「とても執念深いキャラクター」。

物語の中には、色々な人物が登場します。

優しい者、勇敢な者、臆病な者、意地悪な者。

そして、時に登場するのが「とても陰険で、粘着質で、執念深い」キャラクターです。

それを世の中では「悪党」と言います。

何年経っても恨みを忘れず、ことある毎に恨みを晴らそうとする……そんな人物は誰か、そして、中でも一番陰険なのは、誰か?

今回は、そんなキャラクターをご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメ悪党キャラ6選

「有頂天家族」夷川早雲

©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会
アニメ「有頂天家族」より引用

 

まず思いつく「陰険、粘着質、執念深い」キャラクター。

まさに「悪党」という言葉が似合うキャラクター。

それは「有頂天家族」シリーズに登場する、主人公の叔父・夷川早雲(えびすがわ そううん)。

 

彼は主人公・矢三郎にとっては、亡き父親の実の弟。

つまり、叔父さんです。

しかし早雲は、亡き兄にも、甥であるその息子たちにも、深い敵愾心を抱いています。

事あるごとに甥達を妨害し、何かと嫌がらせをしようとする、早雲。

息子である金閣と銀閣も同様ですが、彼らはアホだし、どこか間抜けで、憎めない愛嬌があります。

 

しかし父親の早雲は、本シリーズでは数少ない、筋金入りの悪党……。

 

ネタバレになりますが、実の兄を油断させて罠にかけ、狸鍋にして人間に食わせた過去があります。

そうまでしても、いまだに亡き兄へのコンプレックスは消えず。

優秀で人望のある兄と、子供の頃から比べられてきたのでしょう。

それを匂わせる台詞が、「有頂天家族2」の有馬温泉の回で、ありました。

偽右衛門(狸界のトップ)の座を争うも敗れ、初恋の女性も兄の妻になり、敵対する夷川の家に養子に入った早雲。

兄への恨みと憎しみは、もう捻じれに捻じれ、本人にもどうしようもない程に、膨れ上がってしまったのだと思います。長年の間に……。

 

そんな彼は、実の甥である、兄の息子たちにも容赦しません。彼らを陥れて、躊躇わず狸鍋にしようと画策します。

彼にとって特別なのは、兄嫁である初恋の雌狸。

例え彼女の血を引く息子でも、兄の子だと思うと、可愛いと思えないのかもしれません。

 

メインキャラクターが狸だけあって、本物の悪党はほとんど出てこない「有頂天家族」。

そんな中にあって夷川早雲は、数少ない「本当に嫌なヤツ」の一人です。

 

しかし、そんな彼も初恋の兄嫁と、自分の末娘である「海星」のことは、大切に想っている様子。

特に、ただ一人の娘は可愛がっているようです。

そんなところだけは、少し好感を持てますが。

 

第一シリーズの終盤で、檻に囚われた兄嫁を見た彼は、思わず

「彼女だけは鍋にしちゃダメだ!それは、俺のものだ!」

と叫びます。

 

実の甥を平気で鍋にしようとする彼も、初恋の女性だけは手にかけられない……。

そんなところは人間臭くて、悔しいけれど、嫌いではないです。

 

 

「天空の城ラピュタ」ムスカ

宮崎駿/スタジオジブリ・東映・徳間書店
劇場アニメ「天空の城ラピュタ」より引用

 

出ました、ムスカ大先生。

 

この人が小さく見える人間に吐いた

「フワハハハハ!見ろぉ!人がゴミのようだぁ!」

は後世に語り継がれる名言。笑

 

その名言通り、全ての人間をゴミのように扱い・・・それは彼の上官に対しても変わりありません。

普段は紳士的な振る舞いをし、その年齢としてはありえないほどの特進階級を踏んで「大佐」となったムスカ。

しかし、ラピュタを発見し、ラピュタに上陸してしまったら豹変。

 

だって彼は王の末裔だもの。

 

「利用価値のある」シータのみを残し、ラピュタに上陸した一切の人間を地上へ落とそうとし、さらに地上の人間にさえも攻撃を仕掛けようと目論むムスカ様はまさに悪党の鏡。

一国の王には全く見えないヒールっぷりを発揮し、見事にシータとパズーの恋路を演出。

最後は自分がラピュタから落とした人間達のように、自分も地上へ落下・・・。

壁の破片の中に落下するムスカが一瞬登場するので、今度良く注意してご覧下さい。笑

 

 

スポンサーリンク



 

 

「コードギアス」ルルーシュ・ランペルージ

ルルーシュは一見、自分の妹を世界から守るために大国にたった1人で挑もうとした英雄に見えます。

まさに、僕はその見方。

マジで命をかけたその姿に尊敬の念さえも抱きましたが・・・

別の見方をすると、全ての利用価値がある人間を自分の意図するままに利用し、自分の私利私欲を満たすために平気で人の命さえもゴミのように扱います。

 

その姿、まさに・・・ゲスの極みぃぃぃぃ!

その姿、まさに・・・ムスカ大佐ぁぁぁぁ!

