「家族」。

それは誰もが持っている(または持っていた)、身近なモノ。

最小単位の社会とも言われる家族。

血が繋がっていたり、いなかったり。

その中には、家族だからこその幸せも、時には不和や、すれ違いもあるでしょう。

今回はそんな家族関係が登場する作品を、ご紹介させて頂きます。

 

 
スポンサーリンク
 

 

サザエさん

家族モノと言えば外せない、国民的アニメです。

「サザエでございまーす!」

「ジャン、ケン、ポン!」

など、日曜夜の象徴であり、お馴染みのフレーズを多数生み出した番組でもあります。

 

本作は長谷川町子先生の、同名漫画が原作。

原作のシリーズ開始が戦前だけあり、主人公の磯野一家は、現代ではもう珍しい、三世帯同居の大家族です。

ちなみにテレビアニメも、もう50年近く放映しているのだとか……凄い!

 

磯野家について、簡単にご説明します。

まず、家長の磯野波平と、その妻のフネ夫婦。

 


長谷川町子/朝日新聞社・TCJ動画センター→エイケン
アニメ「サザエさん」より引用

 

そして夫婦の長女であるフグ田サザエと、夫のマスオ夫婦。

 


長谷川町子/朝日新聞社・TCJ動画センター→エイケン
アニメ「サザエさん」より引用

 

二人の間に生まれた息子のタラオ。

 


長谷川町子/朝日新聞社・TCJ動画センター→エイケン
アニメ「サザエさん」より引用

 

サザエの弟のカツオと、妹のワカメ。

 


長谷川町子/朝日新聞社・TCJ動画センター→エイケン
アニメ「サザエさん」より引用

 

実に7人の大家族です。

ちなみに、タマと言う名の飼い猫までいます。

 

核家族が多い現代において、磯野家はある種の「古き良き、日本の家族」の象徴かもしれません。

一戸建ての家があり、しかも懐かしの縁側までついている。

 

イタズラすると降ってくる、怖いお父さんの「馬鹿もん!」という叱責。

ただし波平さんはどこか抜けていて愛嬌があり、雷親父というには可愛いらしい気がしますが………。

和服のお父さんに、割烹着にまとめ髪のお母さん。

 

主人公のサザエさんは24歳とのことですが、既に既婚者で子持ちというのも、今の感覚だとやや早いように思われます。(もちろん、色々な方がいるのは承知の上で)

またサザエさんが、どこか懐かしいパーマネントヘアであり、格子柄の巻きスカートといい「昭和の若奥さん」風なのも、ややレトロな印象。

 

マスオさんは現代にいても違和感がありませんが、坊主頭のカツオに、おかっぱヘアのワカメ、刈り上げのタラちゃんなど、「これは……一体、いつの時代なんだ……?」と、ふと疑問が浮かんできます。

酒屋さんの御用聞き(ご家庭を訪問し、注文を承る)サブちゃんというキャラクターもいますが、少なくとも私はサザエさん以外で、本物の御用聞きとお会いしたことがありません。

昔は珍しくない存在だったのでしょうが……。

 

そういえば近年、サザエさんの番組スポンサーが、長年続いた東芝から代わると話題になりました。

通販大手のAmazonがスポンサー候補になり、「その場合、作中で通販が普及して、サブちゃんが失業してしまうのでは?と視聴者が心配したのは記憶に新しいです。

もしくは、サブちゃんが通販の運送ドライバーに転職するのでは?という意見も。

そんなことを考えるほど、私達視聴者にとって、サザエさんのキャラクターは身近な存在なのでしょうね。

 

しかし、時代が変わっても変わらない、暖かい家族の姿がサザエさんの中には描かれています。

年が離れていても、仲が良い兄弟姉妹。

 

母と娘が台所で並んで料理をし、舅と婿が晩酌を酌み交わす。

子供は原っぱで野球をし、猫が縁側で、のんびりお昼寝。

夜は家族でちゃぶ台を囲んで、一緒に夕飯を食べる。

 

住宅事情でペットを飼えなかったり、野球をする場所がなかったり。

両親が共働きで、なかなか一緒に食事を摂れなかったり。

現実にはなかなか実現出来ない、小さな願いを代わりに叶えてくれる。

サザエさんには、そんな一面もあるのかもしれませんね。

 

