2018年1月からスタートした覇権アニメ「宇宙よりも遠い場所」。

毎話泣けて、毎話笑える。

重たいテーマでも「宇宙よりも遠い場所」の世界に混ざると一気にそれが青春になる。

そんな素敵な作品がついに最終回。

途中からでも十分に楽しめる作品ですので是非この記事を機会に視聴下さい。

 
スポンサーリンク
 

 

「宇宙よりも遠い場所」のあらすじ、どんなアニメ?

オリジナルTVアニメーション『宇宙よりも遠い場所』PV

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

アニメ「宇宙よりも遠い場所」は、ノーゲームノーライフを制作したスタッフが結集して作り上げた完全オリジナル作品。

監督は「ちはやふる」や「ノーゲームノーライフ」、「さくら荘のペットな彼女」を手掛けたいしづかあつこさん。

 

ノーゲームノーライフ制作時にすでに「女の子が頑張る青春作品を作りたい」という強い思いがあったそうで、

  • 「四畳半神話大系」や「ちはやふる」、「魔法少女まどか☆マギカ」などを製作したマッドハウス
  • 数々の人気作品のシリーズ構成を務める花田十輝さん

など、「ノーゲームノーライフ」の制作に携わったスタッフ達が集結して作られたのが「宇宙よりも遠い場所」。

 

「女の子が青春」・・・さて、「宇宙よりも遠い場所」では女の子達がどんな青春を送るのか!

それが作品のテーマである「南極へ行く」です。

 

「南極」・・・この言葉を聞いてあなたはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。

寒い?

ペンギン?

裏側?

 

うん、全部正解。笑

ただ「南極」というワードで全くイメージしないものの中に「女子校生」というワードが含まれないでしょうか。

 

最近では「女子校生 × 勇者」 = 「結城友奈は勇者である」

「女子校生 × 戦車」 = 「ガールズアンドパンツァー」

などなど・・・「女子校生」というワードからかけ離れたものを合わせるというのがちょっとしたトレンドになりつつあります。

 

そのちょっとしたトレンドに乗っかり、見事にオリジナル作品として作り上げたのが「女子校生 × 南極」のテーマを扱った「宇宙よりも遠い場所」

「女子校生が南極を目指す」という少々荒唐無稽なテーマを扱いながらも、毎話毎話女子校生らしい小さな発見、小さな青春がちりばめられており・・・僕は毎回泣いています。笑

 

ただね。

全世界の人間が一様の評価を下す作品なんてこの世に存在しないので、まずは「宇宙よりも遠い場所」という作品の評価をサクッとご紹介したいと思います。



アニメ「宇宙よりも遠い場所」の評価

基本的に「宇宙よりも遠い場所」は非常に評価が高い作品です。

Amazonビデオでも配信されている作品なのですが、そこでのレビューは平均で4.5以上。

 

その評価の中には・・・

男1

数年に一度の良作アニメ。オリジナルアニメとは思えない。

男2

ゆるキャン推しの人多いけど(いや、それはそれで面白くて見てみますけど)個人的には今季イチ作品かなと思っています。
今時を生きる若い子が一生懸命=感動 ってのはラブライブ然り最早方程式かも知れないですね。
人が人と関わると。。。の典型を見せられている気がします。勿論良い意味で。
アニメーションも凄く丁寧に作られていると思います。

女1

星を5点までしかつけられないのが勿体無い作品

などなど、かなりの高評価のコメントがずらりと並んでいます。

 

僕も完全にこの意見とシンクロ中。

オリジナルの作品でここまで衝撃を受け、毎話が楽しみで、名作入り間違いないな・・・と感じたのは「あの花」「まどマギ」以来です。

 

この2作品が2011年放送。

2011年はアニメ豊作の年だと言われている最たる所以がこの2作品だと思います。

もちろん他にも「シュタインズゲート」「花咲くいろは」「バクマン。」などなど・・・数え切れないほどの名作が放送された年でもありました。

 

