最強の名に相応しいキャラは誰だ!?

戦闘能力が圧倒的に高いアニメキャラを厳選してご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメ最強キャラクターランキング

様々なバトルアニメに登場する、戦闘能力の非常に強いキャラクター達。

作品によって世界観や設定等が異なるため比較することは簡単ではありません。

 

しかし、明らかに誰の目から見ても「このキャラは誰が見ても圧倒的に強い」と感じてしまうキャラクターというのは確実に存在します。

そんなキャラクター達の中から、筆者の独断と偏見および好みを含めて3人圧倒的な強さを誇るキャラクターを選出してみました。

異論などなどは大歓迎!

 

是非この記事を楽しんでご覧になってみて下さいね。

 

第3位:一方通行(アクセラレータ)/『とある魔術の禁書目録』シリーズ

© 2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
アニメ「とある魔術の禁書目録」より引用

 

『とある魔術の禁書目録』シリーズに登場する、「上条当麻」以外には負け知らずな「一方通行(アクセラレータ)」。

 

本人の肉体的な能力自体は特別ではない(むしろ普通に劣るくらい)ではありますが、作中最高位のレベル5の能力「一方通行(アクセラレータ)」を持ち、運動量や熱量や考量などのベクトルを操作します。

ベクトルは任意の向きに操作(増幅も可)することが可能であり、呼吸が出来ないという難点はあるものの核攻撃すら「一方通行(アクセラレータ)」に対しては有効でありません

 

対抗できるのは「上条当麻」の「幻想殺し(イマジンブレイカー)」のように能力自体を無効化するか、木原数多の寸止めの要領を活かした特殊な体術のみ。

おそらくアクセラレータのことだから、特殊な体術に対しては何かしらの対策を練ることが考えられますので、限りなく最強の能力に近いです。

 

ダメージを与えることすら不可能とも言える圧倒的強さ。

 

睡眠時でもオートで反射の能力を設定出来るため、そういった意味では油断も隙も存在しないキャラクターと言えるでしょう。

現在は脳にダメージを負った結果、制限時間内しか能力を活用することは出来ませんが、それでも時間内は圧倒的力を振るうことが出来るため、「学園都市最強」と呼ぶに相応しいキャラクターであることは間違いありません。

 

 

スポンサーリンク



 

 

第2位:孫悟空/『ドラゴンボール』シリーズより


© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ドラゴンボール超」より引用

 

まずこのテーマを語る上で真っ先に出てくるキャラクターですよね。

誰もがご存知の「孫悟空」。

 

セル編などにおいては、スーパーサイヤ人の状態のかめはめ波が、その位置から撃ったら地球が危ないというような表現をされるほど、戦闘能力のインフレが半端じゃありません。

 

さらにはスーパーサイヤ人2やスーパーサイヤ人3、最新作の『ドラゴンボール超』においては、スーパーサイヤ人ゴッドや、スーパーサイヤ人ブルー、身勝手の極意など、その強さが神の領域まで到達しています。

 

© バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ドラゴンボール超」より引用

 

恐らく地球を含め、惑星一つを吹き飛ばすことなど、造作もないのではないでしょうか。

どんな相手と戦ってもやがて限界を超え勝利を収める「孫悟空」は誰もが認める圧倒的な強さを誇るキャラクターと言えます。

 

肉弾戦はもちろんのことですが、気功波やかめはめ波、元気玉など遠距離攻撃も多彩、さらにスピードは瞬間移動等もあるため最早手を付けることが出来ない域に達しています。

実弾による攻撃も簡単に手でキャッチできるため、もはや勝つ手段はなさそうというレベル。

 

唯一弱点らしい弱点があるとすれば、サイヤ人にありがちな「油断」。

しかし、根本的な戦闘能力が高すぎるためあまり意味はないのかもしれません・・・。

あらゆる意味で最強と呼ぶことに異論がないキャラクターの一人。

 

 

第1位:範馬勇次郎/『刃牙』シリーズ


板垣恵介/秋田書店・グループ・タック
アニメ「グラップラー刃牙」より引用

あらゆる男性の強さへの憧れの象徴とも言える男、『刃牙』シリーズに登場する「範馬勇次郎」。

 

恐らく前述の二人と比較すると、やや現実的な強さな気もしますが、「範馬勇次郎」の強さは明らかに現実離れしています。

「地上最強の生物」と呼ばれ、一人の戦闘能力で国家を脅かす強さを誇っていることから、米国とは「範馬勇次郎」個人と友好条約を結んでいます。

 

また世界各国からその行動が衛星で監視されているため、「範馬勇次郎」が時速4km以上で移動すると危険を察知し、衛星が監視を強めるためカーナビの位置がズレるなどの現象が発生するなど、あらゆる意味で驚異的なキャラクターと言えるでしょう。

 

ある意味この強さは他作品より生々しさがあるため、非常にその圧倒的な力を感じやすいと思うのが「範馬勇次郎」の強さ。

筆者も車を運転中、カーナビがずれたりすると「あ・・・今勇次郎が時速4km以上で動いてるッ!!!」と一瞬『刃牙』の世界を味わうことが出来、ある意味現実的な強さを感じれる存在とも言えます(十分現実離れした強さであることは間違いありませんが)。

 

上述二人と違い地球を破壊出来たり特殊な超能力を持っているわけではありませんが・・・それはあくまでも現時点での話。

彼の戦闘における学習能力は半端ないので、強い相手がいればどんどん仕上がっていきます。

多分「ジョジョの奇妙な冒険」で登場するスタンドも使える気がする・・・。笑

 

視聴者に与えるワクワク感は史上最強。

 

現実世界でも想像が出来る範囲であれば、間違いなく「範馬勇次郎」が最強のキャラクターだと筆者は考えています。

 

 

あなたの思う最強キャラは登場しましたか?

どのキャラも筆者の中では、間違いなく最強と呼ぶに相応しいキャラ。

もちろん人によりこれは違うと思います。ここで登場したキャラクター以外にも是非あなたの思う最強キャラを考えてみて下さいね!!

 
スポンサーリンク