今回は2018年冬クールで放送のアニメ「宇宙よりも遠い場所」についての情報をお届けします。

この作品に登場する三宅日向。

このキャラクターが毎話ぽろっとこぼす「自作の名言」があるのですが、これが意外と深い・・・。

そこで今回は井口裕香さん演じる三宅日向のキャラクターについて掘り下げていきます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

「宇宙よりも遠い場所」(よりもい)とは

オリジナルTVアニメーション『宇宙よりも遠い場所』PV

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

「宇宙よりも遠い場所」は2018年1月から放送された完全オリジナルアニメ作品。

「宇宙よりも遠い場所」の全てのひらがなをモジって「よりもい」という略称が付けられています。

「僕たちは友達が少ない」を「はがない」と略したあたりから、このような略し方はアニメ作品独特な風潮として根付いてきましたね。

 

「高校に入ったら何かを始める」と言う目標を持っていたにもかかわらず、ただ何となく過ぎていく日常になれきってしまって、怠惰に日々を過ごしているだけの主人公「玉木マリ」・・・愛称は「キマリ」。

 

玉木マリ


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

このキマリが100万円の入った封筒を拾うところから物語が大きく動き出していきます。

 

 

その100万円の持ち主こそが、南極観測隊に所属をし、そのまま戻ってこなくなってしまった母を持つ「小淵沢報瀬」。

キマリは周囲から「南極に行けるはずがない」とバカにされながらも、母親を探し出すために絶対に南極に行こうとしている報瀬に触発され、共に南極に行くことを決意します。

 

小淵沢報瀬


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

 

キマリと報瀬のコンビが南極に行こうと画策している中、とにかく資金を集めようとキマリはバイトを始める訳ですが・・・

そのバイト先で出会ったのが今回の記事で中心的に解説をしていく三宅日向です。

 

三宅日向

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

 

その3人の中に最後に加わるのが、5歳から芸能界で活躍しているためにプライベートで1人も友達が出来たことがない「白石結月」。

 

白石結月


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

 

普通に生きていれば絶対に繋がることがない4人なのですが、その4人を引き合わせたワードこそが「南極」。

つまり「宇宙よりも遠い場所」という作品は「女子高生 ✕ 南極」という想像も出来ないような2つのワードを掛け合わせ、その目標を実現させるために全力を出してぶつかっていく女子高生の青春アニメです。

 

女子高生が中心なので、様々な葛藤や・・・ぱっと見ただけでは分からないような「内側」を繊細に描いており・・・だけど最終的にはいつも背中を押してくれるような気持ちになる心が温まる作品です。

毎話毎話泣けてきます。

 

作品に対する僕の評価について、詳しくはコチラの記事をご覧下さい。

そんなド青春の感動作品の主軸をになう三宅日向選手。

魅力がたっぷりたっぷり詰まった気遣い屋。

ではでは、深ーくご紹介しましょう。



三宅日向とは


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

さてさて、そこで今回話題の中心に取り上げて行くのは三宅日向というキャラクター。

まずお伝えしたいのは、このキャラクターは井口裕香さんが声優を務めているということ

 

声優は井口裕香

井口さんと言えば「とある魔術の禁書目録」のインデックス役で有名。

本人のキャラクター同様、とにかく元気はつらつな声が特徴的な声優さんですね。

声を聴いただけで「あ、井口さんか」と分かる程の特徴的な声。

 

 

 

代表作はこんな感じ。

作品名 キャラクター
とある魔術の禁書目録 インデックス
true tears 安藤愛子
〈物語〉シリーズ 阿良々木月火
迷い猫オーバーラン! 梅ノ森千世
まよチキ! 近衛スバル
ノーゲーム・ノーライフ クラミー・ツェル

 

かなり似通ったキャラクターが多いですが、その中に「近衛スバル」というメンズ系の女子キャラクターを演じているのが印象的ですね。

 

「かなり似通ったキャラクター」というのは、どこかアホっぽい点。笑

まさに井口さんっぽいっていうか・・・ってめっちゃ失礼なんですけど。

可愛らしいアホさ加減っていうか、とにかくポジティブなアホさ・・・って何か泥沼にハマってしまってますね。

 

