イケメンは素晴らしいモノですが、中には「残念なイケメン」も存在します。

顔は良いのに、人格に問題がある。

はたまた、行動や生態(?)や嗜好に問題がある。

今回はそんな、問題アリなイケメン達をご紹介します。

視聴して、「カッコいいのに……」と、微妙な気持ちを味わってみて下さい。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメの残念なイケメンランキング

「残念なイケメン」・・・。

どんな場所にも必ずと言っていいほど存在しますよね。

 

今回はそんな「残念なイケメン」の中でもアニメ業界で活躍するキャラクターをご紹介します。



「よんでますよ、アザゼルさん」ベルゼブブ優一

残念イケメンと言えば、まずはこの方です!

 


©久保保久/講談社・芥辺探偵事務所Z
アニメ「よんでますよ、アザゼルさん」より引用

 

本名は「ベルゼブブ931世」(クサイの語呂合わせでしょうか)。

友人のアザゼルには「べーやん」と呼ばれています。

 

主人公のさくまさんが関わった悪魔の一人で、人間世界ではペンギンのような、可愛らしい鳥の姿をしています。

そして魔界での本来の姿は、金髪碧眼の王子様風美男子。

 


©久保保久/講談社・芥辺探偵事務所Z
アニメ「よんでますよ、アザゼルさん」より引用

 

巻き毛に王冠、燕尾服。

誇り高い言動と相まって、まさに王公貴族の風格です。

実際彼の家は、魔界のエリートなのだとか。

 

ハエの悪魔だけあり、手が昆虫に似て気持ち悪いのが、珠に傷ですが……。

彼は「暴露」の能力を持ち、相手が隠している下劣な本性を暴いたり、秘密を告白させることが出来ます。

能力を応用して、人や動物に強制的に脱糞させることも……。

 

しかし前述の通り、ベルゼブブはハエの悪魔。

すなわち、彼の好物は……いわゆる排泄物なのです!

登場したばかりの時、彼が電子レンジで温めようとした夕食はカレーかと思いきや、なんと犬のう〇こ!

 

さくまさんは慌てて

「やめて下さい!レンジ使えなくなっちゃうじゃないですか!」

と制止します。

 

ベルゼブブの嗜好は周りに理解されず、「スカトロ好き」と言われると怒りに我を忘れます。

 

普段はさくまさんの手作りカレーライスを好み、他にカレーパンやカレーまん等、とにかくカレーにも強い拘りを持っています。

カレーや糞尿など、好物が絡むと我を忘れて暴走することも……(この二つを同列に並べるのも、アレですが……)。

「いちごちゃん」のコスプレをしたさくまさんがカレーに練乳をかけた時は、激怒して彼女の顔に練乳カレーを叩きつけました。(その後、これも悪くないと食べていましたが)。

 

他にも彼が行方不明になり、さくまさんとアザゼルが、ベルゼブブを必死で探したことがありました。

もう敵の手に落ちているのでは。

既に殺されてしまったのでは。

夜の街を走り回り、悲嘆にくれるさくまさん達。

 

しかし、ベルゼブブがいなくなったのは、敵対する天使の仕業ではありませんでした。

さくまさん達は、ビルとビルの隙間で見つけたのです・・・。

犬の糞に我を忘れて興奮し、それを夢中で食べるベルゼブブの姿を……。

 

ドン引きの二人・・・。

 


©久保保久/講談社・芥辺探偵事務所Z
アニメ「よんでますよ、アザゼルさん」より引用

 

もちろんその様はテレビで放映出来ず、ベルゼブブの顔回りはモザイクだらけです。

全身モザイクだらけ(つまり糞尿だらけ)の姿で近付いてくるベルゼブブに、「こっちに来ないで!!」と悲鳴をあげる、さくまさんとアザゼル。

 

結局さくまさんによって全身を木っ端微塵に爆破され、モザイクだらけのベルゼブブは夜空に降り注ぐのでした……。

悪魔なので、次の回では普通に復活していましたが。

 

王子様的カッコよさを、嗜好が台無しにしている……。

ベルゼブブこそ、「残念なイケメン」の代表格です。

 

 

スポンサーリンク



 

 

「鬼灯の冷徹」白澤

「鬼灯の冷徹」からは、神獣・白澤さまを。

 

©江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」製作委員会
アニメ「鬼灯の冷徹」より引用

 

彼は主人公・鬼灯のライバルであり、地獄と対になる、天国の重鎮です。

ちなみに漢方薬のスペシャリストで、「極楽満月」という薬局で、薬剤師として活躍しています。

 

見た目は若い男性で、涼しげな目元のイケメンです。

割烹着風の白い上着に三角巾、顔を彩る赤い化粧に古銭のピアス。

中国風の独特な出で立ちであり、和風の鬼灯とは対象的です。

カラーリングも白と緑で、赤と黒の鬼灯と対になる存在。

 

しかしその実体は、吉祥を司る中国の神獣。

 

本当の姿は白い長毛の獣で、6本の角に9つの目を持っています。

古代皇帝と対話したこともある、スーパー神獣さまなのですが……どっこい彼は、筋金入りの女好き。

初登場時にも女の子に浮気がバレ、思い切り投げ飛ばされていました。

 

また普段は人の姿でいるのも、「獣の姿だと女の子と遊べないから」と言い切るほど。

自宅兼職場に様々な女性を連れ込み、酔い潰れては、弟子の桃タローくんに介抱され……。

 

火遊びの相手は伝説の女狐妲己や、魔界の大物の奥様など、大物もいます。

漢方を極めたのも、女の子と遊び過ぎて体が保たないから、精力増強の薬を作ろうとしたのがキッカケだとか。

 

他にも酒に弱いのに、懲りずに深酒したり。

実は私服のセンスが、壊滅的にダサかったり……。

 

185センチの長身に端正な顔立ちの二枚目ですが、長生きしているだけあって、私服は完全に「公園のおじいちゃん」スタイルです。

しかも、本人はセンスの悪さに気付いていないという……。

 

絵が壊滅的に下手で、白澤が描く猫「猫好好」(マオハオハオ)ちゃんは、完全に化け物。

 

©江口夏実・講談社/「鬼灯の冷徹」製作委員会
アニメ「鬼灯の冷徹」より引用

 

それを神獣パワーで大量に実体化し、阿鼻叫喚の地獄絵図を作り出しました。

 

カッコいいのに、色々と残念。

ライバルの鬼灯にも、やり込められることが多いです。

でも、どこか憎めない。

白澤さまも立派な「残念なイケメン」と認定します。

 


 

以上がアニメ界の残念すぎるイケメン達。

コイツも残念なイケメンだ!というキャラクターがいれば是非コメントを残していってください!

 
スポンサーリンク