そこから早7年。

その間にもたくさんのオリジナル作品がありましたね。

もちろん面白い作品はたくさんありました。

 

「Just Becuse」「月がきれい」「甲鉄城のカバネリ」「PSYCHO-PASS」・・・。

 

しかし「宇宙よりも遠い場所」ほどのインパクトを与えてくれた作品はありませんでした。

だから高評価がつくのも納得。

おそらく今後も語り継がれる名作入りする作品だと思います。

 

ただね。

先ほども言ったように全世界の人間が一様の評価を下す作品は存在しない。

 

当然「宇宙よりも遠い場所」に低評価を下す人もいます。

僕は別に低評価を下す人を非難したい訳ではありません。

その主張を聞けば「なるほど一理ある」と思わされるからです。

 

ココに一例を紹介しましょう。

南極は宇宙よりも遠くないですよ(もちろん物理的な事を言っているわけではありません)。宇宙に行く方が何倍も大変です。

せっかく南極行くのに観光気分のままで話が進んでいるように思います。

それまでは楽しめていたのだが、5話が滅茶苦茶な内容でとても残念。

 

↑こんな感じ。

「女子校生が南極へ行く」というテーマを扱う以上、現実的ではない物語になってしまう事は想像に易しいですね。

しかし、そこは監督のいしづかさんがインタビューでこのように語っています。

 

最終的に、もしかしたら現実にも起こりうるんじゃないかっていうリアリティはキープしたつもりです。

(中略)

すごく取材しました(笑)。海上自衛隊や国立極地研究所の方々にはたくさんのご協力をいただきましたし、実際の「しらせ」にも乗せていただきました。じつは「南極にも行きたい!」って駄々をこねたんですけど、さすがに無理でした(笑)。

写真やビデオなどのビジュアル資料はたくさんいただきましたし、昭和基地の中を歩き回れるサイトなどもあるので、ある程度リアルな描写も盛り込めていると思います。
http://yorimoi.com/special/interview.html引用

 

制作には国立極地研究所が関わることは大きな話題でした。

「ま、所詮フィクションだから」・・・アニメやドラマの制作陣ってこういうコメントがすごく嫌いだと思います。(^_^;)

だからこそ、制作に携わるなら本気で取り組もう・・・と意気込む人は多いんじゃないかなあ。

いしづかさんもまさにその一人ですね。

 

あと、「観光気分」については確かにおっしゃるとおり。笑

作品を見れば分かりますが、どこか「南極観測隊」からの指示待ち的な印象はぬぐえません。

ただ、船に乗り込むきっかけとなったのは芸能事務所からのコネクションであり、その事務所の企画にのっかる感じで乗船が決まったので「南極観測隊」とは一線あって良いんじゃないかな、と個人的には思っています。

彼女たちはあくまでも南極リポートの仕事で南極に乗り込んだわけで、決して南極を観測する目的ではないですからね。

 

5話についてはこの記事を見て頂ければ分かりますが・・・

確かに唐突で、1話でサクッとながした割には重たすぎるテーマでした。笑

僕も違和感は感じましたが、個人的な見解は先ほどのリンク先の記事に記載しています。

 

「宇宙よりも遠い場所」の評価はこんな感じです。

「南極」というテーマを扱ったが故のリアリティの欠如による低評価が多いように見受けられますが、全体を見るとその低評価はごくわずか。

全体的には高い評価を受けているアニメだと断言できます。

 

 

「宇宙よりも遠い場所」の主要キャラと声優

「宇宙よりも遠い場所」の主要キャラは4人。

まあ、大体のアニメの主要キャラは4人ですね。

サクッと一人一人紹介しましょう。

 

玉木マリ


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

一応物語の主人公・・・と言う立場になるのかな。

玉木マリ(通称:キマリ)が100万円を拾うところからこの物語は始まります。

「何かしたいけど、いざとなると怖くなって何も出来ない」という何処にでもいそうな女子校生。

 