ただ、その中でも今回紹介する「宇宙よりも遠い場所」の三宅日向は一番井口さんっぽいキャラだと個人的に思っています。

 

三宅日向の中身

なぜ井口さんが三宅日向っぽいのか。

それは、とにかく居るだけで周りを明るく照らしながらも、どこか常に俯瞰的に物事を捉える癖があり、明るさとは裏腹にもの凄く現実を見ている感じがするところ。

 

井口さんって何かアホっぽい・・・という印象が強いですが、あのアホさは周囲の空気を察知するがためのものだという印象を受けます。

周りを明るくするには「自分が笑うのが一番」ということをすごく理解しているというか・・・それでいてアホなことをしながら周りをしっかり見ていて、必要な行動を必要な時にサラッとする印象があります。

 

だから明るいテンションで現実感たっぷりのコメントをしたりする瞬間がある。

そのギャップに一瞬ついて行けない時もあります。笑

 

頭が自然と回転してしまうような「スゴイ賢い人」なんだろうな、って個人的には思っています。※会ったことはないので実際のところは全然全く分からないですが。

 

だから多分「井口さんはアホ」とだけ思っていると、突然訪れる現実味溢れるシビアなコメントに度肝を抜かれてしまいます。

その雰囲気を全面に持っているのが三宅日向というキャラクター。

と、勝手に思っています。

 

2次元で作られた高校生版の井口裕香、それが三宅日向。笑

 

こちらのインタビューで「宇宙より遠い場所」に出演している井口さんと早見さんが作品について語っているのですが・・・

その中で『三宅日向を「〇〇可愛い」で表現すると〇〇には何が入るか』という質問を受けます。

そこで2人は「ひまわり可愛い」を三宅日向に贈ります。

 

「ひまわり可愛い」の言葉が出るまでには早見さんのこんなコメントがありました。

日向ちゃんとキマリちゃんが特になんですけど、こういう高校生いるな〜って感じなんですよね。日向ちゃんはすごくいる感じがして、リアルな高校生感があるんですよ。ハッピーなときはハッピーなんだけど、実は深く考えていて、それを垣間見せてくれるところが、高校生ってそうだよな!って。わりと私は日向ちゃんに一番共感しました。

(中略)

報瀬ちゃんとキマリちゃんも、わかりやすいかわいさがあるんですよ。報瀬ちゃんはダメダメだけど、意志が強い頑固さがかわいいなって思ったり、キマリちゃんは言葉の感じやリアクションがめちゃめちゃかわいい。そういうのとは違うひまわり感? 等身大感が日向にはあって、それがすごくかわいいんですよね。
インタビュー引用

 

「ひまわり可愛い」・・・うん、僕はまさにその言葉を井口さんに贈ります。笑

 

 

スポンサーリンク



 

 

日向は高校に行っていない

ここまで触れて来ませんでしたが、日向は高校に通っていません

おそらく通信高校とかにも通っていなくて、大学を受験するための試験を取得しようとしていると言っていました。

 

高校に通いながらも勉強をサボっているヤツなんかには負けない・・・自分が大学に受かったときに「ざまあみろ」って言ってやる・・・という思いを秘めていて、それが当面の目標だとキマリ達と知り合った際に明るく打ち明けていました。

「ざまあみろ」は「よりもい」の代名詞的な台詞。

 

詳しくはコチラの記事をご覧下さい。

 

 

「高校に通っていない」ということをキマリと報瀬に打ち明けているシーンは印象的でした。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「中にはいるんだよ。
高校行ってない16歳だって」

 

多分、「よりもい」の2話を見た人ならば、印象に残っている人が多いと思います。

 

いつも明るくて、何でも悩みなんて吹っ飛ばしそうなイメージが強い日向なのに、このセリフを言うときだけ少しだけ陰を見せます。

実際、このセリフは演出の人も力を入れていたようで、アフレコは何度も取り直しをしたそうです。

 

先ほど紹介したインタビューの中でもその内容が語られています。

 

