「物語シリーズ」とは、「化物語」を始めとする、一連の作品の総称です。

怪異と呼ばれる不思議な存在と、それに関わる人々の物語。

本作の語り部であり、主人公でもあるのは、阿良々木暦(あららぎ こよみ)くんです。

そして、彼と関わるのは、年代もタイプも様々な女性達。

今回は、その中でも特に、阿良々木くんと縁の深い女性達……さらにその中から、彼のベストパートナーは誰なのか!?というお題で、切り込んでいきたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

 

「物語シリーズ」阿良々木くんのベストパートナーは?

羽川翼

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「化物語」より引用

 

まず、メインヒロインの中で、最初に主人公と出会ったのは、羽川翼(はねかわ つばさ)さんです。

後述の忍ちゃんとは、わずか数時間の差ではありますが。

映画「傷物語」で描かれた物語は、彼女と阿良々木くん(以下、暦くん)の出会いから始まりました。

 

周囲から不良と思われ(実際は、少し違いますが……)恐れられていた、暦くん。

対して「絵に描いたような優等生」でありながら、気さくで人当たりの良い羽川さん。

彼女と出会わなければ、そしてエロ本を買いに出かけなければ、暦くんは怪異に関わることなく人生を終えたかもしれません。

ある意味、全ての始まりである羽川さん。

 

また彼女の生き方や言動は、暦くんを始めとする周囲に、大きな影響を与えています。

誰より優秀でありながら、「普通」に見られたい彼女。

悲惨な家庭環境と、それを乗り越える為の多大な努力を続けてきた羽川さん。

「地球に匹敵するほどのストレス」を抱えながら、それを表に出さずに暮らしていましたが……暦くんへの恋心がキッカケで、それらが噴出。

彼女は、猫憑きの怪異として暴れ回ります。

 

「友達の為になら、命を投げ出す」とまで言い切る、どこか突き抜けた彼女。

初期の危うい彼女も、色々なモノを乗り越えた後も、羽川さんは暦くんを強く惹き付けます。

 

お互い憎からず思っていながら、恋になり損ねた……そんな二人。

 

戦場ヶ原さんという恋人とは別に、常に暦くんにとって特別な存在です。

それは師匠のようでもあり、またある時は姉、またある時は憧れの委員長……。

彼の正妻ポジションの戦場ヶ原さんが、気にするのも無理ないほど。

豊かなバストに童顔、メガネに三つ編みという、堪らないスペックの持ち主ですし。

 

 

スポンサーリンク



 

 

戦場ヶ原ひたぎ

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「物語シリーズ」より引用

 

対して、羽川さんの後に出会ったものの、彼女がぐずぐずしている間に電光石火の告白をした、戦場ヶ原ひたぎさん。

見事に暦くんの彼女の座を勝ち取った、行動力の塊のような女性です。

押しに弱く、最初は勢いに押されて承諾したように見えた暦くんでしたが……ひたぎさんとの(強引な)交流の中で、本当に彼女に惹かれていきます。

 

ひたぎさんのアプローチは、いつも過激で過剰。

「デートをします」

宣言や、初デートで父親同伴など、予想を越える行動を繰り広げる彼女に、暦くんはいつも翻弄されっ放し。

 

でも、その影に隠れた彼女なりの真剣さや、純情さ。

何より、常に真剣勝負なひたぎさんとの付き合いに、他には替えられない楽しさを見出だしたのかもしれません。

 

なにせ、ひたぎさんは

「裏切れば殺す」

と宣言し、恐らくそれを実行するであろう、過激な女性。

 

しかしそれは、見方を変えれば全力でぶつかってくる可愛さでもあります。

ツンツンしていたひたぎさんが、少しずつデレていく可愛さは、格別なもの。

個人的には初期のロングヘアより、短髪になった後の彼女が好きです。

見た目も、程よくデレた中身も。

暦くんも、そんなひたぎさんから離れられないのかも。

なんだかんだ言いながら、彼の正妻として一生隣にいる……ひたぎさんは、そんな存在だと思います。

 

 

忍野忍

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト
アニメ「物語シリーズ」より引用

 

そして、前述の二人とは違う意味で、暦くんと深い縁を持つ女性。

それが、彼の影の中に住む吸血鬼・忍野忍(おしの しのぶ)ちゃんです。

 

羽川さんに出会った日の夜、瀕死の彼女を救ったことから、暦くんと怪異の関わりが始まりました。

「キスショット」という伝説の吸血鬼から、忍という童女に変わり、暦くんの影に閉じ込められた彼女。

それは彼女の生き方を縛り、命を共有し、存在を変えることと同じでした。

 

その為、最初は忍ちゃんに恨まれた暦くん。

それでも彼は、死ぬまで忍ちゃんを縛るという決意を変えませんでした。

彼女に吸血をさせない代わりに、自分の血を与え続ける。

ある意味、歪んだ共生関係の二人。

 

それが、キスショットの「死なせて欲しい」という願いを拒絶したことへの、彼の責任の取り方なのでしょう。

 

 

命や運命だけではなく、感情まで共有する暦くんと忍ちゃん。

ある意味、恋人や家族でも入り込めない、究極の共生関係です。

 

戦場ヶ原さんとは違う形ですが、忍ちゃんもまた、暦くんのベストパートナーと言える女性でしょう。

 

 

数多いヒロインの中でも、最も暦くんと深い縁を持つ、三人の女性達。

彼女達の誰が欠けても、今の彼は存在しませんでした。

「誰がベストパートナーか」というテーマでしたが、誰か一人を選ぶのは、やはり難しい模様です。

恩人ポジション、正妻ポジション、そして相棒ポジションとして、全員がベストということで、ここはひとつ……。

 
スポンサーリンク