優柔不断で一人じゃ何も出来ない性格ですが、ボソッと呟いた言葉に名言じみたモノが多いです。

そこまで主張は無いながらも物語を動かす中心人物。

 

前髪がまっすぐなのは自分で切っているから・・・という衝撃的な事実が第8話で判明しました。笑

声優は乗りに乗っている水瀬いのりさんが務めています。

 

小淵沢報瀬


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

この人がいなければ目指す場所が「南極」にはなりませんでした。

南極観測隊だった母をもち、その母親は南極で失踪。

母親の姿を追うために高校生ながらバイトで100万円を貯金し、何がなんでも南極に行こうという執念がもの凄い。

 

リーダー気質かと思いきや全然論理的な思考は出来なくて、ただただ目標を言い放ち、あとは周りに任せるという他人任せ気質。笑

しかし、わがままで空気が読めず、ただただ我が道を行く報瀬の姿を見て心が動かされた視聴者の人は多いでしょう。

 

声優は安定した演技と天使ヴォイスを持つ花沢香菜さんが務めています。

 

三宅日向


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

どうしようもない4人組を陰でまとめているしっかり者。

高校に行かず、バイトに明け暮れる毎日を送っている・・・という一見ただのフリーターですが、大学受験に向けてコツコツと努力を重ね、誰よりも現実を直視しています。

 

中学の頃は陸上部で友人との関係が悪化した背景は度々物語の中で描かれていました。

その出来事のせいで日向が周囲と一線を隔てている壁を、何度も何度も報瀬がぶちこわしていくシーンは・・・涙無しには見れなかったですね。

 

作品の中では度々オリジナルの名言を残していたのでそちらも必見。

 

白石結月


©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

幼い頃から芸能の仕事をしていたせいで友達が一人もいないという異質の人生を歩んできた結月。

そのせいで「友達」という存在に対してかなりねじ曲がったとらえ方をしているため、他の3人とは価値観の相違が度々見られます。

 

しかし、キマリの純粋さ、報瀬の空気の読めなさ、日向のひまわりのような笑顔によってその「価値観」が徐々に変わっていきます。

結月と3人が本当の意味で友達になっていく様子もまた涙無しには見れませんでした。

 

 

この4人が「宇宙よりも遠い場所」という作品を彩っています。

 

「実際、4人も必要なかったんじゃ・・・」という意見もあるようですが、この作品を見れば見るほど4人で良かったなあと感じます。

それぞれのキャラが立ちまくっているわけではありませんが、見逃すような一瞬のシーンでもそれぞれの個性が垣間見えます。

 

例えば飛行機での過ごし方とかね。

飛行機の過ごし方はそれぞれのキャラクターを象徴するかのようで面白かったです。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

キマリ 飛行機に乗るのが初めて → はしゃぐ。
「セロリと卵焼き交換しよう?」と報瀬に提案して断られる
飛行機に付いているゲームに食いつく → やりこむ → 報瀬にうざがられる
爆睡する → デザートを逃す → 後悔する → でもまた寝る
到着しても起きない
報瀬 飛行機に乗るのが初めて → おどおどする
立って歩いても良いという「ポン」の合図でビビる
ペンギンの映画を見て号泣する

 

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

日向 立って歩いても良いという「ポン」の合図で即効立つ
食事の蕎麦が日本のものと違うから結月に聞く
他の3人が完全に自由な時間を過ごす横で大学入試の本に目を通す
到着して起きないキマリに「起こせー」と突っ込みを入れる
結月 立って歩いても良いという「ポン」の合図でビビる報瀬に説明する
アイマスクをして寝る
キマリが寝ててデザートを逃したことを説明する
パソコンをいじる
到着して起きないキマリを起こす

 

 

僕はこのシーンが意外とすきです。笑

それぞれの特徴をいかんなく発揮した素晴らしいシーン。

 