そこは何度も録り直しました(笑)。

最初、努めて明るくしようとしていたんです。でも、「ちょっと淡々と」っていう演出があって。そこをどうしても、でも元気なんだよって繕っている感じでやってしまったんですね。

でもここは、本音をちょっと出してっていうところで。
インタビュー引用

 

これが三宅日向の魅力であり、井口裕香の魅力であると僕は思います。

すごく自分のことを俯瞰して見ていて、自分の立場をよく理解しているからこそ「中にはいるんだよ。高校行ってない十六歳だって」というセリフを淡々と、冷ややかな声で言葉に出したのだと思うんです。

 

つまり、日向の明るさはどこか演じていて、どこか努めて明るくしているところがあるってこと。

日向から感じる天真爛漫な印象は、そうした方が周囲を明るく出来るからしているってこと。

 

コレって、誰もが分かっているけど実際に行動に移せる人はほぼいない事だと思います。

極めて賢く、そこにエネルギーを使うことを厭わない人しか出来ない事。

とても人の気持ちを考えていて、物事を俯瞰してみれる人しか出来ない芸当です。

 

だから、日向は「よりもい」の中では物語を進める進行役。

最初、進行役は報瀬の印象が強いです。

南極に最も行きたい張本人ですし、スラッとした美人で何でも出来そうな印象を与えるから。

 

しかし、実際のところは相当なバカで、しかも都合の悪いことを他人に押しつけるという愛すべき駄目人間。笑

案の定、リーダーを解任される描写もありましたね。笑

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「緊急動議、
小淵沢報瀬のリーダー解任を要求します!」

 

まあ、でも報瀬はぶっとんだ意見や考えを持ってくるのでリーダーとしては合っているのかなあ・・・とひっそり思っています。

その解任を申し渡したキャラクターこそ日向でした。

ものすごいスピード感で解任を決定していましたが・・・。笑

 

着々と物語が進行している裏側には、いつも日向の突っ込みや軌道修正があります。

 

 

だからこそ、6話で見せた報瀬とのやりとりは痺れました。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

周囲をよく見て、最も大人びた対応を心がけ、周囲に気を遣わせないように自分がMAXで気を遣う日向。

日向が周囲に気を遣わせたくないのは、過去に部活でトラブルがあったからだと報瀬に告白。

 

しかし、報瀬嬢は踏み荒らされたくない日向の心の領域に土足で進入します。

報瀬嬢らしい直球のドストライクで。

詳しくは第6話のレビューをご覧下さい。

 

 

からの、第11話での「ざけんなよ」シーン。

第11話では日向の抱えるトラウマの全貌が明かされました。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

周囲に気を遣わせたくないから、自分自身が最大限に気を遣おうとする日向。

そんな日向にぴったりなのが、何でもド直球の報瀬嬢。

このコンビが作中で繰り広げるやりとりは、笑えるし、めっちゃ泣けます。

 

ちなみに第6話での名シーンも、第11話での名シーンも、先ほど紹介した「名シーンランキング」に記載していますので、お時間があれば是非ご覧下さい。

 

さて、日向(井口さん)の魅力は伝わったでしょうか。笑

そんな日向が毎話出してくる「自作の名言」があるんです。

日向というキャラクターを知ってみると、ちょっと興味が湧きませんか?

 

ここからはその名言をまとめています。

 

 

三宅日向の名言

 

第2話の名言


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「引き返せる内は旅ではない。引き返せなくなった時に、初めてそれは旅になるのだ。」
 by 三宅日向「宇宙よりも遠い場所」第2話より引用

 

これは報瀬のはちゃめちゃな計画を聴いた後で、キマリとちょっとだけ作戦会議した際にでた言葉。

うーん、なかなか的をえているというか、個人的には結構好きな言葉。

 

「旅」・・・ここでは「新しいこと」や「計画」を揶揄していますが、何をするでもそこには「記憶」が関係してきます。

「記憶」の中に存在するこに対しては安心感が常に寄り添ってくれます。

しかし、「記憶」にないことをする際には常に不安が付きまとい、なかなかやる気が起きません。

それこそ、やろうとしてもギリギリ引き返せるラインで辞めてしまう人が多いです。

 

