アニメーションに欠かせないもの……その一つが、作品のオープニング、及びエンディング映像です。

たった数分で、作品の世界観や内容を紹介する、一つの作品とも言うべきもの。

曲と映像がそれぞれ素晴らしいのは勿論、その二つがピッタリとリンクした時の感動は、鳥肌が立つほどです。

 

 
スポンサーリンク
 

 

私にとって、特にオープニング映像は重要で、それを目当てに見始めた作品も多くあります。

今回は、星の数ほどある素晴らしい映像の中から、個人的なイチ推しをご紹介させて頂きます。

なお、もちろん個人の趣味によるセレクトですので、その点ご了承の上お読みください。

きっとこの世にはまだまだ、私が知らない素晴らしい映像があるとは思いますが……。

 

ご紹介するものは、レンタルDVDやネット上で、今でも視聴出来るモノばかりです。

 

 

渋い・アニメとは思えない部門

それでは、まず「渋い・アニメとは思えない部門」から。

 

思い浮かぶのは「十二国記」です。

アニメらしくない、版画を思わせるタッチの絵が次々と表示され、作品世界が紹介されていきます。

重厚な音楽と相まって、アニメの始まりというよりは、大河ドラマのオープニングを見ているような感想。

 

しかし、それが作品の内容にとてもよく合っています。

ちなみに十二国記は、エンディングも秀逸です。

「月迷風影」という楽曲が素晴らしいのは勿論、流れる映像は、ひたすら走る馬車と、移り変わる景色のみという渋さ。

天気が変わろうと場所が移ろうと、ひたすら走り続ける馬車は、何かを暗示しているようにも思えます。

「この体朽ちても きっと走り通す」というフレーズが印象的な、大好きなエンディング曲です。

 

 

個人的には「BLOOD+」(ブラッドプラス)の第二・第三オープニングも、この系統だと思います。

そもそもこの作品と出会ったのは、何気なくつけたテレビに映った第二期オープニング映像がキッカケでした。

本編と異なるタッチの、謎を散りばめた、大人っぽい映像。

そして、HYDEさんの曲とピッタリとリンクする、映像の動き。抑えた色調が美しく、何度も見たくてDVDを購入してしまいました。

 

また第三期オープングも、系統の違う大人っぽい絵柄で好きでした。

良い意味でアニメっぽくない、手描きを思わせるタッチが……。

ただし、絵柄が本編とはかなり異なるので、初めて見る人は戸惑うかもしれませんが……。

疾走感のある楽曲も好きでした。

もう十年ほど前の番組ですが、印象深いです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

忘れてはいけないのが、「鬼物語」のオープニング。

切り絵を思わせる独特の絵が動き、重厚な音楽(ほぼボーカルなし)が流れます。

本編の可愛らしい萌え絵とのギャップもあり、また、忍ちゃんの過去を描く内容とのリンクが見事でした。

ヒロイン役の声優さんが主題歌を歌うことが多い「物語シリーズ」の中では、かなり異色なオープニングです。

 

 

ドラマチックで動きが良い部門

さて、次は「ドラマチックで動きが良い部門」です。

まずは、かなり前の作品ですが「スクライド」のオープニングを推したいです。

かなり漢臭い、バトルを前面に出した導入部分……イントロから、ぐっと作品世界に引きずり込まれました。

次々に現れるレギュラーメンバーと、曲に乗せて流れていく情景。

個人的に主人公のライバル・劉鳳(りゅうほう)のアルターの動きが好きでした。

懐かしい……。

最後まで駆け抜ける、力強いオープニング映像です。

 

 

比較的最近のものでは、「幼女戦記」のオープニングを推します。

激しい曲「JINGO JUNGLE」に合わせて、流れるように展開する映像。

主人公・ターニャのえげつない表情と合わせ、どこか中毒性のある映像でした。

主題歌が耳に残り、一時期繰り返し聴いていました。

 

 

次は、これまた懐かしの作品「犬夜叉」です。

複数あるうち、Every Little Thingの楽曲「Grip!」のものが一番好きです。

 

「やって来たぜ、戌の刻!」という、主人公の口上から始まるこのオープニング。

主人公チームの紹介から始まり、順に紹介されるレギュラーメンバー達。

そして、ちょうどサビに合わせて地面を割って登場する、強敵「七人隊」のメンバー。

それぞれ武器を構え、見得を切るのがカッコイイです。

 

そして主人公と、敵の首領の一騎打ち。動く度に風切り音など、効果音が入っているのが、ひと昔前の番組という感じで懐かしくて好きです。

今はあまり、効果音入りのオープニングは見ない気がするので……。前向きな楽曲も含め、アクションあり日常風景あり、満足度が高い映像だと感じます。

 

 

あとは、「魔術士オーフェンRevenge」も!

正直、第一シリーズは原作とかけ離れていて、あまりツボにこなかったのですが……第二シリーズにあたるこの「リベンジ」は、軽快な曲に合わせた主人公のアクションがカッコよく、どこか明るさもあって、今でも好きです。

「こけさせて踏みつける」という、基本のアクション型式をちゃんと踏襲してくれていますし……。

主人公のオーフェンだけではなく、連れのマジクやクリーオウも活躍していて、そこもお気に入りです。

 

 

「天上天下」のオープニングも、かなり動きが良くて好きでした。

原作漫画のカットを使った導入から始まり、「Bomb a Head!」という曲に合わせて動きまくるキャラクター達が、今見ても軽快です。

 

 

しっとりムーディ部門

最後は「しっとりムーディ部門」。

これまた、かなり懐かしい作品ですが……「ロードス島戦記」のオープニングを。

主題歌「奇跡の海」の、どこか異国を思わせる曲に合わせて流れる、鮮やかな色彩の映像。

 

なんともいえず大人っぽくて、ドキドキしました。

これまた、良い意味であまりアニメっぽくない映像でした。遠大な神話を思わせる、歌詞もとても好きでした。

この記事を書く前に久々に聴いたら、やっぱり美しい曲でした。

 

 

ぱっと思いつくものだけでも、けっこうな数になってしまいました。

きっと忘れている、素晴らしい映像がまだまだあると思います。そんなオープニングをキッカケに、作品を視聴するのも悪くない……そんなふうに思います。

冒頭でもお伝えしたように、オープニング・エンディングは、それ自体が一個の物語のような、素晴らしい作品ですから。

 
スポンサーリンク