「現代の家庭事情と違い過ぎる」

「古き良き価値観の、押し付けになる」

時にサザエさんへの、そんな批判意見も目にしますが……出来ればこのままずっと、変わらずにいて欲しいものです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

銀魂

そしてサザエさんと異なり、「血が繋がらない家族」として挙げたい作品……多数ある中で、私は銀魂を推します。

テレビアニメも原作漫画も、長年続いている本作。

現在、原作がいよいよ佳境に入っていますが……。

 

「銀魂」の核になる三人、銀さんこと銀時と、新八、神楽。

 


©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
アニメ「銀魂」より引用

 

そして飼い犬(厳密には犬じゃないけど)の定春。

この三人と一匹は、血が繋がっている訳でもなく、生まれ育った環境もまるで異なります。

 

でも「万事屋銀ちゃん」に集い、ともに過ごすうちに、掛けがえのない関係になりました……。

遠慮のないやり取りや、思いっきり素の自分を出している感じ。

彼らの間にある空気は「仲間」や「友人」というより、やっぱり「家族」に近いと私は感じるのです。

 

本作の主人公・銀さんは「万事屋銀ちゃん」を営む侍です。

天人(あまんと)に戦で負け、征服され、侍が廃れる一方のお江戸の街で、自分の生き方を貫く銀さん。

普段はいい加減だし、ろくに働かないし、かなりのダメ人間なのですが……

決して許せないモノの前では、絶対に退かず諦めない、不屈の侍になります。

 

実は彼は、かつての戦で「白夜叉」と恐れられた歴戦の戦士。

しかし恩師を守れず、戦に負け、共に戦った仲間たちも散り散りに……。

かぶき町で漂うように暮らしていました。

 

そんな彼の許に集ったのは、迷える子供と犬たち。

未熟な侍の少年・新八。

 


©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
アニメ「銀魂」より引用

 

「夜兎」と呼ばれる宇宙人で、密入国で地球にやって来た少女・神楽。

 


©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
アニメ「銀魂」より引用

 

そして一見巨大な犬で、実は恐るべし秘密を持つ定春。

 


©空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
アニメ「銀魂」より引用

 

彼らはいい加減なようでいて、優しく芯の通った銀さんに惹かれ、共に万事屋の仲間になります。

ロクに給料も払わず、昼間から飲んだくれてパチンコ三昧の、ダメ雇い主。

でも彼らは知っています、銀さんはどんな時も決して仲間を見捨てない男だと。

万事屋のメンバーは敵味方、たくさんの人々と出会い、それらを時に助け、時に戦い、困っている人の力になってきました。

 

息子を奪われそうになっている、若い母親。

ある女性を助ける為、危険な夜の街「吉原」へ潜入しようとする少年。

職場にも家庭にも居場所のない、孤独な中年男。

息子の仇を討とうとする、機械職人の老いた父親。

 

スケールが大きい事件から小さい事件まで、文句を言いながら乗り越えていく面々。

時にメンバーの過去や、彼らの実の家族が絡んでくることもあります。

 

かつての仲間と道を違え、敵対した銀さん。

父母を亡くし、武士の誇りも分からず、生きる道に迷う新八。

母を亡くし、父と遠く離れ、道を外れた兄を持つ神楽。

道端に捨てられていたところを、神楽に拾われた定春。

 

全員、実の家族がいないか、失った者ばかりです。

そんな孤独な三人と一匹が集まり、いつの間にか新しい家族のようなモノになっていた……。

気が付けばメンバーの家族や友人、かつての敵など、どんどん新たなメンツが加わり、気づけば万事屋は大所帯に。

家主の老女・お登勢や、従業員のキャサリンも孤独な境遇ですが、大切な仲間の一人です。

 

下ネタ、メタ発言、ギリギリなパロディ……過激なツッコミや展開が多く、登場人物は誰一人として、お上品ではありません。

でも、そんなところが銀魂らしいのかな、と思ったりも。

 

乱雑で下品で、物騒で……でも賑やかで、なんだか暖かい。

彼らが住まう町「かぶき町」のような、そんな関係が魅力なのだと思います。

 

もはや名実ともに家族となった、万事屋。

原作はもうすぐ終了ですが……どんな結末を迎えるのか、また最後までアニメ化してくれるのか。

しっかり、終わりまで見届けたいと思います。

 

 

以上が家族をテーマにした心に染み入る作品2選。

今後も随時執筆していきますのでお楽しみに!

 
スポンサーリンク