ここ最近「止まるんじゃねぇぞ……」がネタとして非常に人気となっており、そのため良くも悪くも知名度がさらに上がっているアニメ、鉄血のオルフェンズ二期。

駄作アニメのような烙印を基本的に押されてはいますが、実際その内容はどうだったのでしょうか。

ここでは、鉄血のオルフェンズの良かった部分をいくつか挙げそれらについて見て行きたいと思います。

 

 
スポンサーリンク
 

 

鉄血のオルフェンズ2期の魅力


©創通・サンライズ・MBS
アニメ「鉄血のオルフェンズ」より引用

 

戦闘が多い

鉄血のオルフェンズ一期は、正直なところかなり戦闘が少なかったのでロボ好きは私を含め不満たらたらでした。

しかし二期ではその問題が解消され、戦闘シーンをたっぷり楽しめるようになっています。

特に二期始まってすぐの夜明けの地平線団との戦いは、一話丸々が戦闘シーンとなっていて補給や整備などの裏方の描写もありこれが見たかったんだと大満足させられる出来でした。

 

他にもランドマンロディの活躍やハシュマルとの死闘、宇宙空間でのギャラルホルンとの全面戦闘、バエル無双、最後の火星上でのグレイズシルトとの戦いなど、ずっと名戦闘シーンが続き、何話から何話までは面白くないから飛ばすか流し見でいい、というような部分は全くありません。

最近はコスト削減のために少ないアニメーターでも比較的ロボを動かすことができるCGロボアニメが主流になっています。

そんなが時代に手書きでここまでの戦闘を見ることできたこと自体、感謝の言葉しかありません。

 

 

主人公サイドに不快なキャラがいない

二期となると、一期では仲の良かった部隊の中でも色々な人が新たに入って内ゲバが始まってしまう、というのが一つのテンプレとしてあります。

鉄血のオルフェンズも、それを匂わせてスタートしました。

 

しかし話が進むと、そうはなりませんでした。

その中心となるかもと心配された新キャラ、ハッシュが気が付けば三日月の忠犬ポジションに収まっていたからです。

昭和のアニメとは異なり、今のアニメではそこまでギスギスした様子を見たいというような視聴者も減っているように思います。

この変更は嬉しい限りです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

非常にハラハラさせられる緊張感あるストーリー

主人公である三日月は最強クラスでも、他の色々な面が子供ばかりの集団ということで常に色々な面が足りていません。

それによって三日月のいない場所では苦しい戦いが続くという非常に分かりやすい構造の下醸し出される緊張感と、他の団員では決して倒さなかったものを簡単にバルバトスが一蹴した時のカタルシス。

これが上手く噛み合っていて、良いストーリー構成だなと思わされます。

キャラが死ぬタイミングなども、かなり考えられて悲しくなるようなタイミングで挿入されておりかなり心に来るものとなっています。

 

 

ついに大張節が炸裂

ロボアニメの雄としてその独特のロボアレンジで長年話題を集めてきた大張正己さんの、一期は比較的おとなしかった大張節がついに炸裂。

ガンダムバエルやヴィダールなど、元のデザインを残しながらいわゆるバリバリとした、非常にイケメンな姿とパースの一枚絵はまさに圧巻です。

他のシーンとは全く違う見た目になっているというのも事実なのですがこれこそ手書きロボアニメの味、その違いも楽しみましょう。

 

 

終わり方も悪くない

子供が必死に抗うけれど、大人や巨大な組織には逆らえないというような一貫したテーマがあり、クソアニメにありがちの気づいたらテーマが全く違うものになっていた、というようなことはありません。

オルガが撃たれ「止まるんじゃねぇぞ」という例のシーンも、ヒットマンなどあくまで自分には関係の無いこととその危険性を考えていなかったという、いかにも保身など考えない子供らしい無防備さをうまく表せていて中々良いと個人的には思っていたりします。

 

そして最後、IDを書き換えることにより多くの鉄華団団員は追跡を逃れますが、尊い二人のパイロットを失うこととなります。

この全滅ともハッピーとも違うビターなエンドは、現実はそう単純明快な終わり方はしないというような面をちゃんと反映していて良いものです。

仲間を逃がすための二人の戦闘は鬼気迫るものがあり、最終話にしてこれまた凄まじい戦闘シーンも観ることができます。

 

普通ロボアニメの最終話ともなると作画が力尽きロボは出てこないかあくまで動かずに終わるのが一般的で、これもすごいことです。

そしてエピローグ、多くの団員は新しい暮らしに適応し平和に暮らしていますが、しかし中には過去のことが忘れられず、テロ行為に走る者もある、こういった物悲しさも映し出し、終わりとなります。

流石に泣いてしまうようなことは無かったとしても、思わずほろっとしたり、考えさせられてしまういました。

 

 

ともあれこの鉄血のオルフェンズ二期、上で述べてきた通り見所は多くストーリーも良くて正直悪くは決してないものです。

ネタとして使う前のお布施として、一度ぐらいは一通り見ても決して損のないアニメだと思います。

 
スポンサーリンク