このような素晴らしいシーンがたくさん出てくる「宇宙よりも遠い場所」。

細部のシーンまで見逃さずに何度も何度も見てみて下さい。

 

そんな「宇宙よりも遠い場所」を1話1話振り返ってみましょう。



アニメ「宇宙よりも遠い場所」を振り返る

ついつい振り返りたくなってしまうアニメ。

何度も何度も見たくなるアニメ。

それが「宇宙よりも遠い場所」。

 

僕は選ばれし「Amazonビデオ契約者」なので、リアルタイムの放送中から何度も見返す事ができる環境でした。

正直、何度見返したか分かりません。笑

 

この作品のすごいところ、何回見ても泣けるところ。

そして見る度に「あ、こんな風に描かれていたんだ」という新たな発見があります。

細部までこだわって作られている作品だからこそ・・・ですね。

 

では、さっそく振り返っていきましょう。

 

 

「宇宙よりも遠い場所」第1話 青春しゃくまんえん

淀んだ水が溜まっている
それが流れていくのが好きだった
決壊し、解放され走り出す
淀みの中で蓄えられたら力が爆発して…
全てが動き出す

 

キマリの語りで始まった第1話。

思えば、この語りが全ての物語の始まりであり「宇宙よりも遠い場所」の全てとも言えるかもしれません。

 

第1話は部屋でぐうたらしていたキマリの顔に、お母さんが濡れタオルかけて起こす・・・という衝撃のシーンから始まりました。笑

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

そこでキマリは高校に入った頃に「自分で決めた目標」を書いたメモを見つけます。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

これが物語の始まり。

このメモに書かれている「学校をサボってあてのない旅に出る」という内容を実行しようとして親友のめぐっちゃんに相談。

次の日に実行しようとして学校と反対方向に向く電車に乗ろうとします・・・。

 

しかし、結局学校に行っちゃうキマリ。

うーん、実にキマリらしい行動ですが、物語終盤まで見るとココで学校に行っちゃうのがキマリらしくないとさえ思えちゃいますね。

実際に南極の地を踏んだ経験値というのはかなり大きなものだった事が分かります。

 

そして結局普通の日々に戻ろうとするのですが・・・

報瀬がバイトで貯めに貯めた100万円が入った封筒を駅で偶然拾います。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

コレが報瀬とキマリの出会い。

そこから報瀬がなぜ100万円を貯めているのかを知り、キマリは報瀬を応援しようとします。

 

しかし、応援するなら一緒に南極に行くことを提案する報瀬。

 

その瞬間にかかったBGM「ハルカトオク」は名曲。

1話の最後には南極観測船を二人で見に行き、これから壮大なストーリーが始まることを匂わせて第1話が終わりました。

 

 

「宇宙よりも遠い場所」第2話 歌舞伎町フリーマントル

第2話は報瀬と一緒に南極に行くと決めたキマリですが・・・

本当に行けるのかどうか・・・

という事に焦点が当てられた話でした。

 

授業中に南極に行けるのかどうかを調べているキマリが先生に当てられ、

 

はうあっ!!!

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

という印象的なシーンが登場した回でもありました。

 

あとは何と言っても第2話は日向が加入。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

2話で始めて絡んだとは思えないほど、一気にキマリと報瀬との距離が縮まっていましたね。

 

第2話の後半には3人で新宿に行き、南極観測隊を色仕掛けで誘惑し、船に乗せてもらう作戦を敢行します。

しかし、予想通り過ぎる失敗の結末。

報瀬と顔なじみの南極観測隊に見つかり新宿を逃げ回りました。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

南極観測隊のお姉様に捕まった3人はお説教を喰らい、南極行きがさらに遠くへ・・・。

それでも群馬への帰り道では報瀬をリーダーから解任し、前に進もうとする3人の姿がコミカルに描かれていましたね。

特に報瀬の「あと一息だったもう少しでこのお金受け取りそうだったあと少しで絶対に上手くいった・・・」という呪文のような独り言に日向が引いている図は笑ってしまいました。笑

