とうとう最終回を迎えた、話題のアニメ「ポプテピピック」。

人気の理由はいくつもありますが、その中の一つに「毎回、主人公達の担当声優さんが違う」という点がありました。

しかも、新人からベテランまで、豪華メンバーばかり!

話数ごとに、担当した方をご紹介させて頂きます。

最終十二話目ももちろん、Aパート(本放送)とBパート(再放送)で、担当が代わります……本当に、なんて贅沢な番組だったんだろう!

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメ「ポプテピピック」第十二話Aパートの声優

第十二話目のAパートで主人公達を演じたのは、

ポプ子=小山芙美さん
ピピ美=三石琴乃さん

でした。

 

声優二人の共通点

お二人とも長年活躍されている、大人気の女性声優さんです。

 

声優・小山芙美さんについて

声の特徴 幼女のような高くて可愛いらしい、アニメ声です。
とても、長年活躍されている大御所とは思えないような……。
代表作 「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻アラレ、「魔法のプリンセス モンキーモモ」のモモ、「キテレツ大百科」のコロ助等が有名です。
他には「うる星やつら」の面堂了子や「若草の四姉妹」のメグも、印象深いです。
懐かしい……。

 

声優・三石琴乃さんについて

声の特徴 高く若々しく明るい、元気なお声です。
成人女性から高校生まで、違和感なく演じるのが本当に凄いです。
代表作 「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎや、「新世紀エヴァンゲリオン」の指揮官・葛城ミサト、「おるちゅばんエビちゅ」のハムスター・エビちゅなど。

個人的には「ゲンジ通信あげだま」のヒロイン・平家いぶき役と、「魔術士オーフェン リベンジ」の主人公の姉レティシャ・マクレディが印象深いです。
年齢がバレそうですが……。

 

 

アニメ「ポプテピピック」第十二話Aパートポプ子、ピピ美の感想

可愛い声のポプ子と、落ち着いた声のピピ美。

ハマり役で、凄く良かったです!

特に、幼女みたいな愛らしい声で毒づくポプ子は、えげつなくて最高でした。

 

竹書房に突撃してメチャクチャにしたり、鉄砲玉を始末したり。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

ピピ美なんて煙草を吸っているし……。

規制が厳しい昨今、女子中学生の飲酒や喫煙をガンガン描くあたり、さすがポプテピ……という感想しかありません。

なんてチャレンジャーな。

 

クレームにより、放送中止にならず良かったです。

 

ピピ美は、「あっ今のは、ミサトさんの声……!」という場面もありました。

ポプ子は「今のはアラレちゃん……」と言う・・・。

 

そして本編のラスト。

合体して巨悪(?)のキングレコードを倒した、ポプ子とピピ美。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

しかしパワーアップの代償か、ピピ美が真っ白に燃え尽きてしまいました。

「ピピ美ちゃん~……!」と泣くポプ子(可愛いです)。

 

そこで、「おお~い!どうしたんだーい?」と走り寄って来たのは、なんと蒼井翔太さん!

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

「こ、こう来たか……!」と、仰け反りました。

アニメの中に登場する、実写の人間……違和感が凄まじくて、楽しかったです。

 

某猫耳ロボット風に、タイムスリップする蒼井さんとポプ&ピピ。

 

「あんた誰?」

「蒼井翔太です!」

「そう……頑張ってね」

 

素っぽい小山さんの台詞がおかしくて、吹き出してしまいました。

まあ、ピピ美が助かりそうで良かったです。

最後の最後で、バッドエンドは嫌ですもの。

 

またAパートの最後で、いつもの「星色☆ガールドロップ」の予告が無かったのが寂しかったです。

本当に最終回なんだなあ、と……。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アニメ「ポプテピピック」第十二話Bパートの声優

第十二話目のBパートで主人公達を演じたのは、

ポプ子=速水奨さん
ピピ美=中田譲治さん

でした。

 

声優二人の共通点

お二人とも、渋い男性声で外せないイケボ声優さんです。

しかも、超大御所同士。

 

声優・速水奨さんについて

声の特徴 それほど低くないのにお腹に響く、美声です。
美青年や美中年を演じさせたら、右に出る者はいないというほど。
落ち着きのある、素敵な声です。
代表作 「バジリスク ~甲賀忍法帖~」の喰わせ者忍者・薬師寺天膳や、「BLEACH ブリーチ」のラスボス死神(?)藍染惣右介、「トライガン」の神父ニコラス・D・ウルフウッド。
「キューティハニーF」の黄昏のプリンスさまなど、代表作は数多くあります。個人的に「南国少年パプワくん」のマジック総帥も、印象深いです。
大好きでした……。

 

声優・中田譲治さんについて

声の特徴 渋くて重く、深みのあるお声です。
カッコいい中年と言えば、この方かと……!
代表作 「HELLSING ヘルシング」の主人公アーカードや、「ロードス島戦記」シリーズのカシュー王、Fate⁄Zero他フェイトシリーズの、言峰綺礼が有名です。
他にも「ケロロ軍曹」のギロロ伍長、「宝石の国」の金剛先生も。個人的には「魔術士オーフェン」のチャイルドマン・パウダーフィールド役も印象的でした。
よく脱ぐ、屈強な30代男性……。

 

 

アニメ「ポプテピピック」第十二話Bパートポプ子、ピピ美の感想

Aパートに比べると、二人とも成人男性。

しかもメチャクチャイケボで、渋さ満点でした。

 

速水さんのポプ子はカッコ良く、音声だけ聴いていると、まるでギャングもののよう……。

場面により、「今のは、バジリスクの天膳の声……!」と思う時も。

 

そして最後の部分は、Aパートと結末が異なりました。

ポプピピが合体を解き、ハッピーエンド。

 

蒼井さんは、エンディング曲に合わせて軽快に踊っておられました。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

これはこれで、楽しくて良きかな、です!

 

また声優ネタではありませんが、「ボブネミミッミ」が前半と後半で、異なる内容でした。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

こんなところも特別感があり、最終回気分が盛り上がりました。

 

そして最後の最後、まさかの「星色☆ガールドロップ」第二期の予告が……!

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

自分でもビックリするほど、嬉しかったです。

例え、嘘予告と分かっていても……。

ポプテピからの、粋な餞別ですね。

やっぱり、お仕舞いはこうでないと!

 
スポンサーリンク