1話目を見ると、止まらなくなってしまうアニメ作品がある。

とにかく続きが気になって気になって仕方がなくなる作品です。

そんな作品と出会えたら・・・とても幸せだと思いませんか?

仕事に行っていてもとにかく続きが気になってしょうがない。帰宅したら、食さえも忘れてアニメに没頭する。

そんな時間ほど熱中できる時間は他にあるでしょうか。

今回はあなたを熱くさせる作品を10個用意しました。

どうぞ堪能下さい。

 

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

1話目を見て止まらなくなるアニメランキング

「1話を見て止まらなくなるアニメ」に出会えることは稀です。

今まで400作品以上のアニメを見た僕でも、そこまでの衝撃を与えてくれる作品は数えられるほどしかありません。

そうそう出会えるものでは無いんですよ・・・(;´Д`)

 

だからこそ出会えた時は・・・「ああ、良い作品を見つけた」とブルッときます。

 

1話目を見て完成度が高くその後の話がどうしても気になる作品というものが皆さんにもきっといくつかあると思います。

1話目が素晴らしい作品は、かなり「名作」として残っています。

そんなアニメを完全個人主観でいくつかご紹介させていただきたいと思います。

 

まずは1話でいい!

是非ともこれを機にご覧になってもらえると嬉しいです。^^

※まず1話目を見て続きを見てほしい為、全体の設定等の話はしますが物語後半の展開については話ししません。

 

 

第10位:「C – The Money of Soul and Possibility Control」

 

まず第10位。

「C」です。

もっと評価されてもいい作品なのですが、埋もれている作品の1つ。

知る人ぞ知るアニメ・・・という感じです。

 

主人公は大学生で金欠状態。

アルバイトを2つ掛け持ちしながら何とか生活費をまかなっています。

そこに「自分の未来を担保にしてお金を借りることが出来る」金融街への誘いを受けます。

担保にして得たお金は「アセット」という使い魔のような存在に投資をすることで戦う「マネーバトル」で増やすことが可能。

しかし、バトルに負けたら「現実世界に何かしら自分に不利益な事」が起こります。

最悪の場合は自分が死ぬことも・・・。

 

若干「カイジ」のような印象を受けるかも知れませんね。

お金が絡む話なので、「カイジ」のような人間の裏側が描かれている部分も多く、一体何が正しいのか・・・という問いかけをしてくれる作品です。

 

「カイジ」と大きく違う点は、

  1. 若干「笑うセールスマン」のような不気味さを伴う雰囲気で描かれていること
  2. 異世界・・・のような場所である「金融街」があり、アセットという現実的では無い存在がいること

 

1話目は主人公が金融街の存在を知り、未来を担保にバトルを始めるところまで描かれます。

その先に待ち構える絶望と希望は何なのか・・・ついつい先が気になって見てしまう作品の1つですね。

複雑な設定のアニメですが重要な説明を1話目に全て入れつつ食い入ってしまう話になっています。

1話目で完全に理解できなくても続きを見ていけば理解できるようになってるので大丈夫。

 

途中からの主人公の気持ちの変化を気にかけつつ見るとより楽しめるかと思います。

全部で9話と短いのですが贅肉もなくこの長さじゃないと駄目だなと思えるアニメ。

一気見できますよ!

 

 

第9位:ソードアートオンライン

第9位は「ソードアートオンライン」。

これはとても有名な作品なので多くの方がご存じだと思います。

 

1話目ではやっと完成した体全体で仮想世界にいける「フルダイブ」のゲームが発売され、多くの人がゲームを開始するのですが・・・「ゲームをやめる」ボタンがない事に気付きます。

なぜ、そのボタンが無いのか・・・。

ゲーム制作者の意図とは・・・。

 

気軽に楽しもうと思って始めたゲームが、命を本気でかけた長い長い旅路の始まりとなってしまう作品。

1話目ではこの簡単な設定の説明をする為に丸々使っています。

そして1話目の最後のシーンでは、現実世界に戻ろうとする主人公の固い意志がヒシヒシと感じられます。

 

このアニメは正直2話目までがプロローグみたいな感じになっており合わせてみていただきたいです。

25話のアニメですが、第2部や映画化もされており、作者が話をやめるまでアニメ化するという話が出ているくらいの人気作。

おそらくアニメは3期か4期くらいで完結までもっているんじゃないかなあ・・・という個人的な予想。笑

 

 

スポンサーリンク



 

 

第8位:とらドラ!

