春に見たくなるアニメ……まだ少し早いですが、明るく暖かい季節を感じるアニメをご紹介します。

風はまだ冷たいけれど、これらを見ながら一足早く春を感じるのも、悪くないかもしれません。

 

 
スポンサーリンク
 

 

四月は君の嘘


新川直司/講談社・「四月は君の嘘」製作委員会
アニメ「四月は君の嘘」より引用

 

春といえば、この作品。

タイトルにもある通り、物語の開始は桜が満開の四月。

主人公は母の死からピアノが弾けなくなった、元天才少年の有馬公生。

 


新川直司/講談社・「四月は君の嘘」製作委員会
アニメ「四月は君の嘘」より引用

彼が出会ったのは、奔放な性格のバイオリニスト・宮園かをり。

 


新川直司/講談社・「四月は君の嘘」製作委員会
アニメ「四月は君の嘘」より引用

彼女と出会い、翻弄されるうちに、公生の人生は鮮やかに色づき始めます。

友人と、ライバルと、そしてピアノと、新たな気持ちで向かい始める公生。

それは、型に嵌まらず楽しみながらバイオリンを弾く、かをりの姿に影響されたから。

 

亡き母の友人の元で、再びピアノを弾き始めた公生。

やがてかをりへの恋心を自覚しますが、彼女が好きなのは友人の亮太だと知っている為、気持ちを伝えることが出来ません。

そんな彼の姿に、動揺する幼なじみの椿ちゃん。

 

しかしある時から、かをりの体調に異変が起きます。

以前から度々不調を見せていたかをりの体調が更に悪化し、入院することに。

容態は悪く、公生は母のようにかをりが居なくなるのではないかと、深い恐怖に囚われてしまいます。

 

そして、避けていた手術を「もう一度、公生と演奏がしたいから」と受けることを決意した、かをり。

彼女の手術は、奇しくも公生の東日本コンクールと同じ日でした。

心身共に最悪なコンディションながら、かをりへの想いを込めてピアノを弾いた公生。

 

この場面は圧巻。

 

生き霊なのかイメージなのか、公生が傍でバイオリンを演奏するかをりの存在を感じる場面が、特に素晴らしい。

その演奏は素晴らしく、会場に居た者達の心を揺さぶります。

美しい映像と音楽に、クラシックをテーマにした本作の魅力を存分に味わうことが出来ます。

 

しかし、手術の途中でかをりは帰らぬ人に……。

演奏の最中にそれを感じ、公生は静かに涙を流しました。

 

そして彼女の両親から、自分宛てのかをりの手紙を受け取った公生。

そこには驚きの、そしてあまりに切ない、かをりのある「嘘」が告白されていました。

驚く公生。

 

しかし、何かを言いたくても、もう彼女は居ません。

誰より奔放なようで、一番大切なことは言わずに逝ってしまった彼女。

 

彼女と出会ったのと、同じ四月。

彼女が居ない、四月。

 

桜の花びらが舞う中、かをりを想う公生。

彼女がついた、驚きの「嘘」とは何か?

 

ぜひ、自分の目で確かめて下さい。

涙を絞られること、間違いなしです。

春は出会いの季節であり、同時に別れの季節でもある……そんなことを考えさせられる作品。

 

 

スポンサーリンク



 

 

物語シリーズ


©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

 

「化物語」を始めとする物語シリーズも、四月から始まる物語。

主人公の阿良々木暦くんが、高校三年生になったばかりの春。

 


©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

 

彼は偶然、クラスメイトの戦場ヶ原さんが、螺旋階段の上から落下してきたところを受け止めます。

 


©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

彼女を抱えて、その軽さに驚く暦くん。

なんと人間にあるまじき、数キロの体重しかなかったのです。

彼はそういった不思議な現象に免疫があったので、

 

「力になれるかも」と戦場ヶ原さんに話しかけますが、彼女はそれを手酷く拒絶しました。

いえ、拒絶なんて言い方は生ぬるいかも。

何せ、口の中にカッターとホチキスを突っ込んで「私の秘密を黙っていてくれるわね?」と恫喝したのですから。

 

オマケに、しっかり口内をホチキスでバチン!と……(痛い)

戦場ヶ原さんの行動に、視聴者も暦くんもドン引きです。

さすが「ツンデレ」ならぬ「ツンドラ」と呼ばれるヒロイン……。

 

しかし、そんな拒絶をされても懲りず、彼女にお節介を焼くのが暦くんの凄いところ。

結局、戦場ヶ原さんの問題を解決するキッカケを作り、そのことから二人の交流が始まります。

友人から、猛スピードで恋人同士になった二人。

戦場ヶ原さんの「先手必勝告白」によるものですが……。

 

そして数々の季節を超え、二人は恋人同士として仲を深めていきます。

特に、過去の色々な出来事を超える度に、戦場ヶ原さんのデレは増していく一方。

 

最終的に、暦くんに対してメロメロのデレデレになった戦場ヶ原さん。

性格も、だいぶ丸くなりました。

カッターやホチキスではなく、手作りチョコを彼の口に突っ込む日がくるとは……。

初対面の時からは、想像できない変わりようです。

 

もちろん、戦場ヶ原さんだけではなく、様々な出会いと別れを経験した暦くん。

物語は高校三年生の四月から始まり、翌年三月の卒業式で幕を閉じます。

「終物語」のラストで、変わったけれど、根っこはそのまま。

やっぱり他人の為に、お節介をする暦くんを映し出すラスト……。

 

物語シリーズは基本的に、一年間の物語を描いたお話でした。

原作では、その後の彼らの姿も描かれていますが……(暦くんの職業には驚きました!)。

 

出逢いと別れ、そして成長。

「若気の至り」や「青さ」も……。

本作も、春を思わせるテーマがたくさん詰まっています。

話数が多い作品ですが、改めて全シリーズ見返してみるのも、良いかもしれませんね。

 

 


以上が春に見たくなるアニメ作品。

今後も随時更新していきます!

 
スポンサーリンク