「リストランテ・パラディーゾ」というアニメをご存知でしょうか。

オノ・ナツメさんの同名漫画が原作で、持ち味を残したまま、見事に映像化しています。

私はもともと原作ファンでしたが、アニメ版も大好き。

素敵な音楽と、あっさりした絵柄。

そして出てくるのが、枯れた素敵なおじさま達と居心地の良い空間、美味しそうなご飯なのです。

 
スポンサーリンク
 

 

今回は、そんな本作の魅力をご紹介させて頂きます。

未見の方は、これをキッカケに興味を持って頂けると良いのですが。

ちなみに全11話、2009年に放送されました。

 

主題歌は「オレンジペコー」が担当し、とても合っていました。

DVDも発売しており、オーディオドラマにもなっています。

もちろん、原作漫画もオススメですよ。

 

 

「リストランテ・パラディーゾ」のあらすじ


オノ・ナツメ/太田出版・リスパラ製作委員会
アニメ「リストランテ・パラディーゾ」より引用

 

主人公のニコレッタは、イタリアに住む若い女の子。

彼女が祖父母と暮らす田舎から、ローマに来たのには訳がありました。

 

それはローマに住む母親と、その再婚相手に会うこと。

 

母親は「再婚相手が、子持ち女性は嫌だと言うから」という理由で娘を親に預け、今の夫と結婚したのです。

「母親は自分を捨てた」と恨むニコレッタは、義理の父親に会い、自分という娘の存在を暴露するつもりでした。

 

やって来たのは、母の再婚相手・ロレンツォがオーナーを務めるリストランテ。

人気店で、いつも予約でいっぱいです。

そしてなぜか、働いているのは素敵な老紳士ばかり……。

 

美味しいお料理、行き届いたサービス。

そして、対応してくれた老紳士・クラウディオの優しさ。

この店とクラウディオに惹かれたニコレッタは、自分の存在を暴露しない代わりに、店で働けるよう母のオルガに掛け合います。

 

こうして、「リストランテ・パラディーゾ」の見習いスタッフになったニコレッタ。

老眼鏡紳士限定の店なので、お客の前には出られませんが。

彼女の目から見た母とオーナー、店のスタッフ。

 

そして、お客との人間模様。

クラウディオに惹かれていくニコレッタの気持ちと絡めて、穏やかに鮮やかに、描かれていきます。

 

 

「リストランテ・パラディーゾ」の感想と魅力

主人公のニコレッタは、前述の通り行動力のある女の子。

 

オノ・ナツメ/太田出版・リスパラ製作委員会
アニメ「リストランテ・パラディーゾ」より引用

 

母親へ複雑な気持ちはあっても、真っ直ぐ素直な気性の持ち主です。

短い赤毛に、クリッとした目。

金髪碧眼の母親とはあまり似ていないので、母子だとバレずに済んでいます。

 

そしてキッチンスタッフとして働き始めた彼女は、クラウディオにどんどん惹かれていきます。

父親どころか、祖父のような年のクラウディオ。

 

オノ・ナツメ/太田出版・リスパラ製作委員会
アニメ「リストランテ・パラディーゾ」より引用

 

しかしニコレッタはすぐ気持ちを打ち明け、あまつさえ、勢い余って押し倒したり……。

若い娘の真っ直ぐな好意に戸惑い、さりとて応える訳にもいかず、オタオタするクラウディオ。

 

そして、ニコレッタの母親のオルガ。

幼い娘を親に預けて再婚したり、娘の存在を夫に伏せていたり、一見酷い女性に見えます。

 

しかし彼女も、決して悪い人間ではありません。

家庭と弁護士の仕事を、いつも全力で頑張る彼女。

売れっ子弁護士で多忙な為、なかなか娘に会いに行けなかったのです。

明るく無邪気な性格で、夫や店のスタッフに大切にされています。

 

店に来る母親とスタッフとして接するうちに、ニコレッタのオルガへの印象は、少しずつ変わっていきます。

そしてオルガも娘を気にしながら、どう接して良いのか戸惑います。

 

