アニメ「ポプテピピック」。

放送される度に話題となる作品。

そんな作品は歴史上なかなか存在しません。

かなり異質な作品なわけですが・・・その「話題」の1つに「声優」があります。

主要キャラが毎話、前編後編で声優が変わるんですよね。

今回は第七話で主要キャラの声優を勤めた4人をご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメ「ポプテピピック」第七話Aパートの声優

第七話目のAパートで主人公達を演じたのは、

ポプ子=こおろぎさとみさん
ピピ美=矢島晶子さん

でした。

 

声優二人の共通点

国民的(世界的?)人気作品「クレヨンしんちゃん」にて、野原しんのすけと野原ひまわりの兄妹役で、長年共演されています。

 

 

声優・こおろぎさとみさんについて

声の特徴 舌足らずな喋り方のせいもありますが、幼さと可愛さを感じる、丸っこい響き(主観)の可愛いお声です。
代表作 前述の通り「クレヨンしんちゃん」の主人公妹、野原ひまわり役が有名です。
個人的には「VS騎士ラムネ&40炎」の主人公の相棒、赤い肉まんみたいな生き物・PQも印象的です。

 

 

声優・矢島晶子んについて

声の特徴 役によってかなり印象が変わりますが……凛々しい、少し少年的な声だと感じます。
ただし、しんちゃんの時は惚けたような、どこかおちょくるような印象に……。
ギャップが凄いです、さすが声優さん!
代表作 前述の通り、「クレヨンしんちゃん」の主人公・野原しんのすけが有名です。

他にも「犬夜叉」の琥珀や、「ベルセルク」の少年傭兵リッケルト、女性役では「ガンダムW」のヒロイン、リリーナ様など。
少年から女性まで演じ分ける、凄い方です。

 

 

アニメ「ポプテピピック」第七話Aパートポプ子、ピピ美の感想

ハッキリ言って、メチャクチャ可愛かったです。

特に、こおろぎさん演じるポプ子の可愛さときたら……!

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

赤ちゃんみたいな舌足らずで、無邪気な声。

あの狂暴なポプ子が、ただの萌えキャラに見えてきたほどです。

 

「わ~真っ暗だ~、何も見えないよ~」の場面は、まさに「比類なき可愛さ」。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

それはピピ美も、甘くなりますよね……某北の独裁者みたいな拍手をしながら。

あと、釣りのシーンのアドリブ。

ポプ子の「昆布ついちゃった……」の愛らしさ、おかしさも堪りません。

 

個人的に今まで、「ベストオブ可愛い方の声」は、3話の小松・上坂ペアでしたが、それに匹敵するほど好きになりました。

いつまでも聴いていたいと思うほど。

 

矢島さんのピピ美は凛々しく王子様的で、何ともカッコ良かったです。

最初は誰か分からず、矢島さんと知った時は驚きました。

「いつまででも、待ってやるよ」の男前ぶり!

 

しかしタイトルコールの時など、「あ、これはしんちゃん」という瞬間も。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

「ポプテピピックぅ~」

 

そういえば、こおろぎさんもタイトルコールで「あ、ひまわりちゃん」という瞬間があり、つい笑ってしまいました。

 

 

スポンサーリンク



 

 

アニメ「ポプテピピック」第七話Bパートの声優

第七話目のBパートで主人公達を演じたのは、

ポプ子=森久保祥太郎さん
ピピ美=鳥海浩輔さん

でした。

 

 

声優二人の共通点

「NARUTO」「BORUTO」のシリーズで、奈良シカマル・犬塚キバの8班コンビとして、長年共演されています。

「薄桜鬼」「うたの☆プリンスさまっ」など、共演作品は多数。

またお二人とも40代前半で、同年代です。

 

 

声優・森久保祥太郎さんについて

声の特徴 ちょっと斜に構えたような、軽妙でカッコいい声です。
スカし気味のイケメンを演じたら、この方の右に出る者はいません。
役によって爽やかだったりシニカルだったり、若干印象が異なりますが……。
若々しい、強い意志を感じるイケボです。
代表作 上記の通り「NARUTO」の奈良シカマル役が有名です。
「薄桜鬼」の沖田総司や「うたの☆プリンスさまっ」寿嶺二役も。個人的には「魔術士オーフェン」の主人公、オーフェン・フィンランディのイメージが強いのですが。
主人公の20代から40代まで、見事に演じ分けておられました。

 

 

声優・鳥海浩輔さんについて

声の特徴 落ち着きがあり、低く深い、大人の色気のある声です。
代表作 「NARUTO」の犬使い忍者・犬塚キバの役が有名です。

他に「バジリスク ~桜花忍法帖~」の主人公・甲賀弦之介役、「薄桜鬼」斎藤一、「うたの☆プリンスさまもっ」愛島セシル役も。
「PAPUWA」のブラコン主人公・シンタローは、はまり役でした。

 

 

アニメ「ポプテピピック」第七話Bパートポプ子、ピピ美の感想

Aパートに比べると、お二人とも男性なので違和感が強く、そこが面白かったです。

イケボなポプ子に、今まで聴いたことのない、ひょうきんな声を出す鳥海さん(ピピ美)……。

カッコいい役が多いので、「こんな鳥海さんは初めて……」と呆然としました。

 

森久保さんのポプ子は、全体的にハンサムな声でした。

「アンチ~、よい子だねんねしな~」の歌とか、イケメンのキャラクターソングかと思うほど。

 

ⓒ大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
アニメ「ポプテピピック」より引用

 

直後の「ヌートリアッ」は、少し様子がおかしかったですが……。

森久保さんは時々「あ、今オーフェンだ……」

鳥海さんは「弦之介だ……」と感じる瞬間がありました。

 


 

超絶話題となった「ヘルシェイク矢野」が登場した7話。

声優のコンビも大きな話題を集め、特に「クレヨンしんちゃん」コンビは日本国民誰もが知っているキャラクターなので驚いた人も多かったようですね。

以上「ポプテピピック」7話の声優まとめでした。

 
スポンサーリンク