現在、大人気放映中のアニメ「ポプテピピック」。

人気の理由はいくつもあります。

その中の一つが「声優」。

 

何とポプテピピックでは主要キャラの声優を毎回変えるという禁じ手を施し。

しかも男性女性関係なく、新人からベテランまで、豪華メンバーばかり!

 

話数ごとに、担当した方をご紹介させて頂きます。

今回は九話目。

 

 
スポンサーリンク
 

アニメ「ポプテピピック」第九話Aパートの声優

第九話目のAパートで主人公達を演じたのは、

ポプ子=中村繪里子さん
ピピ美=今井麻美さん

でした。

声優二人の共通点

「ザ アイドルマスター」や「恋と選挙とチョコレート」等で、度々共演されています。

 

声優・中村繪里子さんについて

声の特徴 少し幼い感じの、可愛らしいお声です。
可愛くてお茶目で、好感度が高い声だな、と。
代表作 「ザ アイドルマスター」の天海春香や、「恋と選挙とチョコレート」の中津川初役等が有名です。

 

声優・今井麻美さんについて

声の特徴 少し大人っぽい、落ち着きのある声です。
可愛いけど、クールで優しいお姉さんっぽいというか。
今回のピピ美ちゃんにも、ピッタリなキャストかと。
代表作 「ザ アイドルマスター」の如月千早や、「シュタインズゲート」の牧瀬紅莉、「恋と選挙とチョコレート」の森下未散等が有名です。

 

アニメ「ポプテピピック」第九話Aパートポプ子、ピピ美の感想

お二人とも役と同じ女性なので、違和感がなかったです。

可愛い声だし、中学生として自然に感じられて……。

 

逆に言えば、Bパートに比べてソツが無い感じで、面白味は少ないかな……?

 

この感覚は、かなりおかしいとは分かっていますが……(笑)。

もはや、マトモだと物足りないという……。

第一話(渋い成人男性)や第三話(フリーザとセル)などのインパクトが、強すぎたのでしょうか?

 

今回のポプ子ピピ美は二人とも可愛くて、声が高くて、普通の萌えアニメキャラクターのようでした。

河原のシーン。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

「私が世界でたった一人、ポプちんの味方だったら……?」と、破壊力のあるイケメンぶりを披露した、ピピ美。

「ピピ美ちゃん~!!」と泣いて喜ぶ、素直で可愛いポプ子。

お声のせいか、今回は特に愛らしく好感度が高かったように思います。

 

メイン話「奇跡とダンスを」では主人公の少年が中心で、あまりポプ子とピピ美の台詞が無かったのは残念でした……。

洋画パロディが盛り沢山で、楽しかったですけど。

「ターミ〇ーター」的なエキストラとか、「ゴーストバス〇ーズ」的なポプピピの恰好&行動など、パロディの元ネタを探すのも面白かったです。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

私自身はあまり洋画に詳しくないのですが、もし知識があれば、更に面白かっただろうなあ……と、少し残念に思いました。

浅い知識でも、ちゃんと楽しめましたけれど。

それにしてもニューヨークの地下鉄や公園、自由の女神など、風景が緻密だなあと感心しました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アニメ「ポプテピピック」第九話Bパートの声優

第九話目のBパートで主人公達を演じたのは、

ポプ子=斉藤壮馬さん
ピピ美=石川界人さん

でした。
 

声優二人の共通点

「残響のテロル」や「境界のRINNE」「ハイキュー!!」等で、度々共演されています。

 

声優・斉藤壮馬さんについて

声の特徴 それほど低くなく、若さと爽やかさを感じる、青年らしいお声です。
「境界のRINNE」の架印先輩の、生真面目そうな演技が声に良く合って、印象に残っています。
代表作 「ハイキュー!!」の山口忠や「境界のRINNE」の架印先輩、「残響のテロル」のツエルブ⁄久見冬二。
また「活劇 刀剣乱舞」の鶴丸国永が有名です。

 

声優・石川界人さんについて

声の特徴 低くて力のある、男性らしい声です。
「境界のRINNE」の
「真宮桜ー!!」
という、ヒロインを呼ぶ時の力強い演技が印象的です。
代表作 「イナズマイレブンGOギャラクシー」の瞬木隼人、「残響のテロル」のナイン⁄九重新、「境界のRINNE」の主人公・六道りんね。
「ハイキュー!!」影山飛雄の役も有名です。

 

アニメ「ポプテピピック」第九話Bパートポプ子、ピピ美の感想

Aパートに比べると、お二人とも若いとはいえ男性なので、女子中学生の役としては違和感満点でした。

もちろん第一話(江原・大塚ペア他)に比べれば、ずっと爽やかでしたけど……。

 

カッコイイ声の斉藤さん、クールな声の石川さんなど、違和感は少ないです。

男性の友人同士のような、親密で自然なピピポプを演じたお二人。

映像を見ないと、ポプテピとは異なる作品を観ているようでした。

 

「奇跡とダンスを」の劇中では、マグロ解体シーンで見事なラップを披露してくれたり。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

可愛らしいAパートとはまた異なる、ちょっとヘンテコで、でも爽やかで、おかしみのあるポプテピでした。

 

それにしても……声優ネタではありませんが、嘘予告の「星色☆ガールドロップ」も、もう9回目。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

本編は存在しないのに、予告を見ると大体ストーリーが把握出来るという……こちらも、かなり内容が進展していますね。

最終回まで、あと少し。

 

本編も、そして「星色☆ガールドロップ」も、どんな終わりを迎えるのか……。

終わりが見えて、ゴールまで残り少なくて。

なんだか寂しくなってきました……。

 
スポンサーリンク