次は「とらドラ!」です。

2000年代に制作されたアニメながら今でも事あるごとに名前が挙がる名作。

 

何より今回紹介している理由は

恋愛作品であるのにも関わらず、1話目からガチの失恋をする

からです。

 

え、これからどうなるんだろう・・・。

素直にそう思えます。

ちょっと、とりあえず2話・・・とか思っているとどんどん引き込まれて気がつくと最終話を見ている自分がいます。

そしてちょっぴり泣いています。笑

 

恋愛ものは避けたがる人も多いかもしれませんが、「とらドラ!」は息をつかせぬ怒濤の展開が魅力。

まあ、途中息抜きの回や日常回っていうのは当然多くなりますが、最終回に向けての盛り上がりは是非見て欲しいですね。

 

 

 

第7位:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

 

7位は「あの花」。

劇場版のアニメが製作され、実写ドラマも放送されたため認知度はめちゃくちゃ高い作品。

 

あらすじだけをサラッと知っている人は

ああ、あの幽霊少女が現れて主人公を更生させる奴ね・・・

と思っている人も多いと思いますが、その通り。笑

 

ただ、更生させるというよりかは、主人公が幽霊少女のためにただひたすらに一生懸命頑張るって感じです。

 

幼い頃、幼なじみの関係を疎遠にさせた夏があり、

高校生になって迎えた「その関係をまた作り直す」ための夏を描いた作品。

 

特に1話は最後のシーンで誰もが知っているあの名曲がかかります。

僕はリアルタイムで視聴していましたが、この曲がかかった瞬間本気で鳥肌が立ちました。

一切情報を入れずに見ていたので、その衝撃が半端なかったんです(;゜ロ゜)

 

「絶対に良作!」・・・そう感じた事を覚えています。

今ではすっかり神アニメとして名前を上げる人も多く、後世に語り継がれるアニメ作品の1つとしてその地位を確立した作品です。

 

 

 

第6位:「PSYCHO-PASS(サイコパス)」

 

第6位は「PSYCHO-PASS」。

あの名作警察ドラマ「踊る大捜査線」の監督を務めた本広克也さんが、アニメの監督を務めた作品がこの「PSYCHO-PASS」。

当然、刑事物です。

 

もうね、設定が引きつけますよ。

サイコパス・・・という犯罪を犯すであろう数値を指数化することが出来るようになった日本。

潜在的に犯罪をする人物を特定できるため、サイコパスが一定値を超えていたら、犯罪を起こしていなくても逮捕できてしまう世の中になっているわけです。

「事件を未然に防げるようになった世界」・・・果たしてその世界が本当に正しいのか・・・そしてサイコパスというものは何がどのように判定しているのか・・・。

 

「アニメ」という2次元の世界観をふんだんに活用した作品であり、

「踊る大捜査線」同様、警察は正しいのかどうか、を投げかけた作品でもあると僕は思います。

 

かなりグロテスクな部分もありますがとても迫力があり圧倒されます。

こちらも第二部、映画化までされており、最後まで完成度の高い作品になっていると思います。

この先、続きがあるのかは全く公表されてはいませんが、まあ続きが無くとも成立はする作品ですね。

 

アニメはとても完成度が高いです。

しかし先ほども言いましたが、かなりグロテスクな表現が多いので注意してください。

 

 

スポンサーリンク



 

 

第5位:コードギアス

「コードギアス」と言う作品は、実は僕の最も好きな作品なのですが・・・

「1話だけでの引きつけ」で言うと5位です。

 

ただ、どんどん見続けていくと「早く次が見たい」と止まらなくなるのは必至。

特に第1期の終わりから、第2期への引きはものすごいです。

こんなに第2期を待望する作品は他にはありませんね。

それほどもの凄い引きをもっている作品です。

 

1話目では「コードギアス」という作品の長い長い物語りの本当に始まりを描いています。

全ては1話で出会った「不思議な出会い」がもたらした「特殊な能力」が始まりです。

その能力を使って主人公は一体何をするのか。

その道のりにはどんな事が待ち受けているのか。

その結果は果たして主人公が望んだものだったのか。

 

ロボットものの要素もアリ、バトル要素もあり、推理戦の要素もありますが・・・

この作品の素晴らしいところは人と人との物語ですね。

悲しい背景と、固い決意。

主人公は高校生ながらものすごい大きな物を背負って、とてつもない大きな「敵」に挑んでいきます。

 

 

 

 

第4位:「STEINS;GATE(シュタインズゲート)」

 

第4位は「シュタインズゲート」。

映画化もされておりそれも含めとても楽しめるアニメです。

主人公とその仲間たちでただの電器屋の上にある部屋を「未来ガジェット研究所」とし、その仲間たちで自分たちの未来を救うために奮闘する作品。

そう説明すると、何だか浅い感じになりますがネタバレ無しで説明するとこれ以上は踏み込めないので仕方ないですね。笑

しかし、実際の作品は壮絶な悪夢をループし続けるシーンもあり、かなりの見応えがある作品です。

 

1話目は終盤まではほのぼのとした話になっていますが、最後に話が急展開。

意味が掴めずに2話目が気になってしまう感じです。

作品全体がそんな「ほのぼのした雰囲気」と「視聴者を強く引きつけるストーリー」で構成されています。

 

24話まであり、その後の話もおまけや映画で出ています。

もともとはゲームなのですが、ゲームもまだ新しいものが販売されているため今後もアニメの続編が制作される可能性があります。

 

