いつの時代も男女問わずに心の中にあり続ける週間少年マンガと言えば、やはり「週間少年ジャンプ」。

常にヒット作品を生み出し続ける姿は、正に少年マンガの王様と言える存在でしょう。

この記事では、30台前半の筆者のあくまでも、独断と偏見で選んだジャンプ原作のアニメを5つ紹介させて頂きます。

特に同年代の方は、頷いてもらえる作品も多いのではないかと思います。懐かしいな・・・と思ったら、是非休日などを利用して作品をご覧になってみて下さいね。

 

 
スポンサーリンク
 

 

「週間少年ジャンプ」原作のアニメ

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-


©和月伸宏/集英社・フジテレビ・アニプレックス
アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」より引用

 

筆者もよく、小学生時代、傘なんかを使って、「牙突」や「天翔龍閃」などを練習したものですが・・・。幕末の動乱を経て、平和になった明治の世で「不殺」の誓いの元「逆刃刀」を振るう「緋村剣心」を主人公とした作品です。

「緋村剣心」が魅力的なキャラクターであることは言うまでもないのですが、かつて幕末で幾度となく剣を交えた、元・新撰組三番隊組長「斎藤一」、京都編のラスボス「志々雄真実」など、他に登場するキャラクターも本当に魅力的。

 

全てのキャラクターを語ると、果てしない文字数になってしまうほど、魅了的なキャラクターが多く登場します。

アニメではアニメオリジナル回も非常に多く、「天草編」では、「緋村剣心」以外にもう一人の「飛天御剣流」の使い手が登場し、剣を交えるなど、アニメオリジナル回も魅力的な回が多いのです。

原作しか読んでいない方は、是非アニメオリジナル回もチェックしてみて下さいね。

 

 

ONE PIECE(ワンピース)


尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ONE PIECE」より引用

現在も連載中、そしてアニメも絶賛放送中の長寿アニメですよね。

老若男女問わず人気で、「ワンピース」を知らない、観たことが一度もないという人はほとんどいないのではないかと思います。

多くのエピソードから成り、それぞれのエピソードもそれなりに膨大な話数のため、一気にまとめて観ようという方であれば、エピソードごとに視聴すると良いかもしれません。

 

個人的に好きなエピソードは、古いですが「アラバスタ編」。

個人的に痺れたのは、「ビビ」と「ルフィ」のやり取りの中で、「おれ達の命くらい一緒に賭けてみろ!!!仲間だろうが!!!!」と言うシーン。

 


尾田栄一郎/集英社
漫画「ONE PIECE」より引用

 

一人で騒乱を何とかしようとする「ビビ」ですが、一人の力でどうにかなるはずもなく・・・それに対する「ルフィ」の発言には本当に鳥肌が立ちました。

「ワンピース」を観ていると、仲間というのは本当に良いものだな、と感じてしまいますね。

 

 

スポンサーリンク



 

 

ドラゴンボール


鳥山明/集英社・東映動画・フジテレビ、東映
アニメ「ドラゴンボール」より引用

国民的バトル漫画・アニメと言えば、真っ先に名前が上がるのが「ドラゴンボール」ではないでしょうか。

原作終了後かなりの期間が経っていますが、つい最近までもアニメ「ドラゴンボール超」が放送されており、今年の12月にも完全新作の映画の公開が予定されています。

 

「ドラゴンボール超」では、身勝手の極意を極めた「悟空」と「ジレン」の戦いが凄まじいクオリティの作画で描かれていましたが、劇場版でのハイクオリティ作画にも本当に期待してしまいますよね。

映画のテーマとしては「宇宙最強の戦闘民族サイヤ人」をテーマにサイヤ人の強さの秘密や「ヤモシ」と呼ばれる伝説の超サイヤ人に焦点を当てたストーリーになるようですが・・・。映画の公開が今から本当に楽しみですね。

 

 

BLEACH


久保帯人/集英社・テレビ東京、電通、studioぴえろ
アニメ「BLEACH」より引用

7月に実写映画の公開も予定されている「BLEACH」。

アニメでも原作を生かしたセンス溢れる演出やお洒落な演出が多数見られ、アニメの人気も非常に高かった作品です。

残念ながら原作の最終話までのストーリーはアニメでは放送されず、「死神代行消失篇」までがアニメ化されています。

 

後半にかけてやや駆け足でストーリーが完結していったため、回収されなかった伏線も多いものの、原作終了から数年が経過しているにも関わらず、現在でもファンによる熱い議論が展開される作品であり、その人気を示しています。

斬魄刀の「始解」や「始解」を上回る斬魄刀の解放状態である「卍解」など、非常にかっこいい戦闘演出も多く、多くのファンの心を鷲掴みにして離さない作品の一つです。

実写映画も非常に楽しみですね。

 

 

DEATH NOTE


©大場つぐみ・小畑健/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ
アニメ「DEATH NOTE」より引用

名前を書いた人間を殺すことの出来るノートを手に入れた、主人公「夜神月」を中心に描かれた、サスペンスミステリーアニメで、原作も高い人気を誇った作品。

原作漫画も非常に面白かったのですが、アニメならではの緊迫感溢れる演出と、原作を忠実に再現した演出が光り、非常に人気の高いアニメ作品でした。

 

当初は正義感から、デスノートを駆使した殺人を行っていた「夜神月」でしたが、徐々に狂気に走り、狂っていく様は、アニメでも息を飲むほどの迫力でした。

実写映画のクオリティも高く、原作、実写映画、アニメ含めて、名作と呼ぶにふさわしい作品。

 


 

週刊少年ジャンプ原作アニメまとめ

以上、男心をくすぐる名作!?「週間少年ジャンプ」原作のアニメ5選を紹介させて頂きましたが、如何でしたか?

ここで紹介した作品はどれも名作ばかりで、多くの人が一度は見たことがある作品だと思います。

 

しかし、名作と言うものは何度見返しても素晴らしいもので、休日などを利用してまとめ見すると、非常に充実した休日を過ごすことが出来ます。

是非、それぞれの作品を再チェックしてみて下さいね。

 
スポンサーリンク