 

 

「宇宙よりも遠い場所」第3話 フォローバックが止まらない

第2話の最後の方で見切れていた結月が、第3話の冒頭から登場。

3人に会いに来るシーンが描かれていました。

 

3人もちょうどネットの記事で結月を発見。

女子校生が南極に行くという事実を知り同行させてもらえる方向の作戦会議が始まりますが・・・ココでも報瀬先生の他人任せっぷりがいかんなく発揮されていました。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

ドン引きの2人・・・。笑

 

そこへ結月がやってきて代わりに南極へ行ってくれないか提案してきます。

南極行きが一気に濃厚となり、有頂天になった報瀬先生のウザさが際立っていました。笑

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

ドン引きの2人・・・。笑

 

しかし、結月のマネージャーを務める母親も訪問してきて南極行きはおじゃんに。

結月ママは南極行きをごねる娘に手を焼き・・・3人に「結月の南極行き」を説得してくれたら南極への同行を考える旨を報瀬に伝えます。

 

こうして結月と3人の間に関わらなければいけない理由が出来ました。

3人は結月に接触を試み、南極行きを説得しようとしますが・・・結局平行線のまま結月の群馬滞在期間が終了してしまいます。

 

結月が仕事で東京へ出発をする朝。

結月は高校のクラスメイトと作ったLINEグループに自分しか残っていないことに気がつきます・・・。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

芸能の仕事のせいで子供の頃から友達がいなかった結月。

高校で同じクラスになった同級生に「友達になってくれませんか?」と声をかけて、半ば強引に友達を作った結月。

友達の作り方も知らないのですから仕方がありません・・・。

 

しかし、仕事の都合で全然遊ぶことが出来ない結月に呆れて同級生はLINEグループから抜けてしまったんですね。

 

そこへ訪ねてくる3人。

結月が東京へ向かう新幹線に同乗し、「南極・北極科学館」へ行こうとしていたようですが・・・このタイミングで来られると誰でも泣いちゃいますよね。

案の定、結月も号泣し・・・「4人一緒じゃなきゃ南極へ行かない」と母親に宣言します。

 

こうして、報瀬一人から始まった絶対不可能だと言われ続けた「南極行き」が実現に向かいました。

 

 

「宇宙よりも遠い場所」第4話 四匹のイモムシ

キマリと報瀬が通う高校では相変わらずバカにされている様子が見られますが・・・

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

第4話は冒頭から南極行きが決定しています。

 

決まっているのに親にまだ打ち明けていないキマリ・・・。

キマリの母親と言えば、第1話で濡れタオルによって娘を起こすという荒技を繰り出していたキャラの強い母親。

キマリはキマリなりの駆け引きをしながら母親に南極行きを打ち明けようとします。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

しかしあえなくノックアウト。

既に南極行きを知っていた母親が一枚上手の攻防をし、結果的にテストで1つでも赤点があれば南極行きを断念せざるを得ない状況に持ち込まれます。笑

このあたりは玉木家の様子が見れて良いシーン。

 

さて、南極行きが決定し、実際に南極へ行っても困らないように「南極観測隊」によって短期の合宿が組まれます。

その合宿が第4話の主軸。

 

  • 周囲が雪で覆われ、現在地が分からなくなってしまう南極で正確に目的地に辿り着くための訓練
  • テントで就寝する訓練
  • 定時連絡の訓練

などなど少々ぬるめに見える訓練が施されます。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

ここで登場した名言が2つ。

1つ目は南極観測隊の吟体長から伝えられた「南極のABC」。

「(A)当たり前の事を、(B)ぼけっとしないで、(C)ちゃんとしろ」

胸に刺さります。笑

 

2つ目は結月が発言した

「うるかにしてください」

「うるさい」では先輩に言うには失礼、そこで途中で「静かにして下さい」へ移行した結果生まれた名言です。

 

第4話は訓練の地で4人で朝日を見るシーンで締めくくられました。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