 

目的達成のためは手段を選ばない非情な判断は、なかなか出来ることではないのでうらやましい限りではありますが、

独裁者、悪党、反乱者・・・という見方をすると、やはり彼は人間の域を逸脱した存在なのかもしれません。

 

ただ、初恋であろう「ユーフェミア・リ・ブリタニア」と「シャーリー」が死んでしまった時には人間の心を出したり・・・

全ての行動理念となっている妹のナナリーと敵対した関係になってしまった時は、全てを投げ出してしまいそうになるほど悲しんでいたり・・・

だって彼はまだ高校生。

高校生なのに命をかけて行動を起こし、壮絶なものを背負って生きている姿は、やはり憎めない存在。

圧倒的カリスマ性を持った悪党だと言えるでしょう。

 

 

「犬夜叉」死神鬼

そして、もう一人の「陰険キャラクター」は、「犬夜叉 完結編」に登場します。

彼の名は、「死神鬼」(ししんき)。主人公兄弟の、亡き父の旧敵です。

犬夜叉兄弟の父と、かつて戦い、敗れた死神鬼。

仇が死んだ今、彼の残した息子達に、ネチネチと嫌がらせをします。

 

特に、長男の殺生丸(せっしょうまる)を呼び出し、

「自分と同じ技の使い手は、二人も要らん!」

と抹殺しようとします。

殺生丸の技は、かつて彼の父親が、死神鬼から奪い取ったモノだったからです。

 

そして奪われたのは、技だけではなく、顔も同様でした。

カツラ付きの仮面を取ると、死神鬼の顔の左上部はポッカリとした空洞に。犬兄弟の父親に、顔を壊されてしまったのだとか。

その恨みは消えておらず、敵の息子達のコンプレックスを刺激する台詞を、次々と繰り出してダメージを与えます。

 

見た目は若い男性だけど、父親と戦ったということは、実年齢は相当なもの。

 

殺生丸の従者の邪見(じゃけん)には

「おのれ、若作りしおって!」

と、突っ込まれていました。つまり、死神鬼は若作りで、執念深くて、陰険。

 

殺生丸に、更に顔を破壊された時は

「おのれ、よくも儂の顔を……!」

と激怒していましたし、若干ナルシストな印象は否定出来ません。

 

そんな死神鬼は結局、敵の息子達の合体技に敗れ、冥界に吸い込まれてしまいました。

その後の生死は不明ですが、冥界に閉じ込められてしまったのですから、例え生きていても簡単に帰還出来るとは思えません。

しかし彼の言動は、敵の息子である殺生丸のプライドを、ズタズタに破壊しました。

父親の自分への愛情を疑い、岸壁でたそがれる殺生丸……。後に、誤解だと分かるのですが。

 

もし存命なら、死神鬼はまたなんとかして、復讐に戻ってくるでしょう。

親子揃って自分の顔を破壊した恨みは、容易に消えるとは思えませんから。

でも、そんな執念深い、ナルシスト(?)な死神鬼が、私はけっこう好きです。

黒い服にピンクの髪と、デザインも素敵ですし。

 

そういえば、映画「天下覇道の剣」のゲストキャラ「刹那猛丸」(せつなのたけまる)も、かつて犬兄弟の亡き父に敗れた相手でした。

復活したものの、憎い相手は既に墓の下。

猛丸もまた、恨みを仇の息子達で晴らそうとします。

息子達は、完全にとばっちり……そんなところも、死神鬼と似ているかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「とある科学のレールガン」テレスティーナ・木原・ライフライン

あの生粋の悪党・・・木原幻生の孫娘。

木原家が生み出した平成の悪党。

それがテレスティーナ先生。

 

最初に優しく主人公達に声をかけ、計画的に距離を縮め、そこから一気に奈落の底へ突き落とす。

長年「悪党」と呼ばれたもの達が使ってきた王道的な手法を使用して悪党ぶりを発揮したテレスティーナ先生。

まさにゲスの極みぃぃぃぃ!

 

ただし自らの孫娘を「能力体結晶」の実験体に利用したおじいさま、木原幻生にはまだ一歩及ばず・・・。

しかも地下の監獄へ相談を持ちかけてきた御坂には普通のおやつをあげちゃうシーンも。

幻生おじいちゃんだったら確実に毒殺の選択肢をとったであろうシーンです。

 

しかし!この笑顔!まさに!ゲスの極みぃぃぃぃ!

 

©鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S
アニメ「とある科学の超電磁砲」より引用

 

 

「バクマン。」七峰透

大場つぐみ、小畑健/集英社・J.C.STAFF・NHK・小学館集英社プロダクション
アニメ「バクマン。3」より引用

 

亜城木夢叶に憧れ、漫画家を目指すものの・・・

ネットで漫画経験者や編集経験者50人をかき集め、意見を出し合いながら漫画の制作を画策した七峰。

 

しかも最初に出した読み切りの原稿をネットで公開してトラブルを起こし、編集長に会う口実をつけ、そこに連載用のネームを持っていくという「連載への最短ルート」を計画的に実践に移す悪党っぷり。

 

見事な悪党として存在感を放ちますが、最終的には自分の能力とやろうとしていることが釣り合わずに自滅。

常識外れの行動を当たり前のように実践してしまう現代っ子を象徴としたかのようなキャラクター。

そこにずるがしこさのスパイスを加えた現代っ子悪党の代表格。

実際に才能はあったので、どこか憎めないキャラクターとして描かれています。

 

 

 

以上が僕が選出した悪党ッぷりが見事なアニメキャラクターです。

あなたを魅了した悪党はいたでしょうか。

悪党は何かを画策するもの・・・。

その頭脳により、物語性を高めてくれる貴重な存在と言えるかもしれません。

今後アニメを見る際には、是非そんな悪党達に注目してご覧下さい。

 
スポンサーリンク