういった魔力系キャラにしては珍しく身体能力も恐ろしく高い強キャラである事に変わりありません。

攻略方法は、彼女自身に特別な魔法を使う力がないという点です。基本的に杖でカードの「封印解除(レリース)」を行わないと魔法が使えないというのは、付け入る隙がないわけではないという事です。

 

 

キュアブラック&ホワイト(ふたりはプリキュアシリーズ)


© ABC-A・東映アニメーション
アニメ「ふたりはプリキュア」より引用

 

二人一組での参戦となってしまいますが、プリキュアシリーズからは初代キュアブラック&ホワイトを推薦したいと思います。

彼女らの凄さは何と言っても熱き魂と拳(脚)です。魔法少女キャラなのに殆ど魔法が使えませんが、彼女らはそんなのお構いなし、力でねじ伏せます。

 

見た目的に筋肉がついているようには見えませんが、恐らく変身する事によって自然と強化系魔法が掛かっているのでしょう。

勿論、元々の格闘センスがあればこそ、ですが。魔法といっても、炎を出したり何かを呼び寄せたりするだけじゃないって事です。

 

身体強化も立派な魔法。

地味だし見えづらいけど。

 

彼女達もまた、未熟なポイントがあるのですが、二人一組扱いなので、そこは補えるでしょう。

反則じゃありません、二人で一組がデフォルトです。

コンビネーション技が強力なのは言うまでもありませんね。

 

ただ、身体強化特化型魔法少女なので、飛び道具やテクニカルな魔法を使われると分が悪いでしょう。

また、二人のうちどちらか沈んでしまうと難しいかもしれません。

なので、遠距離から妨害系の魔法や技を使って二人を分断させるように戦えば勝機は自ずと見えてくるでしょう。

逆に、彼女達の間合いとリズムにハマったら負けるしかありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

暁美ほむら(魔法少女まどかマギカ)


© Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS
アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」より引用

 

主人公鹿目まどかも、木之本さくら同様に強大にして強烈過ぎる潜在能力の持ち主ですが、如何せん実力が未知数過ぎます。

そこで代わりに推したいのが暁美ほむらです。

 

原作者やクリエイター側からの意見だと、彼女は魔法少女としては普通ぐらい、或いはとても弱いという評価が占めますが、それは彼女の魔法が1ヶ月ほどのタイムリープ、若しくは若干の時間停止しか使えず、一切の攻撃魔法を持たないから、との事です。

 

しかし、制限は大きいとは言え時間に干渉できる事を鑑みると寧ろ魔法少女としては非情に強力な部類だと思います。

加えて、使用する武器は多数の重火器。デザートイーグルからトマホークまで、文字通り一人軍隊。

時間に干渉し恐ろしい火力を持った彼女、どうやって攻略すれば良いのでしょうか。

 

時間干渉能力と重火器が彼女の最大の武器だとすれば、逆に言えば至近距離で一気に短期決戦を決めればワンチャン可能性があるのではないでしょうか。

マグナムからロケットランチャーまで扱えるとは言え、超接近戦でナイフや格闘術に優れている描写はありませんからね。

 


 

さて、この3組で行うわけですが、魔法の多彩さと魔力の強さに身体能力の高さまで組み合わさった木之本さくらが圧倒的優位とも言える、というのが筆者の意見です。

確かに杖でカードの封印解除(レリース)する必要があり、隙も大きいと思いますが、彼女は最新作クリアカード編でスヌーズという強制睡眠の魔法を使えるようになっています。

 

スヌーズは非情に強力なだけではなく、範囲も中々広いです。

また、強大過ぎる魔力を持つ彼女の強制睡眠に抵抗するのはほぼ不可能に近いと言えるでしょう。

スヌーズ以外にもお得意のフライト(飛翔)による空中移動、シージュ(包囲)、リフレクト(反射)、グラビテーション(引力)といったからめ手も非常に豊富。

 

カード自体の能力も勿論強力なのですが、これらのカードは同時に複数出せる、というのが強みです。

CLAMPワールド最強というのはやはり伊達ではありません。

 

今回はこの3組でしたが、他にも魔法少女の強豪は沢山います。

そもそも、プリキュアだけでも総勢55名(2018年6月時点で発表されている人数)居ますからね。

魔法少女、或いは魔法少女に類するキャラクターは果たして何名になるのやら。

 

そんな彼女らがアルティメットにバトルしたら、一体どんな結末が待っているのでしょうか。

魔法の種類は勿論、己の肉体を極限まで高めて使役する者も、様々な重火器を使いこなす者もいるわけですから、下手な男中心のバトルアニメよりもよっぽどエキサイティングな展開になる事は間違いないでしょう。

 
スポンサーリンク