主人公たるもの、いろいろな試練が立ちふさがっても最後は勝利を手にするものです。

しかし中には、試練をものともしないほど強すぎる主人公たちもいるのです。

今回はそういった強すぎる主人公たち四天王を紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

主人公無双アニメの代表的主人公キャラ

ここでいう「強すぎる」とは、「その作品の世界の中で他の追随を許さぬほど突出した戦闘力をもつ」と定義することとします。

例えば、ドラゴンボールの孫悟空は、その気になれば星を破壊するほどの戦闘力を持っていますが、同等もしくはそれ以上の戦闘力を持つ敵や仲間が同作品内に多数存在するためここには含まれません。

 

ライナ・リュート(伝説の勇者の伝説)


(C)2010 鏡貴也/伝勇伝製作委員会
アニメ「伝説の勇者の伝説」より引用

 

最恐の魔眼「アルファスティグマ」を持つ彼は、どんな魔法も一度見ただけで上位互換して放つことができます。

しかしそれはあくまでも平常時の姿。

本当に恐ろしいのは彼が暴走した時です。

 

暴走した時は、普段の温厚な人格から破壊衝動の化身へと変わり、目に映るものを全て解析・分解してしまいます。

それは魔法だけでなく生物・無機物、とにかくあらゆるものを破壊しつくします。

 

彼自身がこの状態を忌み嫌っているため、暴走状態が頻繁に表に出ることはありませんが、仲間が傷ついたり、心に大きな負担がかかると、敵味方の区別なく暴走するのでかなり危険でしょう。

アニメでは出てきていませんが、原作小説では彼の力はさらに強力なものへと進化しますので、気になる方はぜひ原作小説もお読みください。

 

 

サトゥ(デスマーチから始まる異世界狂想曲)


© 愛七ひろ・shri・KADOKAWA カドカワBOOKS刊/デスマ製作委員会
アニメ「デスマーチから始まる異世界狂想曲」より引用

 

気が付いたら自分の会社で作っていたゲームの世界に入っていたというこの主人公。

本名は鈴木なのになぜかサトゥ。

最初に使ったアイテムの威力が強すぎて一話で一気にレベルが上がってしまいます。

 

オンラインゲームをやったことのある方ならわかると思いますが、ゲームにおいてレベルはまんま力の差に直結します。

低レベルの状態では高レベルの敵に傷一つ与えることはできません。逆に自分が高レベルだと低レベルの敵は一撃で倒すことができます。

 

アニメの中で出てくる強力な敵でレベルは50前後。対してサトゥのレベルはなんと310!もう次元が違いますよね。

敵がどんなに強そうでも、このレベル差があるのでサトゥが戦闘に参加している限りは安心してみていられます。

 

しかし、彼の仲間のレベルは10前後なので、そちらは見ていてハラハラします。

二期・三期とアニメが続くならば、いずれ彼が苦戦するような敵が現れるのが楽しみです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アインズ・ウール・ゴウン(オーバーロード)


© 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会
アニメ「オーバーロード」より引用

 

こちらの作品も、主人公が突如ゲームの世界に転送される異世界ファンタジーです。

こちらはレベル100がMAXですが、そもそもそのレベルについてこられるような敵が周りに存在しません。

 

そして何よりも特筆するべきはその風貌!

どこからどう見ても魔王です。

 

目の前に現れたら死を覚悟してしまうほど凶悪な見た目とそれに見合った実力。

ゲームで重課金したキャラクターのステータスがそのまま引き継がれているので、ゲームの世界の純粋な敵キャラたちが勝てるわけありませんね。

臣下として仕える守護者たちにも、アインズと同じくレベル100の者がいますが、同じレベル100でもピンキリのようで町では正体を隠し、漆黒の鎧に身を包んだ戦士モモンとして世のため人のために活躍していますが、そちらの姿でも世界最強クラスの戦士として名を挙げています。

 

強大な魔王アインズと勇敢な戦士モモン。

正義と悪、光と闇、両方の最強を手にしているなんて、世界を完全に掌握できてしまいますね。

 

 

サイタマ(ワンパンマン)


©ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部
アニメ「ワンパンマン」より引用

 

力の差とかいう次元を超えています。

これまで紹介してきたキャラクターたちは、使用する技が派手だったりはしますが、比較的敵を倒すまでに留まることが多い人たちでした。

 

しかしこのサイタマ、普通のパンチ一発で敵が爆発四散します。

手加減はおそらくできません。

彼の戦いにおいては、弱ければ爆散、強ければ戦闘不能、基本このどちらかしかありません。

 

どちらにせよ一撃で終わります。

 

彼の力はこの世界のトップクラスであるS級ヒーローが手も足も出なかった隕石でさえもたった一撃で破壊するほど。

どのくらい強いのかは、彼と同等に争える敵が存在しないためいまだ未知数です(少なくともアニメで放送された分については)。

「こいつ一人でいいんじゃないかな…」他のヒーローたちがそう思ってしまってもおかしくないぐらい一人だけ力がずば抜けています。

 

しかし彼も元々はただの一般人。

ヒーローとしての力を身に着けるまでには過酷な修業時代があったに違いない。

彼の頭は見事に禿げ上がっていますが、本人曰くそれは過酷な修業のストレスによるものだそうです。

 

一体どんな過酷な修業をして力を手に入れたのか、詳細はアニメを見て知ってください。

 


 

主人公の力が明らかに他よりも上回っていると、人生楽勝のような気がしますが、強者には強者の悩みがあるようです。

また、力が突出していても目標を達成するには力以外のものが必要であったりと、目指す方向によってはあまり役に立たなかったりもするようです。

でもやっぱり、主人公が無双していく姿って、ワクワクしませんか?

今後どのような主人公たちが生まれてくるのか、楽しみですね。

 
スポンサーリンク