時間を、時代を越える……

夢がある「タイムスリップ」作品は、映画、アニメ、漫画や小説など、様々な媒体でテーマになっています。

「あの時を、もう一度やり直したい」「まだ見ぬ未来を知りたい」。

残念ながら、現実ではまだまだ夢の技術ですが……。

そんなタイムスリップもの作品を、ご紹介させて頂きます。

ぜひ、壮大にして複雑な世界に浸ってみて下さいね。

 

 
スポンサーリンク
 

 

時を越えるタイムスリップアニメまとめ

天地無用! in LOVE


(C)1995 AIC/GENEON ENTERTAINMENT INC.
アニメ「天地無用!」より引用

 

懐かしの「天地無用!」シリーズ。

OVAやテレビアニメ、劇場版アニメなど、様々な派生作品があります。

設定が少しずつ異なり、どれも面白いのですが……今回取り上げる「in LOVE」は、まさに「時を遡る」がテーマの、タイムスリップもの。

 

絵柄、主題歌、ゲストヒロインのどれもが素晴らしく、特に好きな作品です。

ちなみに、劇場公開映画でした。

 

主人公の柾木天地(まさき てんち)は、一見地味で優しい、岡山に住む平凡な高校生男子です。

しかし実は、祖父が「樹雷」(じゅらい)という星から来た、宇宙人という秘密が……。

 

その縁で、彼の家には宇宙からの美少女が続々と集まり、しかも皆、天地の魅力に惚れて押し掛け女房状態に。

元祖「ハーレムもの」作品でもあります。

セクシーな女海賊・魎呼(りょうこ)、樹雷の皇女・阿重霞(あえか)、その妹の沙砂美(ささみ)、宇宙警察の美星(みほし)と、清音(きよね)。

天才科学者の鷲羽(わしゅう)……。

 

そして今回のゲストヒロインは、なんと天地の亡き母親、「阿知花」(あちか)です。

なぜ、故人がヒロインなのか。

 

それは、天地と仲間達が過去の世界にタイムスリップしたから。

 

きっかけは突然、天地が消滅しかけたこと。

誰かが過去に干渉したせいで、天地の存在が最初から、無かったことにされかけている……。

そうはさせまいと、皆は原因を突き止める為に過去へ飛びました。

 

辿り着いたのは、天地の母が高校生だった昭和の時代。

母・阿知花と、クラスメイトだった父・信幸(のぶゆき)。

二人のクラスに、転校生としてやって来た一堂。

 

若き日の母を見て、感無量の天地。

彼にとって、幼い頃に亡くなった母親は特別な存在でした。

今は中年親父の信行も、当時は純情な高校生男子です。

阿知花と憎からず想い合っていても、お互いに言い出せず……。

 

大きな目に、長い黒髪を束ねたポニーテール。

クラシックなセーラー服がよく似合う阿知花は、なかなかの美少女です。

本人は知らないことながら、宇宙人の父と、地球人の母の間に生まれた彼女。

実はそこに、今回の騒動の原因が……。

 

樹雷皇家に怨みを持つ囚人・禍因(かいん)が、収容されていたギャラクシーポリスの牢獄から脱獄していたのです。

過去の阿知花を狙い、皇家を根絶やしにしようとする禍因は、結ばれる前の天地の父母を狙います。

そうはさせじと奔走する、息子の天地と仲間。

 

しかし信幸と阿知花は、修学旅行先の東京タワーで連れ去られてしまい……絶体絶命の一同。

 

しかし、目の前で信幸を傷つけられた怒りで、阿知花は樹雷皇家の力を目覚めさせました。

黒い髪は水色になり、顔には独特の紋様。

 

そして、樹雷独自の、和服を思わせる装束。

目覚めた阿知花は凛々しく、強さも圧倒的でした。

薙刀に似た武器で勇ましく戦い、禍因を消し去った阿知花。

 

未来へ帰る前に、皆と阿知花は言葉を交わしました。

歴史を変えない為、彼女の記憶を消す必要があると説明する阿重霞(叔母)に、阿知花(姪)は微笑んで頷きます。

 

力に目覚めた時、全てを理解したと。

天地達の正体も、自分がやがて早世することも、未来が全て見えたのだと……。

「私はこの時代で、信幸くんと生きていく」と、運命を受け入れる阿知花。

そして彼女の記憶を消し、天地達は未来へと帰還しました。

 

元の時代に戻った天地は、一人物思いに耽ります。

急激に樹雷の力に目覚めたことが負担になり、それが母を短命にしたのではないかと……。

 

しかし、例えそうだとしても、過去は変えられません。

短くても母は精一杯生き、自分をこの世に残してくれた。

 

そんな風に天地が思えたら、良いのですが。

どこかノスタルジックで切ない、不思議な余韻の残る映画です。

 

ちなみに阿知花の声を担当したのは、林原めぐみさん。

主題歌の「愛の錬金術」も歌っており、これがまた、とても良い曲です。

レンタルDVDなどで、ぜひ一度視聴してみて下さいね。

 

ちなみに「天地無用!」の別の映画「真夏のイブ」では、天地の娘を名乗る少女が登場します。

タイムスリップものではありませんがどこまで行っても、女難の主人公・天地……。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ドラえもん


藤子・F・不二雄/ テレビ朝日、シンエイ動画、ADK→ADK
アニメ「ドラえもん」より引用

 

そして、もう一作品ご紹介したいのは、やはり「過去に行く物語」です。

それは劇場公開短編映画、「おばあちゃんの思い出」。

主人公ののび太くんが、幼い頃好きだった熊のぬいぐるみをキッカケに、亡きおばあちゃんを思い出し、過去へタイムスリップする物語です。

 

今は小学校5年生ののび太くんですが、当時はまだ3歳の幼児。

もう秋なのに花火をしたいとねだったり、ワガママでおばあちゃんを困らせます。

そんな過去の自分を見たのび太くんは、反省しきり。

正体を明かさずおばあちゃんに接触し、言葉を交わします。

 

一緒に過ごすうちに、おばあちゃんは

「せめて、のび太が小学校に上がるまで生きていたい。小学生になった姿を見たい」と呟きます。

 

実際には、おばあちゃんは孫の入学を待たず亡くなるのですが……。

その言葉を聞いたのび太くんは、正体を明かすことを決意します。

 

一方、「未来から来たのび太だ」と言っても信じて貰えないのでは……、と心配するドラえもん。

確かに、もっともだと思いますが……。

 

一度未来に帰ったのび太くんは、黒いランドセルを背負って再びおばあちゃんの前に現れます。

「ぼく、のび太です。信じて貰えないかもしれないけど、小学5年生になった、のび太です」

それに対するおばあちゃんの答えは、「信じますとも。そんな気がしていましたよ」と、いとも簡単に受け入れるものでした。

 

「ワガママばかり言ってゴメン」と自分を責めるのび太の頭を、優しく撫でるおばあちゃん。

小さくて、いつもニコニコ笑っている、優しいおばあちゃん。

 

しかし小さな身体には、孫の全てを肯定し受け入れる、無限の器がありました。

「のびちゃんのおばあちゃんで良かった」という台詞には、思わず視聴者も貰い泣き。

 

こんな風に、無条件に自分を受け入れてくれる人がいるって、幸せなこと。

そんな風に思える、優しく暖かい映画です。

懐かしい祖父母の顔を、思い出しながら。

 
スポンサーリンク