2018年1月クールから始まったアニメ作品「からかい上手の高木さん」。

非常に高い評価を得ると共に、大人が見ると何だか青春時代の淡い恋心、純粋な気持ちを呼び起こさせてくれるため・・・大人も子供も楽しめるアニメ作品になっています。

ただ「からかう」だけのアニメ・・・という評価もありますが、個人的には非常に楽しんで視聴しています。

そんな「からかい上手の高木さん」のあらすじや感想をご紹介します。

 

 
スポンサーリンク
 

 

アニメ「からかい上手の高木さん」のあらすじ

 

TVアニメ『からかい上手の高木さん』PV第1弾

山本崇一朗/小学館・からかい上手の高木さん製作委員会
アニメ「からかい上手の高木さん」より引用

 

「からかい上手の高木さん」は、作者山本崇一朗氏による少年漫画「ゲッサン」にて連載中のアニメ作品。

2018年1月から「あにめのめ」にて放送中の番組です。

 

そもそも、私がこの作品と出会ったのは、甥っ子がコミックを持っていて、「面白いから読んでみて」と勧められ、読み始めたのが始まりでした。

少年向けのアニメだから、すぐに飽きてしまうだろうなぁ、つまらないんだろうなぁ、などと最初は思いながら読んでいましたが、いつの間にかハマっている自分がいました。

 

主人公は、鈍くさくて女の子に奥手の中学1年生の西片くん。

席が隣同士のかわいい高木さんにいつもからかわれています。

そんな高木さんに仕返しをしようとするのですが、いつも一枚上手の高木さんに軽くかわされてしまいます。

そんな甘酸っぱい2人のやり取りを描くラブコメディ作品。

 

 

アニメ「からかい上手の高木さん」の感想

この作品を見ていると、いつも自分が中学生だった頃のことが蘇ってきます。

中学生の頃は、男子よりも女子の方が、精神的に大人で、男子は子供っぽく、とてもピュアでかわいらしく思えたものでした。

高木さんは、そんな純粋で奥手な西片くんがかわいくて、ついいたずらっぽくからかって、そのからかいに対する正直な反応が、又かわいくてかわいくてたまらないのでしょう。

 

雨の中2人で相合傘で帰宅するような甘酸っぱいシーンも出てきたりして、当時の中学性時代の純粋で甘酸っぱい記憶が蘇って、切なくなりました。

時に思わせぶりな言動を取ったりなど、たくさんの大人っぽい小悪魔な一面が出てきたりしますが・・・

その気持ちをストレートには表さないもしくは表したくても表せない高木さんも、やはり中学生らしく微笑ましく感じてしまいました。

 

又、その男心をくすぐる言動にたじろいでしまう西片くんも、やはり中学生らしく、2人のピュアな恋愛ごっこが、とても胸に響きました。

漫才のような2人のやり取りや甘酸っぱいシーンは、笑いあり涙ありで、見ていて全く飽きることなく楽しめます。

 

私自身も、人をからかうことは好きな方なので、いつも高木さんの気持ちがよく分かるなぁと思いながら見ています。

からかわれて、予想通りの反応が返ってくると、とても楽しいものなんですよね。

又、からかわれることも好きなので、西片くんの気持ちも同時に分かります。

 

くそーっと悔しい気持ちが沸き起こるのと同時に、相手が愛情を持っていなければからかってなどくれませんから、嬉しさも感じるものです。

多分、2人のからかい、からかわれ、のこのやり取りは、双方にとって、心地よいやり取りになっているのでしょうね。

いつも見事にやられてしまう西片くんが成長して、いつか高木さんをやり返して、あの高木さんをたじろがせてしまう場面が出て来ることを楽しみにしています。

 

 

スポンサーリンク



 

 

この作品を見ていると、改めて最初は透明できれいだった自分の心がいかに年月と共に汚れていってしまったのだろう、と思い知らされます。

中学生の頃は、心が純粋できれいだった分、見るもの、聞くもの、経験していくことの全てが新鮮だったように思います。

 


山本崇一朗/小学館・からかい上手の高木さん製作委員会
アニメ「からかい上手の高木さん」より引用

 

恋愛においても、大人になると、駆け引きのようなやり取りを繰り返しながら、恋愛に発展し、交際に至った後も、やはり駆け引きを繰り返して、お互いの愛情を確かめながら、恋愛していくようになっていきますが、

中学生頃の恋愛は、駆け引きなど無しで、ただ気持ちに純粋に、恋愛感情を楽しむことができていたように思います。

西片くんと高木さんのラブストーリーでのやり取りは、正に駆け引きなど無く、ただ純粋に自分の気持ちに従って突進していっており・・・

そういった、汚れの無い2人のピュアなやり取りが、見る者の心を惹きつけているのでしょう。

 

 

又見る側も、何か当時の自分に戻ったような感覚を与えられ、いつの間にかその頃のような純粋な気持ちで、ドキドキワクワクしながらアニメを見ることができているのではないでしょうか。

少なくとも私自身は、毎回中学生に戻ったような新鮮な気持ちでこのアニメを見ています。

 

そして、見終わった後には腹の底から笑った爽快感と、2人のかわいらしいやり取りに何かほっこりとした気持ちにさせられています。

 

更には、人間関係はもとより、仕事や育児、車の運転など、様々な場面において、初心忘るべからずで、一旦クリアな状態に戻して、新たな気持ちで、真剣に取り組むべきだな、といったことも考えさせられます。

 

「からかい上手の高木さん」を見ることは、私の大切な気分転換、ストレス発散源のひとつであり、又、生活指針を見直す良い機会となっています。

私の生活の一部として、なくてはならないアニメ。

いまや、甥っ子よりも、私の方が大いにハマっているのではないかと思っています。

これからも、かわいい西片くんと高木さんの微笑ましいやり取りに、大いに笑ったり、泣いたり、キュンとさせられたりすることを、楽しみにしています。

 
スポンサーリンク