 

「宇宙よりも遠い場所」第5話 Dear my friend

第5話は神回。

詳しくはコチラの記事を見て下さい。


第5話は南極へ出発する前日。

その1日・・・そして出発をする直前だけに焦点を当てて描かれています。

かなり凝縮したシーンが多いですね。

 

冒頭ではキマリと報瀬を送り出す「高校の壮行会」が行なわれており、「南極へ行ってきます」と宣言をした2人が陰で拳を付き合わせるシーンが印象的。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

してやったり・・・的な感じなんでしょうね。

報瀬は地味にカッコいい。

 

そこからはキマリとめぐっちゃんを中心に物語が進行します。

南極へ行くキマリ。

群馬に残るめぐっちゃん。

 

それを対照的に描き・・・んーこれは短い言葉では表現しきれませんので是非先ほどのリンクを飛んで下さい。笑

第5話については批判的な意見もありますが、僕は個人的に「宇宙よりも遠い場所」らしく重いテーマを描いたな・・・と言う感想です。

 

第5話以降ちらっとした出てこないめぐっちゃん。

しかし、キマリを見る度にメぐっちゃんの姿が浮かんできます。

金元寿子さんが声優を勤めているだけあって、登場シーンは少ないながらも存在感が大きいキャラクター。

 

めぐっちゃんが主人公の話も出来ちゃいそうなくらい。笑

 

 

「宇宙よりも遠い場所」第6話 ようこそドリアンショーへ

第6話はシンガポール行きの飛行機に乗るところから始まります。

シンガポールを経由し、オーストラリアから出航する砕氷船に乗り込むための移動の話・・・なのですが、ただの移動の話ではありません。

日向が闇を露呈した回となりました。

 

 

シンガポールに到着し、部屋に入るやいなや「キマリの隣で寝る人じゃんけん」を始めるシーンは、スゴく4人っぽくて微笑ましいシーン。

 

©YORIMOI PARTNERS
アニメ「宇宙よりも遠い場所」より引用

 

こうして日向と報瀬は同じ部屋で寝ることになるわけですが・・・日向は4人の中で最もしっかり者のはずが、パスポートをなくしてしまいます。

規律に厳しい南極観測隊は、パスポートをなくしてしまった事実を伝えたら南極船へ同乗させない判断を下すかも・・・と心配した報瀬は何とか飛行機の便を変えずに行けないかを思案。

 

日本国大使館へ行けばパスポートを再発行してもらえる事が判明しますが、運悪く営業していない日程に当たり・・・結局便を変えざるを得なくなります。

しかも、1ヶ月先まで予約が一杯で変更した便では砕氷船には乗れない・・・。

 

学生時代の苦い思い出から気を遣われたくない日向は、とりあえず3人でオーストラリアに向かうように言うのですが・・・報瀬はその日向の態度が気に入りません。

「気を遣われたくない日向」と「ぶつかり合おうとしない事が気に入らない報瀬」。

 

最悪の状況の中、報瀬はあの100万円によってビジネスクラスを購入し、砕氷船の出航日に間に合う便に乗れるように手配。

・・・とストーリーの概要だけを説明すると希薄ですが、めちゃくちゃ感動する回。

詳しくはコチラの記事をご覧下さい。

 

ぶつかり合う日向と報瀬。

しかし、ぶつかり合いながらお互いを理解し、日向はそれによって自分を囲っていた壁を少しずつ壊していきます。

この2人の関係生が・・・良いんですよね・・・。

 

第7話以降…執筆中…

 

 

 

 

さて、長くなりましたがこれがアニメ「宇宙よりも遠い場所」。

最終回は第13話です。

 

「ノーゲームノーライフ」制作陣はどんなラストを我々に見せてくれるのか。

めぐっちゃんとキマリの再会まで描かれるのか。

4人は日本へ帰ったあとどんな毎日を送るのか。

 

本当に楽しみでなりませんね。

 
スポンサーリンク