このアニメは1話目はもちろん続きが気になり先を見たくなりますが・・・

中盤から最後までが一番の見所です。

1話目からの「謎」を伏線として回収し、ああコレが真相か・・・と唸ってしまいます。

分かりにくかったら2回見てみるといいと思います。

伏線に次ぐ伏線がこのアニメの見所だと思います。

 

 

第3位:魔法少女まどか☆マギカ

 

3位は「魔法少女まどか☆マギカ」。

作品がリアルタイムで放送される前は誰もが「のほほん萌え系な日常アニメ」だと思っていました。

だってCMが明らかにそんな感じだったもの・・・。

 

しかし、実際にフタを開けてみると壮絶な絶望アニメ。笑

鬱になりそうな展開が続き、スケールの大きすぎる最期を迎えます。

そんな振り幅が大きすぎた作品であるため、最初困惑した視聴者が続出したことでしょう。

僕もその1人。

 

 

スポンサーリンク



 

 

意図していたものとあまりにもかけ離れた現実を知ってもなお、視聴者が離れなかったのは、やはり「1話目の引きの強さ」が大きいと思います。

のっけから歌手「Kalafina」の重曹的なサウンドに乗せて絶望的なシーンから始まります。笑

まるで世界の終焉のようなシーン。

「世界の終焉て・・・んなアホな・・・」と思うかもしれませんが、作品を見ていくとどうやら世界の終焉とは無関係ではないらしいことが分かってきます。

 

絵に抵抗を感じる人も多いかもしれませんが、ストーリーものを堪能したい方、絶望感じたい方は是非ご覧下さい。

今では神作品の1つとして確実に名が上がるようになった名作です。

 

 

 

 

第2位:監獄学園

 

馬鹿達が馬鹿なことを本気でやっているのをシリアスに描いた「監獄学園」。

男って、ホントに馬鹿だな・・・でも、男に生まれて良かったな・・・

全男達の胸をそう熱くさせる素敵な作品。

 

それが「監獄学園」。

 

1話目から魅力全開です。

学校の屋上に全身黒タイツで集まった「学校に5人しかいない男子生徒」。

目的は女子更衣室の盗撮。

彼らは本気です。

血走る目。

荒くなる吐息。

 

しかし、見事に失敗。

それがきっかけで学校内に存在する監獄に収容され、裏生徒会と呼ばれる学校を牛耳る女子生徒に従わなければいけなくなり・・・

労働を強いられ・・・

口ごたえをしたら蹴られ・・・

 

そんな中、最も凶暴である裏生徒会の1人がとある事情から野ションをしているシーンに、主人公が木から落ちて出くわします。

1話目はココで終了。

さあ、その後一体どうなってしまうのか。

 

馬鹿な男達の友情と裏切り、そして目的達成のために犠牲にしたものを是非ご覧下さい。

 

 

 

第1位:進撃の巨人

 

メジャーすぎてあんまり上げたくないんですが・・・1話目の引きの強さでいくと、やはり1位は「進撃の巨人」。

設定なんかは知っている人が多いですよね?

そう、巨人と人類の戦いです。笑

 

ただし、巨人がなぜ出現したのかは謎であり、どうやら巨人の出現には人間が関わっているらしい・・・ということが徐々に分かってきます。

巨人側の意図とは何か、また人類の正義とは一体何か、それをミステリアスなシーンと壮絶なバトルシーンで構成している「進撃の巨人」。

 

1話目を見たら、続きを見ざるを得なくなってしまいます。

 

1話目は、巨人が100年ぶりに人類の活動領域に踏み込み・・・

主人公の母親が食い殺されるシーンで締めくくられます。

 

その絶望感たるや・・・。

為す術も無く、逃げることしかできない自分を悔やみ、そこに何年もかけて立ち向かって行こうとするんですから、主人公の心の強さがすごいです。

僕はよく友人と「進撃の巨人の世界に生まれたらどうするか論争」をします。笑

あなたなら、あなたの目の前で母親が得体の知れない巨人に食われたら・・・立ち向かいますか?

それともそこで人生をあきらめますか?

 

戦う理由がある。

そんな固い決意で結ばれた人類の壮絶な戦いを見せてくれる神作品。

人気過ぎる作品ですが、人気なのには理由がある・・・ということを思い知らせてくれる作品です。

 

 

 

 

以上が1話見たら止まらなくなる10作品。

1話目を見て続きが気になるアニメということに焦点を当てて紹介させていただきました。

この10作品の1話目を見た時は本当に鳥肌が立ちました。

もちろん最後まで見てもとても楽しめる作品です。

 

気になった方がいましたらまずは1話。

とりあえず1話目だけで良いので見てみてください。

 

1話目を見て面白そうって思っていただけたら嬉しいです。

もちろんこの10作品以外でも面白いアニメは沢山ありますが、何十話もあると時間がないから見れないって人も多いかと思います。

アニメを見る時には一気に引き込まれる感覚は結構重要。

その勢いのまま、最期まで見ることが出来る作品は貴重です。

 

今回紹介した作品の「詳しい内容」は伏せて話をさせて頂いたので、分かりにくいところもあったかと思いますが、実際見て判断していただきたいと思います。

 
スポンサーリンク