その壁を変えてこそ、新しい幕が開け、新たな経験を積むことが可能に。

だから僕は「不安を感じる事に安心せよ」をモットーにしています。笑

 

不安を感じるって事は自分が新たな場所へ行こうとしている時ですからね、つまり成長する時。

それが無くなったら人生終わりだと思っているので。

だから日向の第2話の名言はかなり好きなんです。

 

 

第3話の名言

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「思いの強さとわがままは紙一重である」
by 三宅日向「宇宙よりも遠い場所」第3話より引用

 

これも深い。笑

人間って「わがまま」な印象を持たれることを最も避けたいって思いますもんね。

日本人は特にその傾向が強いんじゃないかな・・・。

 

だから、その「わがまま」を肯定する第3話の名言もおじさんは結構好き。

「思いの強い人」には憧れるけど、「わがままな人」には絶対になりたくない日本人だからこそ、第3話の名言は忘れないでおきましょう。

 

「思いが強く、わがままではない人」なんて、いくつもの試練を乗り越えた人格者にしかなり得ない人間像です。

だから、無理。笑

あきらめて、何かを成し遂げたいなら、リーダーとして引っ張っていくなら、「わがまま」だと思われることを恐れないことが大切。

肝に銘じておきましょう。

 

 

第4話の名言

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「空にある星が全てと思うなかれ」
by 三宅日向「宇宙よりも遠い場所」第4話より引用

 

これはさすがに微妙な名言でしたね。笑

第4話の中で合宿をしているのですが、そこで見上げた夜空にある星を見つめて放った言葉。

こんなやり取りがあって・・・本人も微妙な名言だと認めていました。

キマリ:「日向ちゃんの言葉でしょう。」

日向:「ちょっと出来悪かったなあ・・・」

 

 

第5話の名言

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「人には悪意があるんだ。悪意に悪意で向き合うな。胸を張れ。」
by 三宅日向「宇宙よりも遠い場所」第5話より引用

 

嘘の噂を流されてご立腹な報瀬嬢に、日向大菩薩が告げた名言。

報瀬嬢はホントにしつこいですからね。笑

 

しかし報瀬だけではなく、この名言は多くの人の心に刺さったはず。

悪意が起こす負の連鎖には、感謝で起こす陽の連鎖で対抗するのが最も良い方法。

それに、報瀬達は何か悪い事をしているわけではないですからね・・・堂々としていれば良いだけの話。

 

日向はこの名言を告げた後、話せる仲間がいるんだから・・・という話もします。

そしてカラオケに行って報瀬嬢がご乱心遊ばされるわけですが。笑

 

 

第12話の名言

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

「何かをするのが思いやりではない。何もしないのも思いやりである!」
by 三宅日向「宇宙よりも遠い場所」第12話より引用

 

この名言は第12話にて、母の行方が分からなくなった地点に向かうかどうか・・・迷っていた報瀬を気遣った名言。

実際、放っておいてあげたことで報瀬は吟隊長と1対1で話をする事ができ、「小淵沢展望台」へむかう事を決意します。

 

そして、到着した後は報瀬のために基地中を走り回る。

「思いやり」のバランスが見事な3人の素敵なシーンですね。

 


 

さて、今回は「よりもい」の三宅日向というキャラクターについて語らせていただきました。

少しでもその魅力が伝わったのなら嬉しいです。

そして、この記事を読んだなら、是非とももう1度「よりもい」を見て、作品の中の些細なシーンを見返してみて下さい。

演出や声優さんの細やかな心を感じ取れますよ。

 

「よりもい」はかなり情熱を込めて、大切に制作されている作品。

その質の高さを感じて下さい。

 

最後に・・・あなたに見ていって欲しい記事が2つあります。

 

1つは「宇宙よりも遠い場所」の名シーンランキング。

 

そしてもう1つは「宇宙よりも遠い場所」の評価が高い理由。

 

是非、もう少しだけ「よりもい」の世界に浸っていってください。

 
スポンサーリンク