手探りながら一緒にお茶をしたり、忙しい仕事の合間に、プレゼントを買いに行ったり……。

そして母と娘には「老眼鏡紳士と、美味しいモノが好き」という共通点が……。

二人を見守るロレンツォも、良い味を出しています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

リストランテのオーナーであり、オルガの夫であるロレンツォ。

 

オノ・ナツメ/太田出版・リスパラ製作委員会
アニメ「リストランテ・パラディーゾ」より引用

 

熊のような、髭面でガタイの良い男性です。

のんびり優しく、物腰穏やか。

 

そして、妻のオルガを大切にしています。

「子持ち女性は嫌」というポリシーには、彼自身の境遇が影響していて……。

しかし異父兄のジジを大切にする、優しい弟でもあります。

 

そして、ニコレッタに想いを寄せられるのがクラウディオ。

お店のカメリエーレ長、つまりホール責任者です。

穏やかで優しく、思いやりがあって、気配り上手。

 

枯れた色気に紳士的な物腰で、お客にもファンが多いです。

それゆえ、無自覚に周りの女性を魅了してしまう罪作りな面も……。

 

しかし、少し気弱で押しに弱い面もあります。

ニコレッタの告白に戸惑いながら、優しさ故に、強く拒絶することが出来ません。

 

また別れた妻・ガブリエラを、まだ思い切れない描写も。

はっきりしたニコレッタやガブリエラに比べると、些か頼りない印象の彼。

だからこそ女性達に、迫って困らせてみたいと思わせるのかもしれません。

 

そして、オーナー・ロレンツォの兄である、ソムリエのジジ。

 

オノ・ナツメ/太田出版・リスパラ製作委員会
アニメ「リストランテ・パラディーゾ」より引用

 

無口だけどどこか可愛いく、無表情ながら美味しそうに賄いを食べる姿に、キュンとします。

 

そして、意外と観察眼が鋭い彼。

時々核心を突く発言で、ニコレッタや視聴者をドキリとさせます。

仕事に対する姿勢も確かで、相手をよく観察して、その時の気分に合ったワインを選んでくれます。

 

仏頂面で気難しいのは、同じくカメリエーレのルチアーノ。

小言が多く一見取っ付きにくいですが、実は情に篤い人物です、

亡き妻を今も愛しており、娘や孫も大切にしています。

 

もちろん、店の仲間達も。

少し後退したオデコが、チャーミングです。

 

美味しい料理を生み出すのは、シェフのフリオ。

にこやかで気さく、彼の料理教室はご婦人方にいつも大人気。

しかし若い頃は、今と違いクールで、近寄り難い性格でした。

 

その間に何があったのか、想像を掻き立てられる人物です。

ちなみに、愛妻家。

 

ヴィートはスキンヘッドに逞しい体格の、陽気なスタッフです。

女性が大好きで社交的ですが、パートナーがいる時は絶対浮気しないという、固いポリシーの持ち主。

女子大学生の奥さんと出会ってからは、彼女と仲睦まじく暮らしています。

運動好きで、夫婦揃ってサイクリングしたりと、リアルも充実。

 

もう一人のシェフは、最年少男性スタッフのテオ。

ガッシリした体格で無口、男らしい人物。

しかし料理への姿勢は真摯で、見た目からは意外ですが、繊細で美しいドルチェを作り出します。

年若いだけに他のスタッフのような余裕はありませんが、その荒削りな部分こそ、がテオの魅力なのかも。

 

スタッフは皆、ニコレッタの働きぶりをさりげなく見守っています。

そこには、年経たからこそ出せる気配りや余裕、優しさが……。

孫を見守るお祖父さんのようでいて、不思議な魅力や色気も持っている。

 

私もこんなお店に行きたい、そして行き届いたサービスを受けて、美味しいお料理を食べたい!

そんな気分にさせられる、素敵な物語です。

 
スポンサーリンク