当方、50歳!

しかし、母親というものはいつまでたっても母親。

いつかの若き頃に見たアニメたちの中から、「お母さん」だったらどんなに良いだろうか・・・と感じるアニメキャラを5つチョイスしました。

少々古いキャラが登場しますが、昔の方が「母性」を強く発揮するキャラが多かったりするものなんですよ。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

お母さんにしたいキャラランキング

私が、アニメキャラ中で、「お母さんにしたいキャラベスト5」を選ぶならば、以下のような順位になります。

 

 

5位:『銀河鉄道999』のメーテル

 

星野哲郎と一緒にアンドロメダへの旅を繰り広げていくのですが、冒頭で凍え死にそうだった哲郎を助ける際のシーンに母性が溢れている様子を感じます。

正体不明のミステリアスな美女で、とにかくなんでもできる才女でもあります。

その力は、999のコンピューターと連動させることで星ひとつを火の玉に変えてしまうほどで、もし自分の家族だったら逆らえないな、と思いつつも、頼もしい存在でもあります。

不思議な魅力から「恋心」を抱かせるほどの魅力的な女性もでありますが、あえて母親としてチョイスさせていただきました。

メーテルがお母さんだったらいろんな経験ができ、いろんな人に出会い、将来私は一体何になるのでしょうか・・・ワクワク感と、希望感と絶望感が入り混じった不思議な感覚です。(;´Д`)ハアハア

 

 

4位:『天才バカボン』のバカボンのママ

 

「バカボンのママ」というだけあって、アニメ史に残るような「お母さんキャラ」です。

バカボンのパパとバカボンという家族がいる中で、一家を無事に支えているのがとにかくすごいな、という印象です。

 

一家の中には天才児のハジメちゃんがいますので、彼が収入源なのかもしれませんが、それを差し引いても、厳しくも優しく家族の舵を取っているところがすごいと思います。

 

怒るべき時には適切に怒りますし、家族ががんばった時には素直に褒めてくれる、裏表のなさも魅力です。

また、声優をつとめているのは『ルパン三世』で峰不二子を演じている増山さんですので、たまにセクシーな声も聴かせてくれるのではないか、と考えると一緒にいるのがとにかく楽しくなってきそうです。

 

 

3位:『機動戦士ガンダムF91』『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場するセシリー・フェアチャイルド(ベラ・ロナ)

 

このキャラクターをご存知の方はいらっしゃるでしょうか。

ガンダムシリーズはとにかく長い為、途中で挫折をしたり、そもそも見ることをためらってしまう人も多い為、なかなかご存知の方は多くないかもしれません。

しかし、作品自体も面白いですし、なによりこのキャラクターを見てほしいものです。

 

彼女がすごいのは、とにかく複雑な家柄や辛い宿命を負わされているのにけして折れることなく、強い面を見せ続けていることにあります。

父親が変なお面被って、さらに地球人類の壊滅を目論んでいるというとんでもない人なのですが・・・その後で、やっぱり地球の壊滅を目論んでいる「木星帝国」と、うら若き身で宇宙海賊という名目の軍隊を率いて戦うという、考えてみるとすごい設定です。

宇宙海賊ってくらいですから、一癖も二癖もある人ばかりで、かつ裏切りものなんかも途中で出る中、みんなをまとめ上げたのは凄いと思います。

その一方で可愛らしい面もあって、一緒に少女とお風呂に入りながら微笑んでいる画は微笑ましいです。

 

また、恋人であるシーブック・アノー(キンケドゥ・ナウ)の前では弱い一面を見せてしまう、いわゆるギャップ萌えも感じさせてくれる美女です。

料理も得意で、宇宙海賊の艦長をしているときのストレス解消法が「みんなにパンを焼くこと」という趣味の持ち主の、家庭的な人でもあります。

戦争が終わってからはシーブックと共にパン屋を開くんですが、「幸せな味」と常連客が言うように、いい家庭を築くことができている人なんだな、と思わされます。

スタイルがいい人でもありますので、一緒に暮らしているととにかく飽きないと思います。

 

 

スポンサーリンク



 

 

2位:『キューティーハニー』の如月ハニー

 

2位は誰もが知る「キューティーハニー」です。

倖田來未さんが主題歌を歌ったことで、何となくセクシーな印象を受けるかもしれませんが・・・彼女は、日本のアニメ界に登場する女性キャラクターの中でも最強の存在なのではないか、と勝手に考えています。

ハニーの中に埋め込まれている「空中元素固定装置」は言ってみればドラえもんの四次元ポケットみたいなもので、作ろうと思えばダイヤモンドでも金塊でも無限に作り出すことができ、事実、その能力で財閥を作り上げている描写もありました。

とにかく、食い扶持には困らないな、というところが魅力の一つでもあります。

 

スタイルの良さも魅力の一つです。

主題歌でも歌われているようにナイスバディーであり、母親だとしても魅了されてしまうのではないか、と感じています。

性格は正義感が強い一方で、ちょっとお茶目かつ天然ボケのところもあり、そして自分の身体に自信があるためか見せたがりなところもあるのがたまりません。

とにかく退屈はしないだろうな、というところも魅力です。

 

 

1位:『機動戦士ガンダム』のミライ・ヤシマ

 

どうどうの1位は「機動戦士ガンダム」からミライです。

ガンダムシリーズから2キャラだしたのは申し訳ないですが、「機動戦士ガンダム」ならば見たことがある人は多いのでは・・・という淡い期待も込めて1位にランクインさせてもらいました。

ミライ・ヤシマは、住んでいたスペースコロニーがいきなり戦争に巻き込まれる中で、いきなり最新鋭の戦艦の操舵手をつとめることになり、そのまま軍人になってしまうという過酷な状況の中、自分らしさを常に失わなかった人です。

とにかく一癖も二癖もあるメンバーにとって、彼女の存在が心の支えになったことは容易に想像できます。

天才的なニュータイプではありますが精神的に不安定になりがちになるアムロ・レイ、責任感が強いものの融通が利かない面も目立つブライト・ノア、才女ではあるもののプライドが高くちょっと口が悪いセイラ・マスなどのメンバーの中で、ミライは常に冷静であり、その様子を「ホワイトベースのおふくろさん」とたとえた兵士もいました。

 

彼女は『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で実際に母親になるのですが、単身赴任が多くしかも軍から若干の危険視を受けていたブライトを夫に持つ中、2人の子供を立派に育て上げる、立派な母親になっています。

 

 

 

 

こうして振り返ってみると、私は「母性を感じさせるキャラクター」が好きなんだな、ということが自分でも感じられます。

男はいつまでたっても子供だと言われますが、やはりどこかで「母性」を求めているんでしょうね。

あの柔らかな肌と大きな母性に抱きしめられるのは想像するだけで癒されます。

 

あなたが思い描く「母親にしたいキャラクター」は何がランクインしますか?

 
スポンサーリンク