声優の井上麻里奈さん。

なんだか、視聴する作品によく出演されているなあと、ある時に気付きました。

 

そう思うと「あ、このキャラクターも井上さんの声だったの?」と、気付くようになりまして……。

その役柄の幅広さに、感心しました。

クール少女から不安定キレキャラ、男装少女に小柄な少年まで。

改めて、ご紹介させて頂きます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

井上麻里奈さんが演じたキャラまとめ

「進撃の巨人」/アルミン・アルレルト

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
アニメ「進撃の巨人」より引用

 

僕が最初に認識した井上さんの担当キャラクターは、「進撃の巨人」の重要人物・アルミンです。

彼は可愛いくて小柄な、金髪の少年です。

主人公エレンの親友で、壁の中にいながら外の世界への憧れを強く持っています。

 

体力はありませんが、豊富な知識と判断力があり、機転が利きます。

彼の作戦は、何度も絶体絶命の仲間を救いました。

 

また必要ならば、自分や仲間を危険に晒す決断も出来る、強い心の持ち主。

人類にとって、いまや無くてはならない人物です。

 

 

「物語シリーズ」/老倉育

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

次に認識したのは、「物語シリーズ」の老倉育(おいくら そだち)さんです。

登場したのは「終物語・そだちロスト」。

 

彼女は、主人公である阿良々木暦(あららぎ こよみ)くんの元クラスメイト。

高校一年生の時、同じクラスの委員長でした。

長いグレーの髪をツインテールにした、キツい眼差しの女の子です。

 

しかし彼女は、初めて会った時から異様に暦くんに敵意を持ち、ことある毎に辛辣なことを言い、つっかかってきます。

老倉さんに嫌われる覚えの無い暦くんは、戸惑い困惑するばかり。

暦くんはそれを「他の教科はからっきしなのに、数学の成績だけ良いことが、同じく数学好きの彼女の勘に障るのでは……」と思っていましたが、それは違いました。

 

実は彼女と暦くんは、過去に二回も会っていたのです。

そして何を隠そう、暦くんに数学の面白さを教えたのが、幼い頃の育さんでした。

 

しかし暦くんは、彼女が本当に訴えたかったことに気付かず、老倉さんは救われませんでした。

彼女は暴力をふるう父親から助けて欲しいと、暦くんに遠回しなSOSを送っていたのです。

 

その後更に、再会した彼女に気づかなかったこと……。

色々な悲しみや辛さを、半ば八つ当たりのように暦くんにぶつけていたのです。

ある意味、全ての不幸を暦くんのせいにするという形で、彼に甘えていたのかもしれません。

 

そうでもしなければ、耐えられなかったのかも。

 

一年の時のある事件が元で、老倉さんは不登校になります。

そして三年生の秋。

彼女が登校してきたことで、暦くんは気付いていなかった真相に向き合うことになるのですが……。

 

久々に顔を合わせるなり、ヒステリックに暦くんを罵倒する老倉さん。

「お前が嫌い、嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い!!!!」

その激しさに、暦くんはタジタジ。

 

暦くんの恋人・ひたぎさんは激昂して老倉さんをぶん殴ったりと、大騒ぎに。

色々あって暦くんと級友は、老倉さんの母親の失踪の謎を探ることになります。

 

それは、更に辛い現実を彼女に告げることでもありました。

自分が老倉さんを、いかに傷つけていたか……それをようやく知った暦くんは、あえて事実を告げる役目を引き受けます。

 

しかし二人きりで会った老倉さんは、憑物が落ちたような穏やかな女の子でした。

「これが本来の姿なのだろう」と感じた暦くん。

普段の刺々しさと、終盤の穏やかな顔。

 

痛々しさを感じさせる老倉さんは、同時に幸せになって欲しいと思わせる、愛すべき人物でもあります。

ちなみに「そだちロスト」では主題歌も歌ったりと、大活躍。

危なっかしくも魅力的な、老倉さんの魅力に触れてみて下さい。

井上さんの熱演は、見事の一言です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「境界のRINNE」/真宮桜

©高橋留美子・小学館/NHK・NEP・ShoPro
アニメ「境界のRINNE」より引用

 

「境界のRINNE」では、主人公・りんねのクラスメイトである真宮桜ちゃんを演じている、井上さん。

老倉さんとは対照的に、どんな時にも動じないクールな女子高生です。

 

黒い髪を二本の三つ編みにし、ブレザーの制服、黒いハイソックス。

年相応の可愛い女の子ですが、実は幼い頃の経験から、幽霊が見えるという特異体質。

しかし、いちいち動じない強いメンタルの持ち主でもあります。

 

死神のような仕事をする、同級生のりんね……彼と出会い、何かと霊絡みの事件に巻き込まれる桜ちゃん。

しかし優しく親切な性格でもあり、困った人を助けたり、りんねに助言を与えたりと、さりげなく活躍しています。

 

また貧乏なりんねを気遣い、手作りのお弁当を差し入れすることも……。

りんねは「宝石箱だ」と涙を流して喜んでいるあたり、料理も上手と思われます。

 

またりんねを始めとする、複数の男性から好意を寄せられていますが……鈍感で、まったく気付かない一面も。

良くも悪くもテンションが一定なので、本音が読めないヒロイン……。

そんな、稀有なるーみっくキャラです。

「七つの大罪」/ジェリコ

(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪」製作委員会・MBS
アニメ「七つの大罪」より引用

 

そして最近「あ、この人も井上さん!?」と気付いたのが「七つの大罪」に登場するジェリコです。

彼女は若い女性ですが、リオネス王国の聖騎士を目指す見習い。

薄紫の髪に勝気な表情、少し厚めの唇。

 

自分を「俺」と呼ぶ男勝りですが、内面は純情で、仲間思いの一面もあります。

 

兄に認めて欲しい一心から男装をし、必死に騎士を目指すジェリコ。

最初は強がっていましたが、敵のバンに命を救われ、彼に恋心を抱くようになります。

何かと理由をつけて話しかけたり、旅についていったりと、健気なアプローチをするジェリコ。

 

しかしバンのほうは、彼女を「財布兼妹」のように思っており、異性として見てくれません。

幼い頃亡くした、実の妹と重ねているのかもしれませんが……。

 

そう、バンには心から愛する恋人・エレインがいるのです。

自分を庇って死んでしまった、彼女を蘇らせる……そのことを一心に願うバンの心には、他人の入り込む隙間がありません。

 

しかしジェリコは叶わぬ恋と知りながらも、バンを慕い、恋敵のエレインも見捨てません。

嫉妬の念から蘇ったエレインに攻撃されるも、誤解が解けた後はバンとエレインの危機に、二人を救おうと奔走します。

そのジェリコの姿には、エレインも「バン以外にも、優しい人間がいた……」と、涙を浮かべます(彼女は妖精族の姫君です)。

 

不安定ながら蘇ったエレインと、彼女と相思相愛のバン。

切ないながらも、そんな二人を傍で見守る、友人のようなジェリコ。

不思議な二等辺三角関係です。

 

勝気で意地っ張りだけど、本当は優しくて、ド根性がある……。

そんなジェリコは、とても魅力的な女の子です。

 


 

以上が変幻自在な声優・井上さんが演じた代表的なキャラクター。

今後も随時追加していきます!
 

 
スポンサーリンク